TOEICで高得点を狙うためには、何度も受験することで、

経験を積み、試験の形式や雰囲気に慣れる必要がありますよね。

それにはもちろん受験料がかかります。

1年に何度も受けるとなると、それなりに出費がかさみますよね。

何とか安く受ける方法は無いのでしょうか?

この記事ではリピート受験者必見の節約術を紹介していきます。

 

 

TOEIC受験料は他の英語試験と比べると安い?

TOEICの受験料の価格設定は果たして適切なのでしょうか?

相場と比べるとどうでしょう?

現在日本で受験できる英語の検定試験の受験料を

以下の通りいくつか挙げてみます。(2018年4月時点)

 

TOEIC 5,725円 (税込)

 

英検

1級8,400円

準1級6,900円

2級5,800円

準2級5,200円

3級3,800円

 

TOEFL iBT $235 (約25,300円)

 

TOEFLペーパー版テスト$180  (約19,300円)

 

IELTS 25,380円

 

こうして見ると、TOEICの受験料は他に比べて安いと言えますよね。

TOEFL iBTや英検の1級―2級は難易度も高いですし、

金銭的にも精神的にも1回の受験にかかる負担がかなり高いと言えます。

TOEICのスコアは就活や転職などに約2年間もの間、

幅広く活用できることを考えると良心的な価格設定に思えます。

もちろん激安と言うわけではないですが、

これぐらいの値段であれば、

年に数回受験する予算を確保する事もできると思います。

より安くTOEICを受ける方法

TOEIC受験料は他の英語試験と比べ安いのは分かりましたが、

それでもやはりある程度の額の出費であることには変わりありません。

何とかして少しでも出費を減らしたいですよね。

通常よりお得にTOEICが受験できる方法がありますので、

いくつか紹介します。

楽天ポイントを使う

TOEICのウェブサイトから申し込みをした場合でに使える方法です。

楽天ペイを使い、オンライン決済をすることができるサービスです。

たまっている楽天ポイントで支払いをすることが出来ますので、

もし全額ポイントでまかなえたとしたら、無料で受験できるということですよね。

なんともお得なシステムですね!

リピート割を利用する

こちらも、インターネットでの申し込みに限定されますが、

一度受験した1年後に、割引価格の5,092円で受験することができる

というのがリピート割です。

一年毎に何度でも繰り返し利用できる割引ですので、

ぜひ利用してみましょう。

TOEIC IPテストを受験する

IPテストとは、Institutional Program=団体特別受験制度のことで、

団体受験することにより、受験料を易く抑えることが出来ます。

10名以上という条件を満たす必要がありますが、

受験料は一人当たり4,155円(税込)と安くなります。

仲間と声を掛け合って団体受験に毛根で見てはいかがでしょうか。

その他TOEIC受験節約術

その他にもTOEIC受験に際して特をする方法があります。

小さな事かもしれませんが、年に何回も受験するとなると、

その1回の小さな積み重ねが大きな金額の差になってきます。

TOEICの勉強と同じく、細かいこともコツコツと続けることが、

最終的には自分の利益になります。

 クレジットカードで支払

TOEICの申し込みをオンラインでした際、支払い方法が選べます。

ここではクレジットカードでの支払いを選びましょう。

お使いのカードのポイントがつきますので、お得になります。

特に楽天カードであれば、ポイントをためることで、

次回以降、楽天ポイントでの受験料支払いもできます。

カード会社にもよりますが、1回の支払いで付くポイントは数点です。

一気にポイントがたまる訳ではありませんが、

どうせ同じ金額を支払うならカード払いでポイントを稼ぎましょう。

証明写真はスマホで作成

TOEICの受験証に貼る写真。撮影が面倒だということに加えて、

一回500~800円の出費になります。

2回目以降の受験の際、前回から日が経っていると、

しまっておいた証明写真がどこに行ったか分からなくなり、

結局また500~800円支払って写真を撮るということになります。

また、だいぶ前の写真を使い回そうと思っても、

明らかに髪型が違いすぎる場合などは撮り直しが必要です。

でも写真にそんなにお金をかけたくないですよね?

そんなときはぜひスマホアプリを使ってみてください。

これなら30円で証明写真が作成できます。

まとめ

TOEICを受験するということはは就活や転職など、

自分の将来への重要な投資となるのは確かです。

だからと言ってTOEICに大金はかけられないですよね。

自分への投資はしたいけど、お値打ちさも重要という方、

これまでご紹介した方法でお得にTOEICを受験してみましょう。

受験料だけでなく、TOEICの教材選びでも節約する方法はあります。

スマホアプリやインターネット上の情報を上手く活用することで、

少ない金額で中身のある勉強をすることは十分可能です。

自分なりに工夫して、お得に勉強を続ける方法を見つけていきましょう。