TOEICと英検は日本で最も受験されている英語試験です。

2つとも名前はとてもよく聞きますよね。

しかし、実際にはどちらの試験を受験すべきなのでしょうか?

この記事では それぞれの特徴を分析していきます。

自分にあった試験を受験するヒントにしてみてはいかがでしょうか。

TOEICと英検の違い

TOEICと英検、どちらの試験においても

語彙力や基本的な文法が必要という部分は共通しますが、

この2つの試験には違いがいくつかあります。

TOEICと英検について、いくつかの視点から、

違いについて見ていきましょう。

テスト内容

TOEIC→

リスニング45分+リーディング75分=120分(2時間)

 

英検(2級の場合)→

一次試験:筆記試験85分+リスニング25分=110分(1時間50分)

二次試験:面接試験10分

 

TOEICはリーディングとリスニングだけなのに対して、

英検はリーディング、リスニング、ライティング、スピーキング

4項目全ての試験があります。

英検は3級以上になると、面接があり、

この面接がスピーキングの試験となります。

TOEICに比べると、4項目全てを勉強したり、

試験のために2回会場に足を運んだり、

大変な部分は多いかもしれません。

レベル設定

TOEICは990点までの点数方式であり、合格や不合格というのはありません。

一方、英検はというと、5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級

と7つのレベル別の級に分かれています。

TOEICの場合は、受験して点数を待つだけですが、

英検の場合、合格・不合格という明確な結果が出るだけに、

プレッシャーがかなり大きくなるように感じます。

逆に言うと、合格した際の達成感はTOEICで高得点が取れた

という場合よりも大きいのかもしれません。

料金

2018年4月時点のそれぞれの試験の費用です。

 

TOEIC→

5,725円 (税込)

 

英検→

1級  8,400円
準1級 6,900円
2級  5,800円
準2級 5,200円
3級  3,800円

 

英検は級が上がるにつれ受験料も上がっていきますが、

TOEICは一定料金のままです。

英検の場合、合格して次に受ける時はより高いお金を

支払う事になりますが、TOEICは何度受験しても

同一料金というところが魅力的に感じますね。

TOEICと英検のスコア比較

2つの異なる試験ですので、正確に比べるのは難しいですが、

英検の級とTOEICの点数の関係はおおむね以下の通りです。

1級  →955点

準1級 →713点

2級  →527点

準2級 →402点

3級  →377点

4級  →343点

5級  →346点

TOEICのスコアを見てみると、対応する英検の級が上がるにつれ、

次のレベルへのスコアの差が大きく開いています。

ということは、英検で次の級に進むのは難しいという事です。
TOEICのスコアで見てみると、2級から準1級に進むためには、

250点以上のスコアアップ必要が必要になってきます。

一気にこれだけの点数アップさせるのは大変です。

そう考えると、少しずつでも自分成長を

スコアという数字で見ることができるTOEICの方が、

コツコツとつづ安いかもしれません。

逆に、一気に英語力を上げて、その証を残したいという方は、

英検の飛び級などに挑戦するのも士気が上がって良いと思います。

どちらを受験すべきか?

TOEIC、英検の試験の違いは上記のとおりですが、

では、実際に自分はどちらの試験を受けるべきなのか?悩みどころですよね?

それぞれの試験の特徴や、試験結果の用途の特徴を掴むことで、

自分にあった試験がどちらなのか、知ることができると思います。

TOEICを受験すべき人

TOEICはビジネスシーンに強く、仕事上のコミュニケーション能力や、
書類を読み解く力を磨く事が出来るため、以下の人におすすめです。

・主にビジネスシーンで英語を使っていきたい人
・キャリアアップのために、英語力が必要な人
・海外赴任のチャンスを狙いたい人
・もしくは既に海外転勤が決まっており、準備をしたい人
・日本国内で就職、転職を考えており、英語力をアピールしたい人

英検を受験すべき人

英検は学校関係で良く使われています。

受験の際に大きな強みになるので、学生の方や、

これから入学、留学を考えている方におすすめです。

また、日本で一番と言っていいほど知られている

英語の試験は英検ですので、英語力を分かりやすく

アピールしたい方にもおすすめです。

 

・受験で自分の英語力を強みとして利用したい方

・カナダやアメリカ、特にオーストラリアへ

留学を考えている高校生

・履歴書で何か一つアピールできるものがほしい方

まとめ

TOEIC、英検、それぞれの良さがある中で、

自分が就職活動、転職活動、将来のステップアップに

一番うまく利用できるのはどちらの試験なのかということを

しっかりと考えることが必要です。そのためには、

試験の特徴をしっかりと捉たうえで、自分の目標を改めて確認し、

それにあった試験を受験することが大切です。

会社が採用していない試験のスコアをいくら上げても、

自己アピールとして利用することができません。

自分の英語力をいかに証明するのか、最善の方法は何か

じっくりと考えながら英語の勉強、試験勉強を進めることで、

より効率的に、そして確実に英語力を上げることができます。

自分の目標に合った試験のゴールをきっちりと定めて、

コツコツと努力を続けていきましょう。

そうすればきっとより上の級、スコアを手に入れることができるはずです。