TOEICはリスニングとリーディングを合計して200問の問題あります。

しかし満点のスコアは990点です。

普通に考えれば、5点×200問で1,000点満点が妥当な気がしますが、

なぜこのような数字になるのでしょうか。

それはTOEICが独自の採点方法で点数を決めているからです。

今回はそのスコア換算方法についてご説明していきます。

TOEICの配点

TOEICは大きく分けるとリーディングとリスニングの2セクションに分かれています。

各セクションの満点はそれぞれ495点となり、

計990点がTOEICの最高得点となるという仕組みです。

リスニングはパート1からパート3までで100問、

リーディングはパート4からパート7までで100問あり、

それぞれの正解数に応じてスコアが算出されます。

正解数がどのようにスコアに反映されるかは回によって異なり、

確立されたルールが公開されているわけではありませんが、

この後、ご参考としてご説明いたします。

 

スポンサードリンク




 

TOEICスコアの算出方法

この点数がどのように出されるかというと…

正式な算出方法は残念ながら公開されていませんが、

統計学などをもとに、回答者の正解率なども考慮して採点しているようです。

データをもとに、難しすぎて正解が著しく低かった問題や、

答えが2つ以上あって問題としてふさわしくなかったと判断された問題は

なかったことになり、採点の対象外となることもあります。

TOEICの公式サイトでも正答や一問の配点等も公開されませんので、

パートごとに点数を出す、という事はできませんが、

各パートの正解数からざっくりとしたスコアを予想することはできます。

※以下はあくまで参考です。

 

リスニングの場合

(正解数→目安のスコア)

95~100問→ 485~495点

85~ 90問→ 425~460点

75~ 80問→ 380~405点

65~ 70問→ 350~365点

55~ 60問→ 285~315点

 

リーディングの場合

95~100問→ 450~495点

85~ 90問→ 395~410点

75~ 80問→ 355~480点

65~ 70問→ 280~320.点

55~ 60問→ 210~245点

 

全問正解しなくても満点が取れる

上の正解数とスコアの関係を見ていただければ分かると思いますが、

全問正解していなくても、満点を取るチャンスはあるのです。

目安としては、リスニング94%以上、リーディング96%以上くらいの

正解率があれば、満点を狙うことが出来る範囲に入っているといえます。

完璧に答えなくても1問や2問ぐらい失敗できると考えると気が楽ですよね。

しかも、正解率が低すぎる問題はなかった事になるというラッキーなシステム、

そんなものがあると聞いたら、さらに高得点を狙える気がしてきますよね。

 

600, 700, 800点は何割正解でOK?

正答数とスコアの対比を見ると、目標点数によって、

それぞれ目指す正解数が見えてきます。

 

これはあくまで目安の数字ですが、

800点を目指す方は170問=85%

700点を目指す方は145問=73%

600点を目指す方は130問=65%

 

というように、以上の正解数が必要となってきます。

こうしてみると、目標点数と正解の割合は比例していますね。

自分の目指す点数に合わせて、何割正解する必要があるのが把握した上で、

日頃からその正解数に近づけるよう学習を進めていきましょう。

 

スポンサードリンク




 

リスニングとリーディングどっちが点を取りやすい?

基本的にリスニングのほうが、正解数に対応するスコアが高くなります。

たとえば同じ正解数95問でも、対応する目安のスコアは、

リスニング485点、リーディング450点とかなり差があります。

という事は、リスニングのほうが点数を取りやすいという事ですね。

リスニングのパート1からパート3でできる限り点数を稼ぐことが大切です。

ケアレスミスで大事な1問をおとさないよう、意識して解いていきましょう。

そして、逆に言うと、リーディングのほうが、難易度が高いという事です。

より正確性が求められるため、一問一問慎重ににとりかかる必要があります。

 

スポンサードリンク




 

ほかの試験との相関

英語の試験というのは、TOEIC以外にもいくつかあります。

それぞれ特徴や出題傾向が異なり、同じ英語学習でも、対策は異なりますが、

特に点数の面において、TOEICとの関係はどんなものなのかご説明します。

 

英検合格者

英検とTOEICは良く比べられますが、

実際問題形式や、出題の狙いは結構違います。

英検の級とTOEICの点数の関係はおおむね以下の通りです。

 

1級 →955点

準1級 →713点

2級 →527点、

準2級 →402点

 

特に上の級に行くにつれて、スコアの差が大きく開いていますね。

ということは、やはり、英検で次のレベルに進むのはかなり難しいという事です。

2級から準1級に進むためには、TOEICで言うと250点以上アップ必要です。

いきなり250点アップってすごくハードル高いですよね。

そう考えると、少しずつスコアアップを狙えるTOEICの方が、

モチベーションを保ちながら続けられるかもしれません。

 

センター試験

センター試験満点は合計250点(筆記200点+リスニング50点)です。

大学受験の英語ってすごく難しいイメージがありますよね。

しかし、TOEICを利用して受験で優位に立てるチャンスがあるかもしれません。

「高校在学中にTOEICなどで高得点を取った人は、

センター試験の英語の得点を満点とみなしてもらえる制度」

というものが検討されているそうです。

もしこの制度が採用されたら、TOEICの点数を大学受験に有利に使えて、

高校生にとっては、TOEICスコアを上げる大きな理由が増えますね。

大学入学後にも、その力を伸ばして就職活動などに使えるので、

TOEICを使ってセンターを乗り越えるのはとてもスマートな方法です。

ちなみに、センター試験の満点(250点)=TOEIC930~950点ぐらいです。

 

TOEFL

TOEFLといっても、何種類かありますので、今回は

TOEICの形式に一番近い、TOEFLのペーパー版のテスト、

TOEFL PBTとの点数比較をしたいと思います。

一般的に言われているのが、

 

TOEICスコア × 0.348 + 296 = TOEFL PBTスコア

 

ただし、TOEFL PBTの場合には、リスニングとリーディングに加え、

ライティングがありますので、これが大きな違いです。

問題形式こそ違いますが、TOEICとTOEFL PBTは同じETSという会社が

運営している試験ですので、傾向は似ていると思います。

ただし、TOEFLの最新スタイル、TOEFL IBTとなると話は違ってきます。

IBTはパソコンを使って、読む、書く、聞く、話す、全ての能力を測ります。

TOEICとは異なる勉強方法、対策が必要となりますので注意が必要です。

 

まとめ

ここまで、TOEICの配点やスコアの換算方法、

他の試験との比較などをご紹介してきました。

どんな資格試験にも共通することですが、合格・高得点を目指すには、

その試験の仕組みやねらい、得点アップのポイントを掴む事が大切です。

目標に到達するまでに、具体的にどのように対策すればいいか、

それが分からないまま、がむしゃらに勉強しても意味がありません。

TOEICの点数の仕組みはもちろんですが、問題の傾向などもばっちり把握し、

より高得点を目指していきましょう!

 

スポンサードリンク