スポンサードリンク




日本で一番良く知られている英語の試験、

TOEICに比べると、TOEFLはあまり耳に

ませんよね。

でも、あまり聞かない名前だからといって

本当に使い物にならない英語の資格なので

しょうか?

試験勉強で身につく英語力の実用性の方は

どうなのでしょう?

この記事では、TOEFLの有効性に加えて、

TOEFLの勉強することのメリットについて

お伝えしていこうと思います。

TOEFLは意味がないという人がいるが・・・

TOEFLなんか勉強しても意味がない

という人がいますが、

実際にはそんなことはありません。

一般的にTOEFLと呼ばれているTOEFL iBT

の試験は、世界でも英語力を判断する

試験として認められています。

海外の大学入試の英語力判断の基準と

されたり、ビザ申請の要件として設定

されたりと、世界基準としてTOEFLの点数

が使われているというのは事実です。

一般的なTOEICは聞くと読むだけである

のに比べてTOEFLは聞く、話す読む、書く

と4つの能力を鍛え、

テストすることができますので、よりリア

ルな英語力を測ることができるのです。

ということは、TOEFLの勉強をする

ということは大いに意味のあることだ

と言うことができます。

言葉1: 持続する実践力はTOEFLで鍛えられる!

実際に“使える英語”を手に入れるためは、

練習の段階で英語を使う必要があります。

TOEFLの場合は、聞く、読むだけでなく、

話す、書く能力も試される試験ですので、

試験対策の勉強をとおして、これらの

実践的なスキルを鍛えることができます。

試験勉強を通して培ったこの力は、

実践で役立つ力に変えることができます。

話すことや書くことは経験を通して体で

覚えるものですので、試験後も継続的に

使っていくことができる力になります。

残りの2技能、聞く、読む力についても、

TOEFLの勉強を通して繰り返しの練習を

行うことで、自然に耳や目が英語に慣れて

いきますので、実際英語を使う場面になっ

たとき英語の音や文字数に圧倒されること

なく対応することができます。

試験勉強をしながら、英語の実践力も

しっかりと身につけられるとうのは、

TOEFLならではの魅力だということが

できるのではないでしょうか。

言葉2:  デジタルな時代にあった英語力が手に入る!

TOEFL iBTの試験は全てパソコンでの受験

になります。TOEICのように紙の問題用紙

も解答用紙も一切ありません。

リーディングの問題はパソコンの画面上

で読み、ライティングもパソコンでする形

となります。

これは現代のビジネススタイルに沿った

英語の使用方法です。

今の時代会社でも手書きで書類を作成する

ことはありませんよね。

仕事上のやり取りはほとんどメール

行いますので、文章を読むのはほとんど

画面上です。

TOEFLの試験は全てパソコン上で行われま

すので、実際に英語が使われる状況に近い

状態を体験しながら勉強を進めることがで

るだけでなく、会社やビジネスシーンで

すぐに使える、デジタルに対応した英語を

養うことにつながります。

このように、TOEFLの勉強をすることに

よって、即戦力として役立つリアルな英語

運用能力を手に入れることができます。

言葉3: 日常会話はもちろん、映画や音楽も英語で楽しめるようになる!

これまで説明したように、TOEFLの勉強を

することで、実践力が身につきます。

たから、ネイティブとの会話もできるよう

になりますし、旅行に行っても不自由な

思いをしなくて済むようになります。

TOEFLの勉強の成果を実感するのは、この

ような特別な機会だけではありません。

日常生活の中でも気がつくはずです。

洋楽や洋画、外国語のニュースなどが

分かるようになるのです。

リアルな英語を聞く耳を手に入れれば、

字幕なしで映画の元の音源を楽しめます。

そして、好きな歌手の曲の歌詞の深い意味

を理解することができるようになります。

英語のニュースも聞けるようになれば、

様々な情報が入ってきて、今までよりも大

きな視野で物事を見ることができるように

なっていきます。

映画や音楽が好きな人は、それらを練習

教材にして、さらなるスキルアップを狙う

という方法もあります。

自分の好き、得意なことを上手く利用し、

実力とスコアを同時にアップできるのも

TOEFLのおもしろいところですね。

まとめ

ここまでお伝えしたように、

とにかくTOEFLという試験は、

実践に応用できるスキルを身につけること

ができる試験です。

他の一般的なペーパーテストと違いは、

読む、聞く、話す、書くと4つの技能を

バランスよく鍛えることです。

日本人はどうしても聞く、読むことに

偏りがちですが、4つをまんべんなく鍛え

からこそ本当に使える英語が身につく

ということを忘れてはいけません。

TOEFLは意識せずともこの4つの技能を

訓練できるという点において、

他の試験に勝っています。

単なる資格としてキャリアアップや就活に

必要だからという理由で英語の資格試験を

受ける人は多いですが、せっかく勉強する

のであれば、スコアだけを見るのではなく

実際にどれぐらいの英語力が見につくのか

を考えながら試験選びや学習を進めていく

ことをおすすめします。

そうすることで、より中身の濃い勉強時間

を過ごす事ができますし、結果として英語

力を自分のものにすることができます。

ぜひTOEFLの勉強を通して、使える英語を

身に着けてください。