スポンサードリンク




 

タイゾータイゾー

hanaso kidsオンラインの無料体験を3歳の息子と受講してきましたので、早速レビューさせていただきます。

体験前に気になる点をチェック

まずそもそも3歳の息子が受けることができるのかチェックしました。

 

>>hanaso kidsの申し込み方法はこちら

対象年齢の確認

まず、hanaso kids の対象年齢は「4才から15才までの方を対象にしています」と表記されています。うちの息子は今年中に4歳になるものの、現在はまだ3歳です。

念のため年齢について受講前に問い合わせして確認することにしました。

実のところは息子は3歳だけど、これまで習い事や英語の絵本やDVDをみているし・・・

正しい文法では話せないけど(それどころか単語メイン)、英語で話しかけられたら英語で答えようとする意志もあるし・・・

4歳未満だけど「受講しても大丈夫そう」と(親バカの)勝手な判断をしていまして

黙って受講してみようかなと考えなかったこともないのですが・・・

規約に反していたりするとよくないので、確認してみることにしました。

問合わせメールへの回答

hanasoは電話でも問い合わせ可能ですが、私はメールで問い合わせしました。

回答の内容は・・・もちろん受講OK!

これはまあ想像通りでしたが、ここで気になったのは返答メールの文面!

「3歳のお子様でもレッスンをご受講いただくことは可能でございます。レッスンにつきましては親御様が隣でお子様のサポートをしながらご受講いただくこともできますのでご安心いただけましたらと存じます。」

 

タイゾータイゾー

こちらは想像していたよりも丁寧なので、個人的に好印象でした!

 

>>hanaso kidsを見に行く

レッスン予約

休講日には注意

早速一回目の体験を予約しようと、予約画面から希望日を選択しました。

すると、画面に表れたのは

「休講のお知らせ」

フィリピンの祝日でした。

オンライン英会話に休講があるとは予想していなかったので、軽い衝撃。

せっかく今日やりたい気分なのに~テンションは下がりました。

翌日のスケジュールを見てみましたが、なんと翌日も「休講」

オンラインで日本から受講できることで、つい忘れてしまいがちですが、画面の向こうはフィリピン。フィリピンの祝祭日によって受講不可の日もあるようです。こればかりはしかたがないですね。。。

その後、スケジュール調整しまして、やっと体験一回目を予約しました。

レッスン予約確認メール

レッスンの予約が完了すると、確認メールが送られてきます。

「○○様
いつもhanasoをご利用いただきありがとうございます。
以下のご予約を受け付けいたしました。
———————————————————————
講師名:□□□□
ご予約日:○月○日(月)
開始時間:12:00
ご希望:レベルチェックテキスト
Skype名:○○ ←私のSkype名
———————————————————————

【レッスン開始前のお願い】
開始時間の5分前までにスカイプを起動してください。
開始時間に上記Skype名へ講師がコールいたします。
~~

ちなみに予約キャンセルは開始時間の30分前まで可能のようです。

あとは開始5分前までにSkypeの設定が完了していればOKです。

 

タイゾータイゾー

子供が急に体調不良でも、予約を変更しやすいです。

 

>>hanaso kidsはこちら

受講前の準備 〈テキスト〉

hanaso kids の体験レッスンでは、無料でダウンロードできるテキストを印刷して準備します。

二種類から選べるのですが、私は「体験レッスン用テキスト・レベルチェックテキスト」を印刷しました。

 

講師からSkypeにコール

受講直前に息子をカメラの正面に座らせ私も隣に座ります・・・ちょっとドキドキ

体験時間になったと同時に、講師からSkypeにコールがありました。

講師は明るい感じの40代の女性です。写真で見た通り楽しそうな雰囲気の先生でした。予約画面で写真を見ていたので、安心感があります。

 

タイゾータイゾー

予約画面では講師の顔やプロフィールをみることが出来ます。

レッスンスタート

「Hello! My name is…」と先に講師の自己紹介があり、息子も名前と「How old are you? 」と聞かれました。

息子はその辺の質問には慣れているので、指で3を出しながら「Three.」と答えると、

わぁ、baby だね。早くから英語を始めてるのね」みたいなことを言われました(もちろん英語)

褒めて笑って盛り上げてくれるテンションの高い先生でした。

 

レッスン内容

レッスン内容は、予約時にある程度 希望を伝えることができます。

 

先生も同じテキストを手元に持っているのを画面で見せながら、

  • 「これは何色?」
  • 「これは何個ある? 数えましょう one, two, …」

といった感じでレッスンが進んでいきました。

続いて、動詞。人が泳いでいる絵を指して「Do you like swimming? 」と聞かれ息子「Yes.」

「Do you like dancing? 」

「Yes! 」

「Do you like singing? 」

「Yes! 」

息子、よほどのことでない限りはYesと答えがちなところがあります。そこがちょっと日本人ぽいな~と普段から思っていました(^-^;

先生からは「何か歌ってみて!」とマイクを持つポーズ。息子はモジモジしているので、

私がついつい「何か歌ってだって。 Do Re Miの歌にする? せーの、」と一緒に歌いました。

息子も歌ってましたが、Skype越しだと私の声しか聞こえてないんじゃないかと思われます(;´д`)

容赦なく先生は「泳ぐってこんな感じ?こう? やって見せて!」とノリノリクロールのポーズを勧められましたが、息子はもちろんモジモジ。

私が代わりにやりました(汗)。必死です。(;´д`)

 

タイゾータイゾー

多くのお子様が最初は親の助けが必要ですが、そのうち一人でできるようになるようです。

レッスン後のフォロー

Skype後の講師からメッセージ

接続を切った後には、「とても楽しい時間でした。(私に)フォローをありがとう!これから新年度楽しんでね!」と

講師からフォローのメッセージがありました。絵文字たっぷりで最後まで温かい感じでよかったです。

レベルチェック結果が届かない

体験一回目終了後に、レベルチェックの結果が送られてくると記載されていたので、なにげに楽しみにしていました。

レッスン中は手応えもなにもなく、レベルが高いわけは絶対ないんですけど(;´∀`)なんとなくメールで結果が届くってことにワクワクしていました。

しかし、これがなかなか届かないんです。またまたメールで問い合わせしてみることにしました。

早速返信があり、わかったのはレベルチェックが行われてませんでしたー!!

特別に二回目の体験レッスンで、もう一度レベルチェックをしてくれるように手配しました、との連絡をいただいたのですが、レッスン数が増えるわけではなかったです。

 

タイゾータイゾー

不手際があった際はすぐに問い合わせましょう!

体験レッスン二回目!

二回目レッスンは落ち着いた感じの優しそうな女性の先生を選択。

一回目と同じように、時間通りコールがあり受信しました。

問題発生!

時差の問題なのか、先生のいるお部屋が暗くて、あまり明るい雰囲気の先生ではないかも?という第一印象を持ってしまいました。

ところが、部屋が暗いとかそんなことより重大な問題がありました。

前回はなかった接続の問題です。今回は会話中にノイズが少し入っていました。

でも先生の声は聞こえているので気にしませんでした。

しかし、先生から「ノイズがあり、あなたたちの声が小さくてほとんど聞こえない。設定を確認して」と。

でも、こちらは普段から設定を何も変えてなくて

どうしたら良いかお手上げ状態。レッスン中、ずっと設定のことを言われました。

日本語が通じれば「何ででしょうね? 普段からSkypeを使っていて、通話相手に聞こえないと言われたことはありませんが、何が原因かわからなくて。

もう一度かけ直してもらったほうがいいでしょうか?」とでも穏やかに話せたのでしょうけど、

つたない英語で、しかもオンラインだと行き違いもありそうで、、、思ったことがあまり強く言えませんでした。

代わりに、息子に「もっと大きな声で言って」と何度もつついてしまった・・・

先生はほとんど聞こえていない様子で画面の顔を見ながら「ほとんど聞こえないけど、賢いあなたのことだから言えてるでしょう」みたいな感じでレッスンを進めていきました。

ここまでくると、私ももう、早く終わってくれ~!状態。疲れました。

そんなこんなで、レベルチェックの結果をレッスンの最後に伝えられました。

「レベルは、1ね」メールじゃないんですね。

 

タイゾータイゾー

回線トラブルが改善されないとやる気がなくなりますね。

体験後の感想

低年齢でのマンツーマンはきびしい?

低年齢の子供は一人でのオンライン受講(マンツーマン)は厳しいと思う点が多々ありました。

直接会って目の前で顔を合わせての質問には答えられることでも、Skype越しではノイズがなくてもうまく聞き取れていなかったことがありました。

もちろん、うちの息子はまだまだ会話そのものや英語に慣れていないのでちょっとした発音の違いを聞き分けられないという部分もあるのですが

オンラインというのはマンツーマンとは言え相手の口から出た音が直接耳に届くわけではないので、ちょっとした音声の揺れや声質の違いなんかにまだ耳が対応しきれていないようでした。

ですので、私が横で先生のセリフを繰り返したりすることも多々ありました。

 

タイゾータイゾー

子供が小さいほど、親のフォローは必須だと思いました。

非ネイティブ講師の英語とは?

私は受講前からフィリピン人の講師(非ネイティブ)についてはデメリットに感じていませんでしたが

 

いざレッスンを受けてみると気になったことが!

会話中に、こちらが「No, I can’t.」 と答えたときに、先生が「Me too.」と答えられました。何度もこのやり取りがありました。

これは、ノンネイティブにありがちな間違いで

正しくはMe neither. とかではなかったかと・・・?(自信ないです)

もしかしたら現代の口語ではアリなのかな?

という、結局正解がわからないのも含め、こういうところが講師がノンネイティブであることのデメリットかなと思います。

 

タイゾータイゾー

発音にも疑問が残るところがあります。

現時点ではデメリットが気にならない

そもそも、デメリットを気にするほどのレベルに達していない気がするのです。


息子にとっては画面の向こうは「外国人」であり、レッスン中は英語を話さなければ会話が進まない!いやでも英語を話さなければならない状況になります。会話が通じると嬉しいし、たくさん褒めてもらえる。

 

タイゾータイゾー

こういう場がほしかった私(親)にとってはとてもよい環境だと思いました。

まとめ

とにかく、オンラインは移動の必要がないので無駄がない!

直前までおもちゃで遊んでいたりできます。これが本当に楽!

hanaso kidsは予約画面が使いやすく、

日本人サポートの丁寧な対応も好印象。

総合的に見て、アリだと思いました。

 

タイゾータイゾー

まずは無料体験レッスンを試して見ましょう!

 

>>hanaso kidsを試してみる

 

>>hanaso kidsの申し込み方法はこちら

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら