数ある英会話学習の中でも話題を呼んでいるカランメソッド。今回は他とは違うAYS ENGLISH(アイス・イングリッシュ)ならではの方針を比べていきたいと思います。

カランメソッドって?

1960年代にイギリスのロンドンで誕生し、なんと通常の4倍の速さで英会話を取得できるという英会話学習法です。100万以上の人々が成功したというこの学習法、一体どんなものなのでしょうか?

どんなレッスン内容?

4倍の速さで英会話を取得できるだけあって、4倍早く講師が話し、4倍早く生徒が答えます(汗)

具体的には、講師が矢継ぎ早に質問を繰り返し、生徒が瞬時に正確に”答えられる”まで答えます。答え方は、短縮形(例:It is not ではなく It isn’t)で話し、(単語単語で答えるのではなく)フルセンテンスで答えるというルールがあります。

多くの日本人が講師の英語での質問の後に、頭の中で日本語で意味を考えながら答えを探し、英語で答えるという60秒ほどかかる工程になってしまうところ、カランメソッド では素早く答えなければならないことで15秒、もしくはそれ以下の時間で答える必要があるのです。

そのため、ボキャブラリーの増加や文法の学習だけではなく、正確な英語をネイティブのように話すトレーニングにもなっています。まさに英語脳を作る筋トレのような感じですね。

 

他オンライン英会話教室との違いは?

他にカランメソッドを取り入れているオンライン英会話教室4社(QQ ENGLISH、Native Camp、English Talk、English Bell)とAYS ENGLISHを、4つの角度から比べてみます。たまたまなのですが、4にこだわりすぎでしょうか(笑)

方針

カランメソッドは1から12のステージが用意されていています。

Native Camp(ネイティブキャンプ)のみ、最初にレベルチェックテストを受け、その結果をもとに、該当ステージからレッスンを開始します。

他校(AYS English、QQ ENGLISH、English Talk、English Bell)は生徒がどのレベルであろうとステージ1から学習を開始し、基礎練を大切にする方針です。

ステージ1から12に行くまでに約160時間が必要と言われていて、英会話習得には1,000時間必要説と比べるとステージ1から始めても苦ではないのではないでしょうか。

 

料金

ゆっくりと勉強をされたい為の、数ヶ月使用できるポイント購入制もありますが、カランメソッドのレッスンは週に3−4回は受けた方が良いということから、ここでは月払いのコース料金を比べていきます。

AYS Englishの料金

毎日コツコツコース(25分間 x 全22回)11,800円(税込)

毎日しっかりコース(25分間 x 全45回)18,800円(税込)

集中コース(25分間 x 全60回)    23,800円(税込)

QQ ENGLISHの料金

毎日25分コース 6,242円(税込)

毎日50分コース 10,454円(税込)

Native Camp(ネイティブキャンプ)の料金

月々5,500円の他にカランメソッドは別料金(180円〜)が必要となります。

※別料金は購入したコインの総額や、キャンペーン中の講師のコイン数により大きく異なりますが(主に100コイン)、5,500コインを10,000円で購入し、100コインの講師とレッスンをした場合、1レッスン約180円〜となります。

English Talkの料金

毎日1ポイント25分間コース 5,800円(税込)

English Bell

月20回1日25分コース 9,800円(税抜)

月40回1日25分コース 17,900円(税抜)

 

AYS Englishの価格は中ぐらいというところでしょうか。しかし、次にご紹介する通り、AYS Englishではテキストの購入が必要ないため、総合的には割安になっています

テキスト

カランメソッド を受けるには、カランスクールにて指定のテキストを使用します。他4校では、ステージ毎にテキストを購入する必要があり、1冊1,998円(税込)、ステージ1から12まで購入すると23,976円です。

ただ、AYS Englishだけはテキストでを購入する必要がありません。AYS Englishでは、独自に開発したレッスンルームという、テレビ電話、チャット、テキストを一つの画面で共有できるシステムがあり、そちらでカランメソッド であろうとテキストを無料で共有してくれるのです。太っ腹。

講師の質と国籍

まず国籍は、AYS English、QQ ENGLISH、English Bellの3社では主にフィリピン人講師。Native Campは44ヵ国の講師陣の中からカランメソッド の試験をクリアーした講師、English Talkではフィリピンの他にネイティブ講師がいます。(ネイティブ講師の場合は受講に2ポイント必要です。)

カランメソッドのトレーニングをクリアーした講師のみが カランメソッドのレッスンを担当するため、どの学校も基準を超えた質の良い講師が選ばれています。

AYS Englishの講師は年齢層が30代や40代が多く、講師歴も長いベテラン講師が多いことに加え、アメリカの発音で話すようトレーニングされているため、発音にバラツキがないことが大きな差ではないでしょうか。

まとめ

同じメソッドでも方針やサービスが異なりますね。講師が矢継ぎ早に質問するため、どうしても講師の方が生徒より強い印象になりがちなカランメソッド 。心が折れてしまいそうですが、講師歴も人間歴もあるAYS ENGLISHなら質も心も安定したレッスンを受けられそうです。