スポンサードリンク




オンライン英会話はどれがおすすめなんだろう

最近、オンライン英会話に注目が集まってきています。

オンライン英会話は、実際に英会話教室に通うことと比較すると、受講料金が安いことや自分の都合の良い時間に好きな場所で受講できることが大きなメリットとして注目されています。

特に近頃はそのメリットに着目されてからか、様々なオンライン英会話会社が様々なサービスを提供しており、オンライン英会話の人気度の高さが伺えます。

私はこれまでにいくつかのオンライン英会話を経験してきました。

その中でも今回は、「DMM英会話」による英会話無料体験レッスンに挑戦し、ご紹介したいと思います。

 

 

 事前準備

オンライン英会話を行うには以下の環境が必要になってきます。

・インターネット環境

・パソコン、スマートフォン、タブレットのどれか

パソコンを使用した方が楽に英会話を行えます。文字の入力や画像の確認が楽である他、スマホやタブレットは英会話中ずっと持っていないといけなかったり、倒れてしまう恐れがあるため、私の経験上では安定したパソコンが使い勝手が良いです。

・マイク、イヤホン

マイク、イヤホンについては、両手が空いた状態の方が操作したりメモをしたりする際に楽なので、マイクとイヤホンが一体になっているヘッドセットがお勧めです。

・Skype

英会話に使用するために必須となります。DMMオンライン英会話の初期情報登録時にSkype名が必要になってくるので、確認しておきましょう。

 

DMM英会話(無料体験レッスン)への申し込み

無料体験レッスン申し込み方法

①DMM英会話の公式サイトにアクセスします。

 

>>DMM英会話の公式サイトはこちら

 

※いくつか申し込み口はありますが、シンプルな申し込み方法をご紹介します。

②ホームページ上部メニューの「初めての方へ」をクリックすると以下の画面に遷移します。

③無料体験はこちら!というボタンをクリックすると、以下の画面に遷移します。

④DMM英会話利用規約を確認し、「DMM英会話利用規約に同意します。」にチェックし、「登録を完了する」ボタンをクリックすると、会員登録(無料)が完了します。

⑤無料会員登録が終わりますと以下の画面になり、無料体験レッスンの予約が可能になります。

⑥メニュー項目の中から「予約・講師検索」をクリックしますと、以下画面になります。

⑦条件を指定し、講師を検索しましょう。

⑧条件に一致した講師が表示されますので、都合の良い時間の「予約可」ボタンを押下します。

⑨レッスン予約確認画面が表示されるので、必要事項を記入し、予約を確定させましょう。以上で無料体験レッスンの予約が完了します。

 

>>DMM英会話を見に行く

 

 

どんな講師がいるの?

いざ無料体験予約を開始できるようになると、次は講師の選択に移ります。

ホームページ上部メニューの「予約・講師検索」から講師を検索できる画面に遷移できます。

任意の日時、細かな条件を指定して検索できるので、会話したい講師を選びましょう。

細かな条件指定では、どのような英語対策をしたいのかによって条件を絞ることができます。

例えば初めては不安なので日本人講師がよければ日本人の指定ができますし、英検の対策に重点を置いたレッスンを行いたいのであれば、そうした指定が行える様になっています。

英会話といっても何のためにするのか的を絞れていなければなかなかやる気もでないので、目的に沿った条件を考え、指定するのが良いでしょう。

会話したい講師を選択すると、該当講師の自己紹介ページが開きます。

講師の自己紹介はシンプルで分りやすいです。また、スタッフからの紹介コメントが日本語で記載されているため、どのような人物像かがなんとなくイメージできるため、不安も軽減できます。また、YouTubeリンクの講師紹介動画もあり、紹介画像と実際の人物が違う!といったギャップも事前に払拭できます。

 

私がDMM英会話を選んだわけ

 講師の充実

DMM英会話は何と言っても講師の充実度が高いです。他オンライン英会話では、フィリピン人の方をベースとして数か国程度ですが、DMM英会話では91カ国の講師が在籍し、幅広い英語の使い方や各国の文化を学べるチャンスが広がります。

そのため、日本は夜だけど現地は朝や昼といった状況もあり、まるで海外に行った様な気分になれるのも良いポイントなのです。

 

教材中身の充実

使用教材は中身が充実しています。一部の他社オンライン英会話の教材と比較すると、一つ一つの教材の内容が多く記載されており、絵も載っているので見やすく感じます。それを踏まえたメリットとしては、ある程度英語力がついている又はついてくると、使用している教材の内容がスラスラわかり、教材内容を早く進められる様になります。そうなってくると、ボリューミーな教材を使用した方がみっちりレッスンを受けられ、身に付きやすくなります。

 

ユーザーに優しいレッスンプラン

DMM英会話は料金面で充実しています。プランによって変わってきますが、毎日3レッスン(毎日75分)を受講する場合、1レッスンあたり150円となります。これは時間の作れる方にとっては大きいですね。毎日1レッスン(25分)プランにしても1レッスンあたり193円と、講師の方へのお給料が大丈夫なのかと心配になるくらい安い価格設定です。

 

DMM英会話のメリット、デメリット

メリット

DMM英会話の面白いポイントとして以下のものがあります。

DMM英会話有料会員であればiknowという英語学習アプリが無料になる

iknowを用いることで、DMM英会話のレッスン中で分からなかった単語等をiknowに追加することで空いた時間に確認でき、記憶→思い出しという過程を通して不明点をしっかり自分のものにすることができます。

 

様々な国の講師との英会話ができ、色々な文化もついでに学ぶことができる

日本は朝→講師の方の国は夜…何て挨拶する?といったことや、各国からの日本の注目ポイント(例えば○○の国からはこういった日本の文化が人気あるなど)を知ることができ、自分がそれを知った時に強い印象とともに英語も身についていきます。

 

デメリット

DMM英会話は業界No1の実績を誇りますが、もう少し改善して欲しいポイントもあります。

講師の方のプロフィール情報が少ない

初めてレッスンを受ける場合、どんな講師が良いか迷うと思います。その際、多少なりは講師のプロフィールを確認すると思います。

他社オンライン英会話サイトでは、講師のプロフィールが充実しているところもあり、どんな趣味を持っておられるかが複数の写真やメッセージで細かく記載されている場合がありますが、DMM英会話ではあまり多くの事が書かれていないといった印象を受けます。

慣れた方や、あまり講師を変えることの無いユーザーの場合は気になる事ではありませんが、初めてレッスンを受ける講師の場合はもう少しプロフィールが充実した方が安心に繋がるかと感じます。

 

料金改定

これまで、DMM英会話は圧倒的な料金の安さで注目を浴びていました。

例えば1日1レッスン25分プランが5,500円/月の安さでした。これは他の有名オンライン英会話サイトと比較すると大変魅力的な料金プランでしたが、2018年3月以降、料金プランが改定され、1日1レッスン25分プランが5,980円/月となりました。

安さが魅力のオンライン英会話。その先頭を走っていたDMM英会話でしたが、その大きなアドバンテージが薄れてしまったという感覚です。

良い講師陣を支えるには仕方のない事ですが、その代わりに更に良いサービスが充実していくことに期待です。

 

>>DMM英会話を見に行く

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら