スポンサードリンク




オンライン英会話スクールでも最強のDMM英会話とネイティブキャンプ。

どちらも数ある伸び盛りのオンライン英会話スクールの中でも特に注目を集めているといっていいでしょう。

オンライン英会話スクールを受講したいと思っている方。

スクール選びはとにかく時間のかかるものだと感じていませんか?

そこで今回は、特に人気のこの二つのスクールをピックアップして私なりに徹底検証してみたいと思います。

スクール選びの参考にしてみてください

タイゾータイゾー

結局、より良い学校はどちらでしょうか?

DMM英会話とネイティブキャンプを比べて勝負!

生徒が気になる、そしてわたしもオンラインスクールを選ぶときに参考にした6つの項目別にどちらが優れているかを見ていきたいと思います!

比べてみることによってそれぞれのいいところ、共通点、優れているところが発見できます。

講師数・国籍

では初めに講師の数と国籍について比べてみました。

・DMM英会話

DMM英会話は、世界105ヶ国から集まった講師で、そのうち7ヶ国はネイティブ講師になります。

講師の在籍人数は7,000以上のマンモス学校ですね。

実際の数を知って私も驚きました。

だからといって簡単に採用しているわけではなく、採用基準は高く、合格率はたったの5%です。

講師は、難関大学の現役大学生やその卒業生、講師経験が豊かな社会人などのエリート揃いで、世界各国から応募しています。

最終テストはなんと80項目もあり、それにクリアーしなければDMM英会話の講師になれないのです。

また、採用後も学校側が講師に抜き打ち試験をしたりと、定期的にフォローアップをしています。

生徒は、予約をする際に、講師の学歴など詳細に講師のことを知ることができます。

講師は若い方から大ベテランの方まで在籍していることがわかります。

英語力のを早く伸ばせるかは講師の質にもかかっていますよね。

その意味で安心です。

・ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプには世界50ヶ国ほどの講師が在籍しています。

こちらも講師の国籍の幅は広いですね。

採用基準は特に明記がなく、大学生や大学を卒業した講師が在籍しているとのことです。

また若めの講師が多く在籍してます。

 

タイゾータイゾー

在籍する講師・国籍数・ベテランが多く、予約時に講師の紹介も詳細に見ることができる、DMM英会話の勝ちですね!

 

>>DMM英会話を試してみる

 

料金プラン

では次に料金プランです。

できるだけ長く続けるにはやはり安定したやすさは必要条件だと私は思っています。

・DMM英会話

DMM英会話には主に2つのプランがあり、合計で6つの料金プランがあります。

スタンダードプラン(99カ国の講師と話せるプランです)

1日1レッスン(計25分間) 5,980円(税込)

1日2レッスン(計50分間) 9,980円(税込)

1日3レッスン(計75分間)13,980円(税込)

プラスネイティブプラン(99カ国の講師に加えて7カ国のネイティブ講師と話せるプランです)

1日1レッスン(計25分間)15,800円(税込)

1日2レッスン(計50分間)31,200円(税込)

1日3レッスン(計75分間)45,100円(税込)

※ネイティブとは英語を第一言語として話す人口が多い国で、DMM英会話では次の7ヶ国を指しています。アメリカ/イギリス/カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/アイルランド/南アフリカ

プラスレッスンチケット

他にも「プラスレッスンチケット」と言って、レッスンを更に受けたい時に使えるチケットも販売しています。

例えば、1日2レッスンプランを申し込んでいるけど、今日は4レッスン受けたいなどというやる気のある日にもってこいのチケットです。

料金は、1枚で500円、11枚購入すると5,100円なので、1レッスン464円となります。

一日何レッスン受けたいかによって、料金も変わってくるところがポイント。

自分のスケジュールで無理のない範囲で始めることができますね。

・ネイティブキャンプ 

シンプルに2つのプランです。

プレミアムプラン 5,500円(税込)

ファミリープラン 1,980円(税込)

ネイティブキャンプではレッスンに上限がありません。

予約をする必要がなく、好きな時に空いている講師とレッスンを受けることが可能です。

もし講師を指定したい場合は、予約料として「コイン」を購入する必要があります。

予約が必要なく空いて入ればレッスンを受講できるという画期的なシステムをとっているのがこちらの特徴であり利点。

しかもレッスン数に上限がないというところに私も驚きました。

一日中レッスンを取り続けるということも可能です。

またファミリープランがあり、家族の1人がプレミアムプランを申し込んでいれば、他の家族は月額1,980円で受けられるというありがたいプランです。

2親頭まで利用可能なため、自分から始まる両親、兄弟、子供、孫まで適用されてしまうのです!?

 

タイゾータイゾー

レッスンが受け放題で、家族は大幅割引になるという太っ腹ぶりから、料金面ではネイティブキャンプの勝ちですね!

 

>>ネイティブキャンプを試してみる

 

無料体験レッスン

どちらのスクールにも無料体験レッスンがあります。

実際レッスンを受けてみるとそのスクールの特徴がよくわかるので、気になるスクールは受けてみることを私はお勧めします。

・DMM英会話

DMM英会話では有料会員になる前に2回の無料レッスンが可能となっています。

ネイティブ講師とのレッスンは別途有料となります。

DMM英会話に限らず、ほとんどのオンラインスクールで、無料体験レッスンは2回までとなっています。

・ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプでは、7日間無料でかつレッスン回数の上限もありません

更に、カランメソッドが最大10回無料で体験できます。

更に、更に!1,000コイン(2,000円相当)のコインを無料でプレゼントしてくれるので、有料会員後に有料レッスンをしばらく受け続けることが可能です。

ここまで柔軟性のある無料体験レッスンを提供しているのはネイティブキャンプだけだと私は思います。

 

タイゾータイゾー

無料体験レッスン数の圧倒的な多さと、コインもプレゼントしているネイティブキャンプの圧勝ですね!

 

レッスン時間

DMM英会話もネイティブキャンプもどちらも24時間レッスンを受けられるので、不規則な勤務形態の方や、海外からレッスンを受けたい方に嬉しいですね!

私のような夜型の方にもお勧めしたいシステム。

もちろん朝活派の方にも。

ブラック企業なのでは、、と思う方もいるかもですが、どちらも講師が世界中にいるので、時差をうまく活用してシフトを組んでいるようです。

 

タイゾータイゾー

レッスン時間はどちらも24時間で、引き分けです!

 

レッスンのシステム

DMM英会話では無料アプリSkpeを使用するのに対し、ネイティブキャンプ では独自のシステムを利用しています。

システム上には、講師の顔、自分の顔、テキスト、チャットを1画面で見ることができレッスンが受けやすくなっています。

また、独自のシステムがあるということは、学校側も管理できるので安心感がありますよね。

ほとんどのオンライン英会話ではスカイプを利用していますが、レッスンを受けるたびにスカイプを立ち上げたり正直煩わしさを感じることも。

その点、ネイティブキャンプのシステムは、簡単で音声画像も快適だと私は感じています。

タイゾータイゾー

独自のシステムを持つネイティブキャンプの勝ちです!

 

>>ネイティブキャンプの公式サイトはこちら

 

テキスト数

学習するからにはどんなテキストがあってまたどれくらいの数のものがあるのかも気になるところ。

・ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ には1,000以上の教材が揃っています。

キッズ向け「Let’s Go」やビジネス、TOEICなどの資格試験も対応しています。

・DMM英会話

一方DMM英会話は、7,699以上の教材が揃っているのです

同じくキッズ向け「Let’s Go」やビジネス。TOEICだけではなく英検やTOEFLの対策も可能です。

更に、脳科学をもとに作られた月々1,480円の人気アプリ「iKnow」を無料で使うことができます。

ネイティブキャンプの1000以上の教材でも十分多いと思ったのですがDMM英会話はさらに上回る数ということを知り私は驚きました。

選択の幅がかなりひろいということになりますね。

タイゾータイゾー

圧倒的に豊富なテキスト数に加えて「iKnow」で予習・復習までカバーしてくれるDMM英会話の勝ちです!

 

>>DMM英会話の公式サイトはこちら

 

DMM英会話とネイティブキャンプ、いいのはどっち?

上記の勝負では、DMM英会話が2勝、ネイティブキャンプが3勝となりました。

比較ではこのようになりましたが、自分があっているのはどちらかという視点で見ることも大切です。

DMM英会話の特徴と向いている人

DMM英会話では、講師とテキストの中身部門で勝利しています。

そのため次のような人がDMM英会話に向いているでしょう。

・より経験豊富だったりより多くの国の講師と話したい

・ある程度の英会話レベルになり、より表現力をネイティブに近づけたい

・1日1レッスンずつ受けて英会話学習の癖をつけたい

漫画や有名作品をテキストとして使用したい

TOEFLや英検の対策をしたい

「iKnow」を使いたい

私が思うDMM英会話向きの方はこんな感じです。

当てはまるものが多いほど向いていると言えるでしょう。

タイゾータイゾー

教材数や講師の在籍数など、驚くほど揃っていますね。

ネイティブキャンプの特徴と向いている人

ネイティブキャンプは月々の料金、無料体験の内容、システムの外見部門で勝利しています。次のような人がネイティブキャンプに向いているでしょう。

・時間があり、がむしゃらに受けたい

予習や復習よりも場数と思う人

・思い立った時にまとめて勉強したい

・Skypeが好きではない人

・何よりも低価格が良い人

カランメソッドを受けたい人

こちらが私が感じるネイティブキャンプ向きの方。

このようにあげてみるとより二つのスクールの個性が出ますよね。

 

タイゾータイゾー

数少ない受け放題のオンライン英会話スクールです。

まとめ

Scales on white background. Isolated 3D image

いかがでしたか?

どちらも評判もサービスも良い学校です。

生徒が何を重視するかで決めれば良しですが、入会金や、契約期間の縛りもないので、気軽に両学校を比べてみても良いかもしれませんね!

まずは体験レッスンを通じて判断して見ることを私はお勧めします。

 

タイゾータイゾー

両校の無料体験レッスンで実際に比較してみましょう!

 

>>ネイティブキャンプはこちら

 

>>DMM英会話はこちら

 

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら