英会話が上達したなと実感する瞬間はどんな時だと思いますか?

それはやはり、コミュニケーションが取れるようになって来た時。

では、そのコミュニケーションとは?ということになりますが、相手の言っていることを理解し答え、そして自分も質問ができるようになってきたとき。

いわゆる会話のキャッチボールができるようになってくると、会話をすることの楽しさをより感じられるようになります。

日本人が苦手とする、スピーキング力を伸ばせる「カランメソッド」。e英会話のカランメソッドコースは、受講者も満足の人気のコースです。ではどんなことを学べるのでしょうか?

カランメソッドとは?

では、カランメソッドとは何か?ということをご紹介いたします。

これは、イギリスのロンドンを拠点に、世界23カ国そして300校以上の語学学校で採用されている英語教授法のことです。

50年以上も続いているものでもある注目の英語取得法で、ケンブリッジ英検において、通常の学習方法と比べて、わずか4分の1の学習時間で95%以上の合格率をマークしたこともあるというもの。

効率がかなり良い、しかも会話が身についていくという画期的な学習方法なのです。

これは、日本人の英語習得においてもとても有効と考えられています。

それはレッスンスタイルが、相手の質問に対して反射的に答えていくというものだからです。

聞くことと、話すことに特化したレッスンなのです。

なんだ、ただ答えればいいだけなのなら簡単、と思ってしまうかもしれませんが、質問は矢継ぎに浴びせられえます。

それを瞬間的に答えていくということをレッスンの中で集中して行っていくものなのです。

特に日本人の場合、英語を聞くと最初に頭の中で日本語に訳して、また英語に戻して話します。

この時間の無駄になる空間をカランメソッドによって伸ばしていけるようななります。

e英会話のカランメソッドは、この学習方法を取り入れ、より効率よく有効に使える英語をマスターする近道へのお手伝いをしてくれるというもの。

期待大のコースです。

e英会話のカランメソッドの特徴


e英会話のカランメソッドコースは、プログラムを通り進めていくことで、「英語脳」、つまり英語で考え、答えるという会話を磨いていく上で、最も大切なことを学んでいきます。

レッスンでは講師の質問に生徒が瞬間的に答えるということを絶え間無く繰り返すしていきます。

この際、講師と生徒はできるだけ速く喋らなければいけないという決まりがあり、それは、普通のネイティブが話すスピードが1分間に150から180単語であるのに対し、カランメソッドコースでは、あえて1分間に200から400単語のスピードで話していきます。

こうした早いスピードで講師がどんどん話していくので、生徒は、常に先生の言葉に神経を集中する必要があります。

生徒は、瞬時に答えていくことで、母国語に頭の中で翻訳させることを強制的にストップさせます。

2回同じ質問をし、それに答えていくというパターンを繰り返していきます。

これを何度も繰り返していくことで、無意識のうちに反射的に英語を返答できる英語脳を作っていくことになるのです。

カランメソッドなら英語脳を鍛えられる


英語で理解して、答える、日本語に訳さないで話す、ということ、つまり英語脳を鍛えることが上達への道です。

リスニング、スピーキング、発音などを集中して勉強できますので、日本人が最も苦手とするスピーキングのエリアにおいて補強できます。

最初はその速度にびっくりとしてしまいますが、聞いたりそして答えたりすることをリズミカルに進んでいくので、テンポはかなりよく、あっという間に時間が過ぎてしまうと感じるほどに。

レッスン後に疲れた、と思えればそれはかなり集中的に英語を考えられている証拠になります。

疲れといっても心地よい疲れです。

なんだか脳のいつもと違う部分を使っているような感覚に陥ります。

それが英語脳を鍛えるということなのです。

またe英会話のカランメソッドは、スピーキング力をあげるために何でも話せば良いという考えではなく、文法力を付けるためにも有効です。

カランメソッドなら使える英語が伸ばせる


質問された事は、すべて正しい文法でそして必ずフルセンテンスで答えるようにします。

例えば、Is this a pen?という質問に対して。Yes.だけではダメなのです。

カランメソッドでは、Yes, it’s a pen. でなければなりません。

もちろん、Yesだけで通じますし、お互いペンだとわかっていることなので、その方が自然ですが、カランメソッドでは、文法を理解することに有効とし、このような答えを求めてきます。

この練習によって英語力を伸ばしていきます。

特に初心者の方、また会話力を伸ばしたい方には有効なレッスンのスタイルと言えると思います。

カランメソッドなら日本人の苦手なことも伸ばせる


通常のレッスンでどれくらい英語を聞いたり話したりしていると思いますか?

実はその時間は全体のわずか25%と言われています。

残りの時間は、考えたり黙っていたり、質問されたことを一生懸命に答えるという状態であると言われています。

でも、「カランメソッド」では、ご紹介しているように、レッスンの間中、常に質問を浴びせられますので、嫌でも直ぐに回答しなければならない状態になります。

答え方がわからなくても講師が答え方をきちんと導いてくれるので、大丈夫です。

日本人の英語学習者にありがちな間違っていたらどうしようというような恥じらい、気後れした気持ちを解消してくれる効果が。

限られた時間内に、英語のシャワーを浴びながら自分も集中して答えるということの繰り返しは、密度の高いレッスンということになります。

ユーザーの口コミ


でも実際レッスンを受けている方の声は聞きたいですよね。

ここでユーザーの口コミをご紹介いたします。

文章も簡単で言えるはずなのに早口で質問されるとなかなか言えないものです。 発音や単語が抜けたりすると容赦なく直されます。何度も復習されます。でもこれはいいと思う。私にとってはとても良いレッスンです。
私はレッスン後、適度な運動をしたような、心地よい疲労(笑)を感じた。これは、楽しい♪

他社のカランメソッドとの違いは?


e英会話の「カランメソッド」は1から12ステージまでレベル分けされているので安心。

全ステージを修了するには、全部で320レッスン、時間にして160時間。

レッスンのテクニックは、綿密に考えられた講師用の指導案が用意されているので、効率の良いレッスンを受けることができます。

そして講師の質についても、厳選されたきちんとトレーニングされた講師陣が指導にあたります。

限られた時間を有効にそしてプラスに活用できるレッスン内容は定評があります。

まとめ


スタートしてからコースの終了まで、自分でも伸びをきっと実感できる、e英会話の「カランメソッドコース」。

ますます興味が湧いてきますね。

ぜひ一度チェックしてみてください。