最近、オンライン英会話への人気が集まってきており、どの会社も様々にサービスを展開しています。

私はこれまでにいくつかのオンライン英会話を有料会員としてレッスンを受けてきたり、無料体験レッスンで他社オンライン英会話を試してきました。

そうした中、今回は自分の立ち位置にある社会人向けのオンライン英会話を展開しているELTOを知り、無料体験レッスンに挑戦してみることにしました。

*残念ながらELTOは2018年3月でサービス終了となりました。このサイトではほかにもオンライン英会話を紹介しているので、そちらを参考にしてください。

オンライン英会話に必要な環境

オンライン英会話には以下の環境が必要になります。

・インターネット環境

・パソコン、スマホ、タブレットのどれか

・マイク、カメラ

・Skype

※ELTOでオンラインレッスンを行うにあたり、Skype名を入力する必要が出てきます。

ご自身のSkype名が何かを把握しておきましょう。

無料体験オンラインレッスンにトライ!

ELTOのホームページ上で無料体験のレッスン予約を行います。

※ELTOへの申し込み方法については、「ELTOの申し込み方法」の記事にその手順を載せていますので、そちらを参照してください。

 

ELTOへの無料会員本登録完了後、ホームページでログインし、すぐに講師の予約に移りました。

ホームページでログインすると、「まずはこちらのレッスンを予約してください」の表題のもと、レッスン予約ボタンが表示されていました。

早速「予約する」ボタンをクリックすると、skype名とニックネームを入力するレッスン予約画面に進みました。

このレッスン予約画面では予約する教材としてカテゴリ:Begginers English、教材:友達との外食 のタイトルで、自動で準備されていました。

特にリクエストは無かったですし、教材の切り替え方法も分からなかったので予約日時選択に移りました。

レッスン予約はレッスンの開始から3時間前までの予約が可能となっており、30分毎の時間のボタンがある中(例えば、19:30のボタン、20:00のボタン、20:30のボタン)から一つを選び、予約ができます。

レッスン時間は他社オンライン英会話と同様に1レッスン25分区切りとなっています。

予約内容に間違えが無いかを確認し、レッスン開始時間前までにSkypeを起動して準備を行いました。

これまでに経験してきた他社オンライン英会話では通常、レッスン開始の数時間前~15分前までには担当の講師からSkype追加申請が届くのですが、今回のELTOのトライアルではレッスン開始時間になってようやく講師からSkype追加申請&コールがかかりましたので少々焦りましたが他は問題なくレッスンに移ることができました。

レッスンは自己紹介から入り、英語を学ぶ目的を聞かれたり、お互いの趣味について話を続けました。

その後、予約時に記載のあった教材を使用したレッスンに移りました。

レッスン教材の使い方としては、2人の会話シーンだったので、ロールプレイを行い、セリフを順番に読み上げることから始まります。

その後、ボキャブラリーの確認で発音チェックや単語の意味を理解できているかの基本事項を確認されます。

基本事項を確認後、教材の中身(2人の会話シーンの内容)について3つ程質問されます。

3つの質問について回答した後、レッスン全体のレビューを講師から聞き、今後のプランについて話をしているとレッスン終了時間となりました。

補足情報として、レッスン中はログイン中ホームページ上のチャットボックスを使用してやり取りを行いました。

このチャットボックスでは、自己紹介時の趣味の詳細、発音の仕方や聞き取りにくい単語、間違えの訂正などを講師の方が書いたり、自分がメモや相手に伝える際に使うことができ、レッスンに役立つツールとなっています。

また、このチャット履歴はレッスン終了後にも確認できるので、復習に役立たせられます。

無料体験レッスンを受けて感じたこと

ELTOの教材は動画付き教材となっており、事前に教材に目を通しておけば発音も含めて完璧な状態へ予習することが可能です。

そのため、予習をしっかりしておけば、レッスン中はもっと掘り下げた質問をしたり、細かな内容に焦点をあててレッスンを行うことも可能ですので、やり方次第ではレッスンの質を上げられることでしょう。

用意されている教材は本格的な動画教材ですが、レッスン中は本動画の絵とその絵についての会話文章や質問文章を使用して進めるため、動画はあまり意味を発しない様に感じられます。

動画教材の効力としてはあくまで、予習復習時に発音練習や意味調査などに使用する範囲でしょうか。

担当した講師については、多岐に渡る趣味を持っているフィリピン人の講師が担当となり、レッスン以外にも話をたくさんすることができたため、非常に楽しむことができました。

どういう理由で英語、英会話を勉強するかによって教材の使い方や習うコースが大きく変わるとは思いますが、海外映画や海外ドラマが好きで英語を趣味の一部として考えられる方にとってはより楽しみながら英語力がアップできる教材が揃っているのではという印象を受けました。

有料プランはどのような区分けになっている?

有料プラン非常にシンプルなものとなっています。

現在確認できる範囲としては、「一か月更新会員」として税込価格7,000円(30日自動更新)のプランのみが存在します。

支払い方法としては、クレジットカード払い、銀行振り込みの二択から選択が可能です。

1レッスンあたり233円程となっており、料金は安く、様々にプランが用意されている他社プランのものと比べると、ごちゃごちゃしておらず、シンプルで良いですね。

予約やキャンセルはどのようになっている?

予約については、レッスン開始3時間前までに予約を入れられれば、予約が取れないということは無い様です。

また、講師選択も特になく、自動割り振りでしたので、簡単な操作で予約が取れます。

レッスンキャンセルについてはレッスン開始の3時間前まで可能となっていますので、計画的なレッスン予約を心がけた方が良いでしょう。

レッスン開始の3時間前を過ぎてしまった場合、キャンセルすることはできず、チケットは消費されてしまうので注意が必要です。

レッスン時間は月曜日~土曜日:14時~23時55分、日曜日:17時~23時55分となっています。

レッスンができない日(休講日)として、フィリピンの祝日はオンライン英会話レッスンがお休みになるので、ホームページの休講日カレンダーを確認しておきましょう。

レッスン内容/教材にはどのようなものがある?

準備されている内容/教材としては以下のものがあります。

・英会話基礎(英会話入門、英会話初級)

・医学英語アカデミー(医療英会話基礎、看護英語初級、薬剤師英語初級、消化器科中級、循環器科中級、整形外科中級、呼吸器科中級、医学学会英語、薬剤師英語中級、消化器科2上級、循環器科2上級、整形外科2上級)

・英語資格対策(TOEIC 600点初級、TOEIC 730点中級、TOEFLスピーキング中級)

・トラベル英会話(旅行英会話1初級、旅行英会話2中級)

・海外留学準備コース(海外留学英会話1初級、海外留学英会話2中級)

・ホスピタリティー(ホテル業初級、レストラン業初級、タクシー業初級)

・ビジネス英会話(ビジネス英会話1中級、ビジネス英会話2中級)

・プレミアムビジネスコース(電話対応編中級、対面対応編中級、ミーティング編中級、Eメール編中級、文書編中級)

・会計(ビジネス英会話会計コース中級)

・ディスカッション(アートとエンタテイメント中級、科学とテクノロジー中級、健康とライフスタイル中級、スポーツとレジャー中級、社会経済中級)

ビジネスパーソンを想定したバリエーション豊かな教材が多数用意されています。

これだけ専門分野も充実しているのは嬉しいことですね。

全体を通して

ELTOの英会話はビジネスマンを対象としており、ビジネスに纏わる教材を本格的な動画付きで用意しているところが大きな特徴です。

他社オンライン英会話では、講師についてやホームページの作りについてサービス向上に力を入れているところが多く見受けられますが、ELTOは教材に特徴を持たせることで対象となるレッスン自体を楽しくしていこうという姿勢が見られます。

実際に動画を見てみると、映画の1シーンを観ている様な気分になります。

これまで、様々なオンライン英会話に挑戦してきましたが、多くの講師が言っていたこととして、楽しめなければ英語は身につきにくいと言っていました。

海外映画や海外ドラマは誰でも一度は観たことがあると思いますが多くの人はそうした映画やドラマが好きだと思います。

ELTOの教材を使うことで、各シーン毎に役者になりきり、英語のフレーズを楽しんで覚えることを繰り返していけば、より実りのある英語学習スタイルが構築できるのではないでしょうか。