スポンサードリンク




インターネットの発達と英会話学習需要の相乗効果で、
安価で気軽に学べるオンライン英会話が花盛りですね。

学校の数も多く、どこを選べばいいのか迷いますね。
授業の内容、先生の質、学習方法などなど、
学習者の希望や目的で、決め方は色々ありますね。

 

タイゾータイゾー

今回は、オンライン英会話のイングリッシュベルとベストティーチャーの違いを見てみましょう。

イングリッシュベルの詳細情報を見てみよう

まず、イングリッシュベルの歴史です。
イングリッシュベルは2008年にスタートしたオンライン英会話学校です。
オンライン英会話学校としては唯一、DMEメソッドを導入している学校です。
DMEメソッドについては後ほどご説明します。
在籍する先生は100人以上で、全員がフィリピン国籍です。

他の学校にあるように自宅などで教えるのではなく、専用のオフィスに勤務して教えています。

では、その特徴を見て行きましょう。

イングリッシュベルの特徴は?

冒頭で少々ふれましたが、イングリッシュベルの最大の特徴は、DMEメソッドです。
このメソッドの原型は、1800年代に作られ発展したダイレクトメソッドです。
このダイレクトメソッドを有名にしたのは、世界的に有名な学校、ベルリッツです。
そして1960年代にイタリアのベルリッツに勤務していたカラン氏が、イタリア人学習者のために、

カランメソッドを考案しました。
カランメソッドは、先生の質問に受講生はフルセンテンスで答え、反復練習を行うものです。

このカランメソッドの文章、文法、語彙などを現代版に新しくしたものが、DMEメソッドです。(DME=Direct Method for English)

このDMEメソッドで学べば通常の4倍の速さで英語を身につけることができると言われています。

講師はどうなの?

イングリッシュベルの講師は全員フィリピン人です。
この業界では初めて、国際規格ISO9001の品質基準による講師と内容の品質管理をしています。
採用には一定条件があり、教師経験や知識はもちろんのこと、親しみやすさも重要視しています。
公式サイトには顔写真つきの自己紹介があります。のぞいてみてください。
また、毎週一回、人気講師のランキングが発表されます。

料金体系は?

イングリッシュベルの1回のレッスンは25分です。
これを何回やるかで、一ヶ月の料金が決まります。
下記が、そのパターンです。
3,900円(月5回)、1レッスン当たり、780円
6,400円(月10回)、1レッスン当たり、640円
9,800円(月20回)、1レッスン当たり、490円
15,400円(月40回)、1レッスン当たり、385円
17,940円(月40回・24時間いつでも)、1レッスン当たり、447円

カリキュラム内容は?

レッスンは6つのパートから構成されています。

スピーキング&リスニング:前述の通り、講師の質問に答える反復練習です。
レビュー(復習):前回の復習を行います。適宜復習があり、総復習もあります。
グラマーエクササイズ:3つから5つの文法演習です。講師の指示に従い答えます。
コミュニケーションエクササイズ:受講生が講師に質問する練習があります。
リーディング&ディクテーション:リーディングは発音チェック、ディクテーションは、

リスニング強化と正しいスペリングのための練習です。

EXAM(テスト):レッスンで学んだ表現、単語や文法、ディクテーションがあります。

クラスの種類は目的別、レベル別に分かれています。初心者から上級者まで、幅広く対応しています。

以下が、詳細です。

スタンダードなDMEは、Book 1からBook 9から構成されています。
次のようなレベル設定になっています。

Book 1からBook3は子供から初級者レベル
Book 4 & 5はTOEICでは550点前後から700点台
Book 6はTOEICでは800点台
Book 7から9はTOEICでは900点台

また、DMEでも、特定の受講生や目的に絞ったクラスがあります。

DME Teens: 10代の子供のためのクラスです。
DME Kids:小学校高学年以降の対象です。レベルによっては大人も受講可能です。
DME Elementary: Kidsクラスよりも小さい子供が対象です。
DME Advanced:上述のBook 6まで終了した方向けの特別上級クラスです。
DME Business:ビジネスに特化した内容です。販売、マーケティング、生産、交渉など様々な場面を学べる内容です。
DME Get down to Business:ケーススタディを取り入れた、ビジネス英会話の最新クラスです。

 

タイゾータイゾー

DMEメソッドを取り入れている点や、目的別のクラスが充実しているのが特徴ですね。

 

>>イングリッシュベルを試してみる

イングリッシュベルはこんな人におススメ

いかがでしょうか。初心者に優しい感じがしませんか?
また、上級者になればビジネス英会話も学べます。
先生の質が管理され、教授方法が統一されている。
レベルが区分けされ、目的に合ったレベルを選べる。

英会話初心者にとって、敷居が低く、気軽に学べそうですね。
あとは、あなたの目的とやる気、良い先生との出会いではないでしょうか

 

まずは無料体験レッスンで、ご自分のレベルチェックを行い、レッスンを体験してみましょう。

 

タイゾータイゾー

初心者にも優しく、中上級者にも学びやすい環境が整っています。

 

>>イングリッシュベルはこちら

ベストティーチャーの詳細情報を見てみよう

ベストティーチャーは、2011年11月に東京渋谷に設立されました。
英会話だけでなく、書く、つまりWritingも同時に学ぶというユニークな学習方法
を展開しています。
また、TOEFL iBT、IELTS、英検、GTECなどの試験対策も行っています。
講師は50カ国以上に在住、ネイティブもいればそうではない講師もいるとの事です。

 

ベストティーチャーの特徴は

書けないことは話せない、話す前に書く、という理念を持った運営をしています。
受講生は、1000以上のトピックから自分が話したい内容を、まず書き、講師が添削、

それを基に講師と会話練習をします。

これがベストティーチャーの最大の特徴です。
他のオンライン英会話学校とはまったく違いますね。
これ以外に、前述のように、試験対策講座もあります。

講師はどうなの

一言で表すと、ベストティーチャーの講師は、多彩、ということでしょう。
英語圏だけでなく、アジアやヨーロッパ圏の講師を採用しています。

この理由として、現実の世界では、きれいに録音されたような英語ばかりではない。

訛りもアクセントもない、CD教材のような英語を話す人の方が少数だから、というものです。

確かに、日本語でも同じことは言えますね。

発音だけでなく、出身地、経験、経歴が違えば、考え方や価値観も違います。

英語圏だけが世界ではない、ということですね。様々な講師と触れ合うことで、

様々な英語や考え方にも出会える、ということです。

講師の採用にはいくつかのプロセスがあります。

・書類審査
・英語能力審査
・面接模擬レッスン
・事前研修

この4段階を通過した講師が正式採用されます。
学校の方針として、ライティングを前面で出している段階で、

英文添削ができ、その内容を説明できる講師でなければいけません。
単に英語を話す外国人では、不十分ということです。

料金体系は?

通常会話コース:12,000円/月
試験対策コース:16,200円/月/各試験
(TOEFL iBT、IELTS、TOEIC SW、TEAP、GTEC CBT)
英検対策コース:16,200円/月/各級
(一級、準一級、二級、準二級、三級)

3つの料金体系だけですから、とてもシンプルですね。

カリキュラム内容は?

コースは全部で7つです。
通常会話コース:日常英会話とビジネス英会話が学べます。
1,000以上の様々な場面の中から選んでレッスンを受講します。
レッスンは次のように行われます。
話したい内容を英語で書く→講師が添削(PDFをダウンロードできる)

→添削された内容を読み、機械音の英語でリスニング練習→英文を基に、Skypeで講師と会話練習。

各種試験対策コースそれぞれの試験の対策問題テキストを使い解答練習と、通常会話コースを組み合わせた内容です。

 

タイゾータイゾー

教材を講師と生徒が作り上げる点やオリジナル音源、豊富な試験対策が特徴的ですね。

 

>>ベストティーチャーを試してみる

ベストティーチャーはこんな人におススメ

ご覧いただいたように、他の学校と比べまったく違うコンセプトで運営しています。
ライティングから始めて会話に進むという、他校と比べると特殊なレッスンです。

初心者には向いていないかもしれませんね。

ある程度英語を書ける、添削された内容を理解できるという力が必要ですね。
書くことが好きで、目的がはっきりある人、
英文メール力が必要なビジネスパーソンには、もってこいですね。

試験対策コースは、就職や留学を目的とした人向けですね。
英検コースは3級以上を目指す方におススメですね。

 

タイゾータイゾー

試験対策コースでも、通常会話コースとの組み合わせですから、興味深いですね。

 

>>ベストティーチャーはこちら

両者の評判はどうだろう?

まったく違うイングリッシュベルと、ベストティーチャーです。
両者を同じ土俵で比較することは意味がないようです。
それぞれ別々に見てみましょう。

イングリッシュベルの評判は?

好評:
DMEメソッドで一貫性のあるレッスンが受けられる。
講師が一つのオフィスで教え、通信環境が良く、質の良い音声と画質が確保されている。
15以上のレッスンがあり、どんな英語レベルの人にも対応できる。
・値段は高めだが、24時間いつでもレッスンを受けられる。

不評:
・訓練された講師と言われていますが、訛りのある講師もいる。
・DMEメソッドはナチュラルなスピードで教えるので、ついていけない。
人気講師は予約がすぐに埋まってしまう。

レベルも細かく区切られているので、選びやすいようです。初心者にはうれしい部分かもしれません
不評にあるように、講師選びが重要ですね。まずは自分に合った講師を見つけることが大切のようです。

 

タイゾータイゾー

通信環境が整い、DMEメソッドという統一感が魅力のようですね

 

>>イングリッシュベル公式サイトはこちら

ベストティーチャーの評判は?

好評:
書く、添削というプロセスがあるので、自分の英語の間違いや直し方が明確で、語彙や文法力も的確に身につきます。
・色々な国の講師とのやり取りで、生きた国際的な話題について意見交換ができます。
・一人ではなかなかできないライティングが習慣化され、役に立っています。
・他の学校では、作られた英語の練習で身につきませんでしたが、ベストティーチャーでは、

自分の言いたいことを書き、話すので即効性があります。

・システムに復習機能があるので、効率的に学べます。

不評:
・添削された英語が戻ってくるまで時間がかかることがある。
不評といえるかどうか微妙ですが。

ベストティーチャーの評判は上々のようですね。

 

タイゾータイゾー

添削の速さや、講師の質の高さは特に評判が高いようです。

 

>>ベストティーチャーの公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしょうか。

イングリッシュベル、ベストティーチャー、まったく違うコンセプトで、
学習対象者も違い、カリキュラム内容も違います。
先生も違います。

どちらが良い、悪いということではなく、学習者の目的やレベルに照らし合わせて、

適切な選択をする、ということですね。

1つ明確なのは、ベストティーチャーは、ある程度の英語力、できれば中級レベルの力がある、

ビジネスや留学などの明確な目的がある人向けということですね。

 

タイゾータイゾー

いずれの学校も無料体験レッスンがありますから、まずは、体験してみましょう!Good Luck!

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら