価格.comでも人気上位にくるオンライン英会話サービスのKimini英会話。

無料体験レッスンを受講して合わなかった場合や時間が忙しくなってレッスンを辞めたい場合、どのようにすれば休会・退会ができるのでしょうか。

今回はKimini英会話の休会・退会方法について紹介します。

休会や退会の方法は?

休会と退会の違い

オンライン英会話サービスによってシステムが異なるのが、休会と退会ですね。中には、休会と退会の区別があいまいなオンライン英会話サービスもあります。ではKimini英会話の場合はどのようなシステムになっているのでしょうか。

結論から言うと、休会と退会とが別々に設けられています。

休会というのは、レッスンの再開を見込んで一時的にレッスンを中断することですね。
個人情報は残されていますが、ログインして進捗状況を確認することができます。

それに対して退会というのは、作成したアカウントを削除してしまうことです。
クレジットカードの登録情報といった残したくない個人情報が消えるというメリットもあります。

しかしログインできないのはもちろんのことレッスンの進捗状況なども抹消されますので、再開するときは一からアカウントを作り直す必要があります。

再開する予定が少しでもある場合、あるいは自分がレッスンした内容や講師の評価・チャット内容など保存しておきたい場合は休会しておいたほうが無難でしょう。

 

スポンサードリンク




 

休会の方法について

Kimini英会話は休会の方法を3つ用意しています。

メールでの連絡

support@glats.co.jp宛に休会する旨のメールを送るだけです。
Kimini英会話のスタッフとのやり取りが保存されるというメリットがある反面、メールでの連絡だと返事に1営業日かかります。

LINEでの連絡

LINEでコンタクトを取って休会できるというのは、Kimini英会話独特の方法でしょう。
LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]で次のページにあるQRコードを読み取ります。
https://line.me/R/ti/p/%40bge8407i

いったん友だちとして追加されれば、あとはチャット画面から休会の旨を伝えるだけですね。

スタッフとのやり取りが保存されるというメリットはあります。
しかしLINEを使わない人にとってハードルが高いこと、平日11:00~20:00しか連絡を取れないという側面があります。

チャットでの連絡

お問い合わせのページ内のチャットボックスから休会の旨を伝える方法もあります。

LINEと同じく平日11:00~20:00しか連絡を取れないこと、スタッフとのやり取りが保存されないというデメリットも多い方法です。

半面、ブラウザさえあれば手っ取り早く連絡できるというメリットもあります。

 

スポンサードリンク




 

退会の方法について

退会の方法も休会の場合とほとんど変わりません。

メールでの連絡

support@glats.co.jp宛に休会する旨のメールを送るだけです。
Kimini英会話のスタッフとのやり取りが保存されるというメリットがある反面、メールでの連絡だと返事に1営業日かかります。

決済日直前でのメール連絡は避けたほうがいいでしょう。

LINEでの連絡

LINEアプリを起動して[その他]タブの[友だち追加]で次のページにあるQRコードを読み取ります。
https://line.me/R/ti/p/%40bge8407i

いったん友だちとして追加されれば、あとはチャット画面から退会の旨を伝えるだけですね。
平日11:00~20:00しか連絡を取れない点だけ注意しましょう。

チャットでの連絡

お問い合わせのページ内のチャットボックスから休会の旨を伝える方法もあります。
LINEと同じく平日11:00~20:00しか連絡を取れませんので注意してください。

解約のページから退会

休会の方法と唯一違うのが、Kimini英会話のページから退会できることですね。
ログインした状態「退会する」のページへ行きます。
「退会する」のページは、「よくある質問」からリンクをたどって移動できます。

つぎに「承諾する」をクリックします。

アンケートがありますので記入し終わったあと、下までスクロールします。
すると「退会する」のボタンがありますので、クリックしましょう。

以上で終わりです。

アカウントが消去されると、仮にレッスン予定日が残っていても一切レッスンを受けることはできません。
注意したいですね。

 

スポンサードリンク




 

退会・休会での注意点

退会申請日

引き落とされる予定日の3営業日前までに、退会申請を行わなければいけません。
注意しておきたいのがクレジットカードから受講料が引き落とされる日ですね。

基本的には最初に申し込んだ日が決済日になります。
3月30日に申し込んだならば、次の月の決済日は4月30日です。

ただし31日に申し込んだ場合には、注意が必要です。
どの月も31日があるわけではありませんからね。

3月30日に申し込んだならば、次の月の決済日(5月分)は5月1日になります。
その次の月(6月分)の決済日は5月31日ですね。

ややこしいので、注意しましょう。

返金対応はあるの?

月会費プランと年会費プランの場合で状況が違います。

月会費プランの場合、いっさいの返金には応じられません。
決済日の3営業日前までに退会しないと、翌月もクレジットカードから引き落とされる点については注意しましょう。

また連絡には時間がかかることも考慮に入れておく必要があります。

メールでの退会の場合返事に1営業日かかりますし、LINEやチャットでの連絡も平日の11:00~20:00しか対応していません。

緊急の場合は、「退会する」のページから退会することをおススメします。

 

年会費プランの場合、残りの月数分の70%だけ返金に応じられます。
つまり
(年会費÷12)×残りの月数×70%
が返金されるのですね。

日割り計算には応じていませんので注意してください。

まとめ

いかがでしたか。

Kimini英会話の場合、いったん退会してしまうと受講予定のレッスンが残っていてもいっさい受けられません。
もし再開する予定があるのでしたら、休会を行なうことをおススメします。
個人情報は残るものの、これまでの進捗状況が残るというのはレッスンを復習するうえで重要なことでしょう。

「英語力を上達するためにはどうすればいいのか」を第一に考えて、退会・休会を決めたいですね。

 

スポンサードリンク