ラングリッチ

ラングリッチは、2010年7月に設立されたオンライン英会話スクールで、Skypeを使ったレッスンを提供しています。日本では大手オンライン英会話サービスと言われているようです。そのラングリッチの無料体験レッスンを受けてみました。

今回は、無料体験レッスンを受けて分かった点・良かった点について、レビューしたいと思います。

二つのプラン

ラングリッチには2つのプランがあります。

1レッスンは25分。リッチプランだと月額¥6,000なので、一か月30日で一日当たり1レッスンは¥200の計算になります。

Wリッチプランだと、1日当たり約¥333で、1レッスンあたり約¥166になります。

安いですね!でもコストパフフォーマンスは良いのでしょうか?

Skypeさえあれば、PC、スマホ、タブレットとともにヘッドセットをつけることで、いつでもレッスンの受講が可能です。

フィリピン人講師とのマンツーマンレッスンで、レベルに合わせた豊富な教材と、会話やディスカッション、資格取得など様々な方向性からアプローチするレッスンは魅力的です。

予約完了メールにあった通り、10分前にSkypeを立ち上げて待っていました。

2分前にコンタクトリクエストが届き、軽く自己紹介から始まりました。
画質・音声ともに非常にクリア。

専用のオフィスからのレッスンだそうですが、画面に映るオフィス(ブースのようでした)は、オフィスというよりも海外の小学校のような雰囲気

レッスン中音声も画質も乱れることなくスムーズに進みました。

ヘッドフォンがいると書いてありましたが、自室のタブレットで受講した私には必要ありませんでした。

 

⇒ラングリッチの無料体験レッスンはこちら

 

いざ無料体験レッスン!

講師の方は若くて笑顔のかわいい明るい女性です。

他にもいくつか体験レッスンを受けましたが、一番朗らかで楽しい方でした。

やはり少しフィリピンのアクセントはあるものの、フリートークですかさず単語を修正してくださり、またたくさん質問をしてくださって、まるで本当に友達と話しているようで、あっという間に25分が過ぎました。

日本人スタッフによるカウンセリングがないため、講師の先生とモニター越しにお会いするまでは、入力とクリックで物事が進みます。

そのせいか、無料体験中に、英語でラングリッチを申し込んだきっかけ、私の英語の学習経験、なにを学びたいか、質問はないかと会話の中で英語で聞かれました。

私は英語は話すので答えましたが、全くの初心者さんだとどうするんだろう、特にレッスン後にフィードバックもなかったので、自分で思うことがあれば問合せフォームで送信するのかな、とふと思いました。

私は英語は話せますが、話す機会がなく自分の英語力が化石化していると感じていますので、フリートークでお願いしました。

別のスクールでも基本フリートークで体験を受けたことがありますが、質問があったり、教材を講師の方から提示されたりしましたが、一度「なにを今日はしたい?」ときかれたものの、私が首をかしげているとそのままフリートークで終わりました。

私ほど話せる人であれば、英語のブラッシュアップに良いかもしれませんが、右も左も分からない方であれば、なにをお願いすればいいのかわからないだろうなというのが、正直な感想です。

体験レッスンを受けてみて

(受講後のMy Page。レッスン回数、時間、覚書をするフォーム、教わった講師が表示されます)

他の講師のレッスンを受けていないので何とも言えませんが、学生や、主婦、ビジネスマンでがっつり英会話力を磨きたい人には良いのかもしれないなと思いました。

私のように何十年も前とはいえ、IELTSも必要なスコアを取得した上で学部留学して帰国し、忘れないために英会話をしたいという人には、講師の英語力と自分の英語力が同じか、もしかすると下の可能性があります。

事前のカウンセリングもなく、教材を選べるのは周知していましたが、せっかく体系だったカリキュラムがあるのだから、フリートークでレベルチェックをして、フィードバックが欲しかったなと感じました。

 

有料のレッスンを安心して受講できそう?

毎日オンラインが可能で、毎日レッスンを受けることができるモチベーションと、時間がある方にはとてもお得なスクールだと思います。

しかし忙しくて毎日は無理だと言うサラリーマンの方だと、通信障害以外の振り替えが聞かないので、結局未消化のまま終わる危険性もあります。

入会金や事務手数料、テキスト代は不要で、純粋にレッスン代になりますが、別途動画でもレッスンも有料であります。

講師自宅ではなくオフィスからのレッスンですので、洪水や台風などの影響は受けにくいようになっていますが、万が一の通信障害の時には、不成立ボタンはレッスン開始10分後から30分後の20分間まで、マイページの「レッスン予約情報」の欄に表示されます。

 

⇒ラングリッチを見に行く

 

予約は大丈夫?

講師はたくさんいるようです。

担任制ではなく、希望する時間に予約が可能な講師をえらぶことになります。

私の体験は朝8時半で前日の午後に申し込みました。

夕方に予約状況をみてみたころ、その日の夕方に予約可能な講師は3名でした。

講師別に埋まり具合が見えないため、人気具合が分からず、予約が取りやすいのか取りにくいのかは判断が難しいです。

キャンセルは、ペナルティはありませんが、振り替えも繰り越しもできないので注意が必要です。

レッスンに柔軟性はある?

担任制でもなく人気具合もわからないので、プロフィールだけで予約するのであれば予約は取れないことはなさそうです。

生徒ひとりひとりにカスタマイズされたレッスンはできませんが、チャットボックスでライティング指導など内容に柔軟性はありそうです。

今日はTEDでディスカッションがしたいとか、今日は教材で学びたいなどできそうで、プラン間の変更も、問合せメールで可能です。

講師の質は大丈夫か?

採用前のプロセス、トレーニング、研修後のトレーニングがあると謳われています。

一度だけの体験レッスンでは何とも言えませんが、同じような大卒でネイティブではない方からオンラインでレッスンを受けたことがある私には、自分の語学力とさほど変わらないように感じました。

英語力と、教える能力は違いますから、学生やビジネスマンには良いのかもしれません。

料金に見合ってる?

入学金、教材費が不要、で、ダブルリッチプランだと更にやすくなり、また、ラングリッチの強みである動画も満載のホームページを鑑みれば、安いと感じました。

画質も音声もテクニカルサポートもしっかりしているようです。

早朝から深夜までずっとやっていること、無料学習教材などうまく使いこなせる向上心のある方にはお勧めです。

まとめ

ラングリッチの無料体験レッスンを受けてみて、「毎日続けることができる人ならこの料金は安い」という印象をもちました。

テクニカルサポート、日本人スタッフはいませんが、ホームページがすっきりとまとまっているので、パソコンが得意でない方々でもそこまでハードルは高くはないのではないかと思います。

今回の無料体験レッスンのクオリティは、賛否両論分かれるところだと思います。

これは今回の講師の質や、提示されているレッスン内容や教材というより、ライフスタイルによっては毎日が難しい人には不向きだと思えたからです。

 

⇒ラングリッチの申し込み方法を見に行く