こんにちは!

オンライン英会話学校は
100校を超えると言われています。
その中で、それぞれ他の学校と差別化を図ろうとしています。

レッスン料金でも、それぞれが工夫を凝らしているようです。

今回は、ポイント制というユニークなシステムを導入している
QQEnglishの料金が高い!
という噂が本当なのか、
探ってみましょう。

QQEnglishも含め、5つの学校の料金を見ていきましょう。

レアジョブ

業界でも大手のレアジョブさんは、次のような基本料金体系です。
【日常英会話コース】
・毎日25分プラン:6264円(税込)
・毎日50分プラン:10476円(税込)
・毎日100分プラン:17280円(税込)
・月8回プラン:4536円(税込)

【ビジネス英会話コース】(※)
・毎日25分プラン:10584円(税込)

【TOEIC対策コース】
・毎日25分プラン:7322円(税込)
・毎日50分プラン:11534円(税込)
・毎日100分プラン:18338円(税込)
・月8回プラン:5594円(税込)

レアジョブが公表している講師数は4、000名です。(2018年4月現在)
全員がフィリピン国籍です。採用率は1%ということです。かなり厳しい採用基準ということでしょうか。

レアジョブでは、先生の検索ができます。次の15項目での検索ができます。
講師歴、予約状況、年齢、性別、趣味など、全部で13種類の条件検索と、フリーワード検索ができます。

ボストン倶楽部

公式サイトの料金ページには、次のように記載されています。

「レッスン前にマイページで、ポイントを購入します。
1ポイントは972円(消費税込)で、30分(25分講義、5分予備)のレッスンを1回受けることができます。」

1ポイントが972円とありますが、1ポイントから購入できるわけではありません。
最低4ポイントを購入しないといけません。

ポイントの購入単位は次の5種類です。

4ポイント:3,888円(税込)
8ポイント:7,776円(税込)
16ポイント:15,552円(税込)
24ポイント:23,328円(税込)
32ポイント:31,104円(税込)

上記ポイント費用以外に、なんと、月会費なるものがあります。
他の学校では、月会費は見たことはないです。
月会費は、3,240円を、毎月支払う義務があります。
ですから、最低購入ポイントの4ポイント、3,888円と月会費で、合計7,128円ということになります。
公式サイトの最初に、大きく、定額コース生徒募集中とあります。
上記のポイント制コース以外に定額コースを始めたようですね。
定額コース:9,612円
毎月10レッスンで、1回あたり25分です。
こちらは、月会費の記載はありません。
ですから、税込みで、25分当たり960円ほどです。
1ポイントの972円より若干お安いです。

同様に最初のページに、ボストン倶楽部の特徴の一つとして、
「4人までは、月会費が一人分でOK、共有ポイント制」と記載があります。
どういうこと?
よく読んでみると、家族や同僚4人で、4ポイントを1ポイントずつ分け合うことができるということですね。
共有できるということで、決して「制」ではないですね。

なぜ、最低購入ポイントが4ポイントなのか疑問だったのですが、この「共有ポイント制」を読んで、なるほど。
一人の最低購入ポイントが1ポイントでなく、4ポイントの意味が理解できました。

つまり、お一人様が購入する最低ポイントは4ポイントです。
ですから、4ポイントが一人分という定義で、4名でも一人分!
という解釈ですね。
なかなか、よく考えられた料金システムですね。

ボストン倶楽部の講師は全て欧米人のネイティブです。この業界では珍しいです。
公式サイトの講師紹介ページには
のべ45人の先生の顔写真と経歴、専門、居住地などが紹介されています。
担当時間帯が割り振られており、複数の時間帯を担当する先生もいるようです。
日本在住で、日本語ができる先生もいるようです。

イングリッシュベル

イングリッシュベルの1回のレッスンは25分です。
これを何回やるかで、一ヶ月の料金が決まります。

下記が、そのパターンです。
• 3,900円(月5回)、1レッスン当たり、780円
• 6,400円(月10回)、1レッスン当たり、640円
• 9,800円(月20回)、1レッスン当たり、490円
• 15,400円(月40回)、1レッスン当たり、385円
• 17,940円(月40回・24時間いつでも)、1レッスン当たり、447円

イングリッシュベルは2008年にスタートしたオンライン英会話学校です。
オンライン英会話学校としては唯一、DMEメソッドを導入している学校です。
在籍する先生は100人以上で、全員がフィリピン国籍です。他の学校にあるように自宅などで教えるのではなく、専用のオフィスに勤務して教えています。

この業界では初めて、国際規格ISO9001の品質基準による講師と内容の品質管理をしています。
公式サイトには顔写真つきの自己紹介があります。のぞいてみてください。
また、毎週一回、人気講師のランキングが発表されます。

イングリッシュセントラル

動画と会話レッスンを組み合わせた体系です。
【レッスンと料金】
1レッスン25分

・無料プラン:体験レッスン1回、動画学習2回(観るのは無制限、学ぶと話すが2回まで)

・プレミアム:動画学習無制限、1レッスン5動画、契約方法によって1ヶ月1,917円から。

・リッチ:動画学習無制限、1日1レッスン、契約方法によって1ヶ月4,534円から

・Wリッチ:動画学習無制限、1日2レッスン、契約方法によって1ヶ月7,569円から

・プラチナ:動画学習無制限、レッスン無制限、契約方法によって1ヶ月9,584円から

・講師:講師はフィリピン国籍の先生です。ウェブの講師紹介では写真と経歴を見ることができます。200名以上紹介されています。

QQEnglish

1回25分が基本です。次の2つのプランがあります。

【月会費プラン:税込 3,980 円】
・月4回~8回受講・予約可能
・毎月400ポイントを1ヶ月(お支払い日から翌月お支払い日の前日まで)自由に利用可
・400ポイントの有効期限は1ヶ月
・ポイントを使用して、1ヶ月先までのスケジュール内で自由に予約可能
・翌日以降の事前予約は1日に3コマまでの制限があり、当日の予約は無制限となります。

【毎日プラン】
・毎日25分 :税込6,242円
・毎日50分:税込10,454円
・毎日100分:税込17,064円

QQ Englishは、教師によってレッスンポイントが異なり、下記の3ポイントレベルの講師が在籍しています。

・50ポイント教師:一般的な教師で、大半の講師がこのポイントです。
・75ポイント教師:受講生から好評の、一部の教師です。 予約が難しいと言われています。
・100ポイント教師:講師を監督、指導する立場の、ヘッドティーチャー、つまりベテラン講師です。レッスンを担当するのは不定期です。

全員が正規に雇用されたフィリピン人講師です。
採用後は、講師全員が、ケンブリッジ大学のMBAで指導している教師や専門の教師による指導トレーニングを受けます。
また、プロの講師として、講師全員が、外国人に英語を教える国際資格であるTESOLを取得します。

まとめ

いかがですか。
一番基本的なところで、5社を見てみましょう。

・レアジョブ:毎日25分プラン:6264円(税込)

・ボストン倶楽部:4ポイント:3,888円(税込)+月会費は、3,240円、1ポイントは972円(消費税込)で、30分(25分講義、5分予備)のレッスンを1回

・イングリッシュベル:3,900円(月5回)、25分/1レッスン当たり、780円

・イングリッシュセントラル:1レッスン25分、動画学習無制限、1レッスン5動画、契約方法によって1ヶ月1,917円から。

・QQEnglish:1回25分、月会費プラン:税込 3,980 円、月4回~8回受講、毎月400ポイントを1ヶ月利用。講師はポイント制。

1回あたりのレッスンが25分というのがこの業界のスタンダードですね。
これ以外は、前述のように、各社違った体系を導入しています。
通常の料金制もあれば、ポイント制もあります。
単純な比較はできません。

時間単価という計算で安さをアピールしている学校もありますが、正直、意味のない数字です。

体系が違うのですから、導き出される数字を同じ土俵で比較することができません。

講師の質と、カリキュラム内容、皆さんの目的を加味し、判断するしかありませんね。

各社、無料レッスンがあります。ご自分の目的を吟味して、良くチェックしてくださいね。

Good Luck!