スポンサードリンク




今やオンライン英会話は英語を学ぶためのも最も人気のツールと言っていいかもしれませんね。

私も、いつでもレッスンできるという気軽さがありながら、しっかりと力もつけられるオンライン英会話に出会えて本当に良かったと思っています。

これから始めようと思っている方は、まず学校選びからということになると思いますが、有名どころはまずチェックしておきたいところ。

産経オンラインDMM英会話、両社とも月額5,980円から英会話レッスンを提供している、有名なオンライン英会話です。

人気スクールを比較するとどちらが自分に合っているのか悩んでしまいますよね。

実は産経オンラインとDMM英会話は全く別物なのです。

今回は両社を実際に受講した方のレビューを通して、その違い、メリットを見ていきましょう。

 

タイゾータイゾー

ではまず、産経オンライン英会話のレッスンを受講した方のレビューから紹介します。

産経オンラインを受けたレビュー結果

週末限定で受けられるコースが社会人にとっては便利です。 オリジナル教材に関しては質が高いとは言えませんが、特筆すべきは教材にダウンロード音声が付いていることです。

ビジネス英会話目的で受講している方は、教材のダウンロード音声が役に立っているようですね。

予習・復習は英語学習の効果を大きく高めます。

会社の通勤時間や空き時間を利用して音声を聞くと、ヒアリング力がどんどん鍛えられていきますよ。

これは忙しい社会人にとってかなり有効だと私は感じました。

産経さんは講師の管理がゆきとどいている印象があります。分かりやすい料金体系で、選びやすいテキストがあり、講師もみなさん親切で気持ちよく受けられるので、受講するのが毎日の楽しみになりました。

料金体系やテキスト選びがわかりやすい、というのは英会話初心者に嬉しいですね。

講師が親切なのもリラックスしてレッスンを受けれるポイントです。

英会話レッスンを初めて間もない頃は特に緊張しているので、緊張を解きほぐしてくれる配慮のある講師がオススメです。

受講のためのシステムはしっかりしており、会社としては安心できる。ただ、講師の質はパート感覚で雇われた主婦などで、スカイプの向こう側ではバイクの音や犬の声がして、生活感が満載であった。

たくさんの講師が在籍しており、質やレベルの差が生じています。

いろいろな講師陣の中から自分の望むレベルとマッチする、相性の良い講師を探す必要があります。

システムがしっかりとしているということと、クラスが選びやすいというのは、選ぶときの重要ポイントになると私は思います。

産経オンラインの良いところ

  • 料金体系がわかりやすい。週末毎日50分プラン(5,980円)もある。
  • テキストが選びやすい。音声ダウンロードがある。
  • 講師が親切。

私が感じた産経オンラインの良いところは、まず明朗な料金設定にあります。

初心者でも選びやすい料金コースに分かれていますよ。

週末毎日50分プランやテキストに音声ダウンロードがついている点は他の英会話スクールにないメリットですね。

これは是非利用したいと私も思いました。

親切な講師が揃っているのも、英語学習を楽しく続けていく上で重要です。

では次に、DMM英会話のレッスンを受講した方のレビューを見ていきましょう。

 

タイゾータイゾー

産経オンラインは大手の会社だけあって、信用できるシステムを提供しています。

 

>>産経オンラインはこちら

DMM英会話を受けたレビュー結果

値段が安く、先生もフレンドリーな方が多いです。先生の人数が多いので、自分の受けたい時間に予約が取れないということはまずありません。フィリピン人の先生以外でも、日本に住んでいるとなかなか会うことのないような国籍の先生と話せるので楽しいです。

世界105ヵ国の多国籍な講師陣が在籍しているのがDMM英会話の魅力の1つですよね

1つの国にとらわれず、インターナショナルな英語感覚が養われます。

私も講師の在籍数の多さに驚きました。

DMMでは無料の教材が提供されていて、ブラウザで見ることができるので、無駄な出費が有りません。有名な書籍の他、漫画や小説、雑談用のお題もあるので、自分に有った者が見つけられると思います。

無料の教材が充実している点は、英会話をこれから始めようと思っている人にも長く続けている人にもありがたいですよね。

真面目なテキストだけでなく漫画や小説もあるので、ビジネスから趣味に至るまで幅広く対応しています。

テキストのバラエティーさは英語を学んでいく上で重要と私も感じています。

その点安心して受講できます。

人気の講師は急に予約を入れようとしてもなかなか予約が取れません。自分の空き時間でレッスンを受けている私は、いつも同じ講師に担当してもらうのが難しいのが現状。そういった意味で講師との信頼関係が築きにくく、いつも新しい講師との会話に緊張してしまいます。

人気の先生のレッスンはみんな受講したいですよね。

人気の先生には予約が集中してしまうので、相性が合う講師に出会っても次回は別の講師、ということが起こります。

そこで私が提案するのが、一人の先生にこだわらず、お気に入りの講師が数名いると予約が取りやすくなるということ。

ある程度の人数のお気に入りの先生を見つけることで予約も取りやすく、そしてそれぞれの講師の個性を生かしたバラエティーに富んだレッスンを受けられるので私は断然オススメします。

DMM英会話のいいところ

  • 講師は世界105カ国から選択可能。ネイティブの講師と毎日話せるプラン(15,800円~)もある。
  • 全教材がすべて無料
  • 24時間、365日レッスン可能で月額5,980円~
DMM英会話のいいところは、まず世界105カ国の講師が在籍していることです。
この点はオンライン英会話でDMMが特出している点だと私は思います。
た7,657もある教材が全て無料ですので、学習を続けていく上でさまざまなアプローチができ、飽きることはありません。
24時間受講可能なので時間にとらわれず英語を学んでいけますね。

柔軟性もあるスクールだと私は思います。

タイゾータイゾー

DMM社と連動するポイントサービスもDMM英会話ならではのサービスです。

産経オンラインとDMM英会話どっちがいい?

産経オンラインとDMM英会話、それぞれの受講者からのレビューによって、2つに共通する点と違っている点、それぞれの個性がみえてきました。

両社とも月額5,980円(毎日25分1レッスン)を基本としていますので、違っている点にスポットを当てていきましょう。

産経オンラインを受けるべき人

週末限定でしっかり英会話を学びたいビジネスマン

産経オンラインの週末毎日50分プランは、平日授業を受ける時間が取れないビジネスマンにピッタリだと私は思います。

音声ダウンロードで通勤時間をヒアリング強化に当てれば、効率よく英語が身につきますね。

週末、平日、とメリハリのついた英語学習で働きながら継続していけます。

 

タイゾータイゾー

ビジネス英語は専任の講師のみが担当するという徹底ぶりです。

 

>>産経オンラインはこちら

DMM英会話を受けるべき人

ネイティブの英語にこだわって、ワンランク上の英語力を身に着けたい方

ネイティブの講師が数多く在籍しているDMM英会話。

プラスネイティブプランではネイティブのレッスンの予約が取りやすい、というメリットがあります。

しかも485円~という低価格で提供しており、リーズナブルにワンランク上の英語を身につけることができますよ。

ネイティブの講師で、というこだわりがある方に私はオススメします。

もちろんネイティブでなくても問題なくレッスンできますし、よりインターナショナルな気分を感じられると私は思っています。

 

タイゾータイゾー

ネイティブ講師には英語を母国語とする7ヶ国の講師が在籍しています。

 

>>DMM英会話はこちら

まとめ

いかがでしたでしょうか?

産経オンライン、DMM英会話、両社ともリーズナブルな価格で親切な講師陣が英会話レッスンを提供しています。

英会話スクール初心者の皆さんが戸惑ってしまうような、ずさんな管理体制ではありません。

産経オンラインはビジネスに、DMM英会話はネイティブに特化した英会話レッスンを提供しています。

まずは学習の目的をはっきりと決めて、どちらが自分の目的、ライフスタイルに合うのか?で選ぶことが重要だと私は思います。

そしてスクールの雰囲気、そして講師との相性というのも重要なポイント。

無料体験レッスンを通してみましょう。

まずはここからがスタートです。

 

タイゾータイゾー

両社とも無料体験レッスンできるので、まずは自分に合うか合わないか実際に受けてみましょう!

 

>>産経オンラインの公式サイトはこちら

 

>>DMM英会話の公式サイトはこちら

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら