スポンサードリンク




機会さえあれば英会話力をアップしたい…。

でも英会話は高いし時間もかかるし、大勢を前にするのも恥ずかしい…。

上記の様に英会話を行うことにブレーキがかかっている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでオンラインによる英会話をご紹介します。

オンライン英会話には以下の特徴があります。

 

・設定料金が安い

・PC又はスマホとインターネット環境があればどこでもできる

・自分の都合の良い時間に受講できる

・講師が合わないと感じる場合、気軽に変更できる

・1対1で行える

 

少し前と比べると今は英会話が気軽に行えるハードルはかなり下がった環境下にあると思います。

私は上記の特徴を活用し、これまでにいくつかのオンライン英会話を経験してきました。

その中でも今回は、「産経オンライン」による英会話レッスンについてご紹介したいと思います。

産経オンライン英会話の申し込み方法

事前準備

オンライン英会話を行うにあたり、無料通話が行える「スカイプ」が必要になります。スカイプをまだインストールされていらっしゃらない方は、事前にPCにインストール(※)しましょう。

後の申し込みの中でご自身の「スカイプ名」の登録が必要になりますので、スカイプ名を覚えておきましょう。

※PCでなく、スマートフォン等でもスカイプ利用は可能ですが、講師の方と英会話をする際、教材を中心にレッスンを進めることが多くあったり、自己紹介や単語のスペル間違いの指摘などにチャットボックスを使う機会が出てくるため、PCへのインストールを推奨します。

産経オンライン英会話への申し込み

まずは産経オンライン英会話の公式サイトにアクセスします。

 

⇒産経オンライン英会話の公式サイトはこちら

 

ページを開くと以下の画面になります。

ページ右上にある「無料体験登録」をクリックしましょう。

 

以下のページが開くので、必要事項を入力して会員登録を行いましょう。

登録過程の中でプロフィール情報を入力する項目があり、ご自身の英語レベルに合わせて設定ができるので安心です。

一通りの登録が終わりますと、無料レッスン予約が可能になります。

 

私が産経オンライン英会話を選んだわけ

ホームページの作り

私は複数のオンライン英会話を経験しましたが、産経オンライン英会話はサイトの作りがシンプルで見やすいため、レッスン予約や教材の選択がしやすいです。

他のオンライン英会話では、サイトを開いた時にわざわざメニューボタンを押下するなどの操作が必要になり、慣れるまで操作が分りづらいのですが、産経オンライン英会話のページではトップに予約や履歴確認、よくある質問などの専用ボタンが大きく表示されており、簡易操作で予約が行えます。特に、ホームページを開き、スキマ時間ができた1時間以内にできるだけ早く予約を入れたい時等には特に使いやすいと感じます。

講師の選択

講師の選択画面では、プロフィールが充実している講師もいるため、「この講師は○○に興味があるんだ」と紹介画像から分かり、話を広げられますし、安心して予約ができます。講師によっては、おすすめポイントも日本語で記載されており、講師選びがし易い点も他のオンライン英会話と比べて安心できるポイントです。

疑問や不安の解消

「よくある質問」には多くの質問と回答が用意されており、不安要素を減らせます。初めての方の不安を解消できることや、ユーザー目線に立った質問に対する回答が他のオンライン英会話と比べて親切に記載してあります。

講師陣の人柄

他のオンライン英会話では、講師側からのドタキャンや少々高圧的な講師にあたった事もありましたが、産経オンライン英会話では現在の所、親切な方が多くドタキャンも経験していません。受講を通し、学ぶ意欲を上げてくれる講師が多いため、産経オンライン英会話を選びました。

 

⇒産経オンライン英会話を見に行く

 

産経オンライン英会話のメリット、デメリット

メリット

産経オンラインのレッスンには以下①~③の3つのプランがあります。

・毎日25分プラン

・毎日50分プラン

・週末毎日50分プラン

他のオンライン英会話と比較すると、産経オンライン英会話では③の週末毎日50分プランが魅力ポイントです。平日は忙しいのでレッスンを入れるかどうかを躊躇している…。

週末にまとめて勉強したい!という方にぴったりなプランが存在しています。また、産経新聞の英文ニュース記事を中心とした学習サービスなどがあり、ビジネスレベルでのスキルアップを検討されている方には英会話レベルを向上させる一方でニュースも学べ、会話の引き出し口が増えるために一石二鳥です。

デメリット

レッスン時間は早朝5時~深夜25時と、24時間対応ではありませんので、夜中のスキマ時間に受講できないという点があります。

対応講師はフィリピン人が中心のため、講師選択で他国講師の選択は行えません。