欧米では学生時代からディベートのレッスンを受け、社会に通じる力を鍛えています。

是非オンライン英会話を活用して、世界に通じるディベート力を鍛えましょう!

オンライン英会話でディベートを鍛えよう

ディベートとは?ディスカッションとはどう違う?

【ディベート】

あるテーマに対し、自分の意見とは関係なく、肯定派(賛成派)と否定派(反対派)に別れて討論します。

【ディスカッション】

あるテーマに対し、自分の意見を述べ合います。

 

ディベートでは、個々人の考え方とは関係なく、肯定派か否定派かの自分が担当する側として、相手が納得する説明をする必要があります。

例えば「りんごは味もよく健康的である」という議題に対し、りんごが大好きな人であろうと否定派を担当する場合は「りんごには農薬がたっぷりで、体に悪い影響を及ぼす可能性がある」などりんごの否定的な部分を言わなければなりません。

肯定派も否定派も、相手が納得するような相反する説明をし続けます。

それに対し、ディスカッションでは、自分が考えることを述べるので、ディベートより簡単かもしれませんね。

ただ、英語で説明するとなると、ディベートでもディスカッションでも簡単ではなさそうですね!(汗)

オンライン英会話でディベートをするメリット

・英語で自分の意見を説明する力が身につく

・英語で相手の相反する意見を聞き分ける力が身につく

・ビジネスでも旅行でも使える交渉力が身につく

ビジネスの交渉の場では、相手に自社商品のメリットを伝え、自社が優位になるよう説明するでしょう。

それに対し相手も反論をしてきます。特に欧米では学生時代からディベートのレッスンをしているため、ディベート力が高い方が多いです。それに白旗をあげてしまっては、あなたの会社の売り上げを伸ばせないどころか、お客さんをも逃してしまうかもしれません。

また外資系企業に勤めれば、同僚同士で相反する意見を言い合う場も出てくるでしょう。

ですので、オンライン英会話を使用してディベートの訓練をしておくことは、世界に通ずるビジネス力をつけるということに繋がります。

また旅行先でも値段交渉の場はよくありますよね。オンライン英会話でディベートを鍛えておけば、海外でお得なショッピングができるようにもなりますね!

ディベートにおススメなオンライン英会話スクール

それでは、ディベートを鍛えるのにおススメなオンライン英会話スクールをご紹介します!

Bizmates(ビズメイツ)

https://www.bizmates.jp/

特徴

ビズメイツはビジネスに特化したオンライン英会話スクールです。ビジネスで成果を上げるためのオリジナル無料教材が揃っており、初心者から上級者に至るまでコミュニケーションスキルを高める工夫がなされています。
ビズメイツでは、ビジネスメール、プレゼン、電話の対応など実践的な場面を想定してのレッスンが多くあります。ディベートが得意な講師を、講師のプロフィールより探すことができます。

講師

ビズメイツでは、フィリピン国籍の講師を採用しています。フィリピン人の英語はクセがなく綺麗と評判です。

ビズメイツはビジネスに特化したオンライン英会話スクールなだけあって、講師陣も社会人経験豊富な方に限定し採用しています。教えるスキル、人間性、コミュニケーションスキル等、様々な観点から厳選されており、採用後もトレーニングを続け、講師の質の高さを保っています。

ビズメイツの講師は基本的に日本語を話さないため日本語のハンディキャップが無いのも、より本格的にレッスンをしたい中上級者には嬉しいですね。

月額料金

1日1レッスン(計25分間) 12,000円(税込)
1日2レッスン(計50分間) 18,000円(税込)

DMM英会話

http://eikaiwa.dmm.com/

特徴

DMMグループのDMM英会話は講師の在籍数が世界105ヶ国6,000人以上、教材7,785以上で無料、脳科学に基づいて作られた有料アプリ「iKnow」が無料で提供できるなど、様々な角度で圧倒的な数と無料サービスを提供します。

子供から大人、初級者から上級者、各種資格試験にも対応した巨大オンライン英会話スクールです。
ディベート関連の無料テキストだけでも98あります。

講師

DMM英会話には世界98ヶ国の講師に加えて、7ヶ国からのネイティブ講師が在籍しています。DMM英会話のいうネイティブとは、英語を第一言語として話す人口が多い国で、DMM英会話では次の7ヶ国を指しています。アメリカ/イギリス/カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/アイルランド/南アフリカ

DMM英会話の講師陣は合格率5%の厳しい採用基準をクリアーした質の良い講師ばかりなので、98ヶ国からの講師でも英会話を学ぶのは全く問題がありません。

ただ、より本格的に英会話力を向上したい中上級者の方は月額料金が高くてもプラスネイティブプランを受講することをおススメします。

テキストには紹介されないネイティブならではのフレーズや、ネイティブの発音に慣れることができ、より発音や表現に磨きをかけられるためです。

また講師のプロフィールが詳細的に書かれているため、ディベート力が高かったりビジネス力の高い講師を探すことも容易にできます。

月額料金

スタンダードプラン(99カ国の講師と話せるプランです)
1日1レッスン(計25分間) 5,980円(税込)
1日2レッスン(計50分間) 9,980円(税込)
1日3レッスン(計75分間)13,980円(税込)

プラスネイティブプラン(99カ国の講師に加えて7カ国のネイティブ講師と話せるプランです)
1日1レッスン(計25分間)15,800円(税込)
1日2レッスン(計50分間)31,200円(税込)
1日3レッスン(計75分間)45,100円(税込)
※ネイティブとは英語を第一言語として話す人口が多い国で、DMM英会話では次の7ヶ国を指しています。アメリカ/イギリス/カナダ/オーストラリア/ニュージーランド/アイルランド/南アフリカ

プラスレッスンチケット(1日の上限数以上にレッスンを受けたい場合などに使用)
1枚で500円、11枚5,100円
※プラスレッスンチケットで、ネイティブ講師と日本人講師の予約はできません。

CAMBLY(キャンブリー)

https://www.cambly.com(日本語ページあり)

特徴

CAMBLYはアメリカに本社があるオンライン英会話スクールで、グローバル展開しています

生徒も130ヶ国以上から集まっているようです。在籍している講師はネイティブばかりです。時差をうまく利用し24時間オープンしており、予約不要でレッスンを受けられます。日本語サポートを減らし、日本にいながらより外国環境を作りたい方におススメです。

またTV電話は独自のシステムを利用しており、レッスンを録画することもでき、自動翻訳機能も搭載されています。

講師

ネイティブ講師のみになります。また講師のプロフィールが相当細かく記載されているので、例えば「XXのTVゲームが好き」という検索ですら引っかかるでしょう。

月額料金

レッスン体系を生徒がカスタマイズでき、自分が受けたい分だけを支払うという料金システムです。その月の未受講分は繰越しも可能という非常に合理的な料金システムです。

どうカスタマイズできるかは、まず学習スタイルをマンツーマンかプライベートで選びます。また1日当たりの学習時間を「15分・30分・60分・120分」の中から選びます。

最後に、週に何日ぐらい勉強したいかを選択すると、自動見積りされます。

未受講分の繰り越しも可能ですし、カスタマイズした見積りの変更も可能です。

まとめ

いかがでしたか?ディベートを鍛えることは、英語力が上がるだけでなく、日本人が苦手な意見を言う力もつき一石二鳥かもしれませんね!?