スポンサードリンク




タイゾータイゾー

世界を舞台に活躍している自分を想像されている皆さん、留学の準備や英語の勉強は進んでいますか?今回は出発前の留学カウンセリングでよく聞かれる質問に回答しちゃいましょう。

英語(英会話)の習得期間はもちろん人それぞれですが…

この質問の前に一つはっきりさせないといけない問題があります。あなたの思う英語ができるのレベルです。

洋画を字幕なしで見れるようになるレベル、一人で海外旅行に行っても困らないレベル、日本企業でのインボイスが作れるレベル、海外就職できるレベル、ネイティブレベルと、これ全部が英語ができるだと思います。要は必要なレベルが決まっているかどうかです。

 

スポンサードリンク




 

一般的な留学生の期間別英語習得レベル

海外留学に必要な(便利な)おすすめ持ち物リスト③ 勉強道具や海外生活に持っていくと重宝する物

ここから話すのは極々一般的な留学生の平均的なお話だと捉えてください。

私のサイトに書いているような目的と目標をもって留学に挑み、限られた期間の中でしっかりと努力して目的を達成された方の平均です。

遊んだだけで帰っちゃった人は含まれませんので要注意です。また元々の英語力は留学生に一番多い高校卒業程度(TOEIC450)だと仮定します。

留学期間3ヵ月以内の英語レベル

日本に来ている外国人にカタコトで道案内ができるレベル。

何となく単語レベルで英語が聞き取れ、文法は無視しながらでも自分の意思が伝えられるレベルです。日本で英会話スクールに通われている方とそう変わらないと思います。

留学期間6ヵ月程度の英語レベル

時折わからないところや聞き逃しが出てくるものの何とか映画一本を字幕なしで大まかなストーリーを理解できるレベルです。

海外日常生活でもあまり困ることのないレベルです。但し各種契約やネイティブとの電話、ネイティブとの意見討論になると厳しいレベルです。

日本帰国後も日本企業の英語を使う(話さないけど読む書く)会社であればなんとか対応できるぐらいかと思います。

留学期間1年程度の英語レベル

正直その人の過ごされ方で凄い差が出るのもこの期間の方なのですが、一般的に言うと語学学校を卒業して何らかの専門コースを受講、その後インターンシップや英語での仕事をされると仮定すると、海外生活でも困ることはまずありません。

うまくいけば外国人の彼氏や彼女が作れるレベルです。殆どの英語が聞き取れ自分の意思を伝えることもできます。

映画を見ても簡単な映画であれば7~8割は理解でき、友達に映画のあらすじを語れます。また日本帰国後も外国人上司の下でやっていけ、英語での書類作成、電話対応もできるレベルでしょう。

留学生に多い期間ですが、この触れ幅は大きいです。

1年間資格取得や外国人の友達と沢山接した方はこれぐらいですが、日本人環境で遊んでしまったりダラダラと過ごしてしまえばこのレベルまで全然到達しませんのでご注意下さい。

 留学期間2年以上の英語レベル

ここまで来ると何らかの目標や目的がありビザ延長されているはずですので英語はかなりのレベルになっているでしょう。

現地就職や独立、ガレッジ(日本で言う専門学校や短大)やユニバーシティー(日本で言う大学)への入学等何らかの理由があるかと思います。

この辺りまで来ると物事を考えるときも夢を見るときも英語になります。テレビやラジオも問題ないですしスラングやジョークも理解でき、完全にその町に溶け込んで暮らしていけるレベルかと思います。

そもそもネイティブレベルになるのはどれぐらいの時間が必要?

この質問もよくされるのですが、一般的な回答としては4年~6年である程度はマスターできると言われます。ただ皆さんの言うネイティブってどんなのを想像されてますか?

現地に長く住めば何となくわかってくるのですが、どこまで行っても英語の勉強は終わらないですし、限りなく近づけたとしても我々は外国人です。

やはりどこか限界があります。日本に何年も住んでる外国人タレントでもどこかカタコトでしょ?あれと同じです。

また生まれ育ったバックボーンは中々身に付くものでもありません。

わかりやすく言うと「カツオとワカメが喧嘩してて波平がバカモーンって叫んでる」これの意味や内容ってわかりますよね。

でもこれを外国人に話したらどうでしょう?知ってる人はわかりますが知らない人はポカーンですよね。このように日本人なら大体の人が知っているものはいちいち説明付けて話すこともありませんので、中々理解が難しいのです。

まとめ:ぶっちゃけ英語って何ヵ月(何年)で話せるようになるの?気になる英語(英会話)習得期間

まとめに入りますが、至極全うな事ですが、英語の習得期間はそれぞれが目指す英語のレベルによって変わります。まずは自分の将来をしっかり見据えて必要な英語レベルの選定と今の自分の英語力の把握を行ってください。

>夢なき者に成功なし!まずは留学の目的とあなたの夢をはっきりさせよう

>とある大学生の留学ノート ~目標がわかれば計画(留学プラン)が立つ~

>オンライン英会話の無料体験レッスンでまずは自分の英語力を知ろう!

 

スポンサードリンク




 

 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く

 

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら