スポンサードリンク




海外で生活を始めることになると、様々なギャップ、そしてカルチャーショックに出くわすこととなります。

それはいくら日本での生活が欧米化していてもです。

実際に住んでみるとその違い、知らなかった習慣に驚きを感じることに。

そこで日本との違う点、ここは日本の方がいいかもと思ったり新たな発見を日々感じていくことになります。

普通に生活している部分では受け入れられても、留学生として生活して行くからにはまあしょうがないか、と流してしまうだけではいけないことがたくさん出てきます。

何しろ現地の学生、また世界中から集まってきた留学生と勉学そして生活を共にしなければならないのですから。

特に最初は慣れない授業について行くだけで精一杯。

苦しい日々が続くということをよく聞きます。

海外の大学へ留学するときに避けて通れないのが「グループワーク」。

これを苦手とする日本人留学生はたくさんいます。

今回は「グループワーク」について、どのように対応、そして克服するにはというところをご案内いたします。

留学中の苦労話で多いグループワークとは?


グループワークとは、

授業の一環で行うもので、複数人のグループで論文やプレゼンなどの課題を行うもの

グループワークを行う目的は?

就職してから必要になるチームワーク、リーダシップスキルなどを養う。

複数の人と作業することで、様々な視点から物事を考えられるようになる。

グループワークの評価は?

ほとんどはグループとして成績がつけられます。

そのため自分の担当したパートで良いパフォーマンスができたとしても、同じグループの別のパートがマイナスの評価だった場合、自分の成績にも影響することになってしまいます。

グループワークについていけない


多くの人が、グループワークについていけない、また辛かった思い出があると答える人は多いです。

授業についていつのに必死な時点で、グループで発表内容を相談していく、ということはかなり難しく感じます。

文化や考え方の異なった人が集まって会話をして行く中で自分も意見をしていく、そして意思疎通を図って行くというのはハードルが高く難関。

でもここで挫折してしまうわけには行かないのがグループワーク。

対策としては、

どうすれば良い発表になるのかという点に関して臆せず意見を伝えること。

グループワークの評価は個人ではなくグループです。

そのためより良いものを作りたいと多くの意見を求めたり話し合う、参加するという姿勢を見せましょう。

自分の英語が拙いからと臆することなく発話していきましょう。

何かがきっかけでプレッシャーや苦痛に感じることがなくなっていきます。

メンバーも、積極的に考えを表現してくれる方を好みます。英語が多少拙くともきちんと聞いてくれるので、とにかく参加意識を持って行くことです。

グループ内での発言力が弱くて嫌になる。


母国の言葉ではないので、説得力のある意見を言うのは実際とても難しいこと。

せっかく頑張って言ったことも、軽く受け流されたりすると落ち込んでしまいますよね。

特に日本ではどちらかと言うとリーダーシップを発揮するようなタイプだった、と言う方なら、苛立ったり、ストレスに感じてしまうでしょう。

こんな時はどうすればいいのでしょうか?

グループワークを乗り越えたい。活躍のポイントは?


グループの人たちとコミュニケーションをとる

どんな人なのか、クラスの外で個人個人と人間関係を築くといいでしょう。

この人の意外なこんなところ、など人間関係を構築して行くことで、よりまとまりやすくなります。

チームワークがやはり大事。

きちんと発話してコミュニケーションする心がけ

自分の意見を自分なりに表現する、そしてわからないなりに言ってみると、しようとする姿勢は伝わります。

そのことがコミュニケーションを築いていけることにつながり、評価されるグループワークにつながるはず。

自分もグループの一員という意識を高く持ちましょう。

ストレスの解消法も抑えておこう

グループワークも含めて留学時はストレスがたまることばかり。

でも自分なりのストレス解消法を心得ていれば、辛いワークも乗り越えられます。

好きなものを食べる
太ってしまう心配もありますが、好きな食べ物を口にした時のなんとの言えない喜びは嫌なことから解放してくれます。

日本の家族や友人と話す
電話や、スカイプをつかって思い切り親しい気のおけない人たちと話しましょう。

運動をする
ジョギングをしたり、ヨガや体をうごかすと自然と頭の中もすっきりとしますよ。今まで運動なんて無縁と思っていてもまずはウォーキングなどをしてみては?

まとめ

いかがでしたか?

日本人が最も苦手としている「グループワーク」。

でもこれを乗り越えたら、あなたにとってかけがえのない経験になります。

乗り越えてきたことによって自信もつき、将来きっとやってきたことの意味を感じるはずです。

恐れないで立ち向かっていきましょう。

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら