留学をするとき、学校選びや滞在先、ビザの手配は最初にする大切なことですが、意外と知られていないのが予防接種のことではないでしょうか?

予防接種と言ったら、子供の時に受けるものというイメージですが、渡航先によって規定があり受ける必要が出てきます。

例えば、アメリカの大学に入学する場合、留学生はみんな必ず予防接種を受けなければなりません。

アメリカの場合、州によっても予防接種の規定が異なります。

また、複数の注射を受けたりしないといけないので、数か月もの時間がかかってしまうもの。

そのため、予防接種は「早め」に始めるのが肝心です。

今回は、予防接種についてまとめてみます。

適切な予防接種の手続についてチェックしてみましょう。

留学に必要な予防接種とは


アメリカの大学に留学をする際は予防接種が必要になります。

これは、アメリカの大学は寮生活が原則なので、キャンパス内で一緒に過ごす学生たちの間での集団感染を防ぐためです。

入学生に対して予防接種を受けることが決められています。

また、州によって予防接種の種類の規定は若干異なります。

ここで、一般的に受ける必要があるものをあげてみると、

予防接種の種類

  • はしか、風疹、おたふくかぜ
  • 三種混合(DTP:ジフテリア・破傷風・百日咳)
  • 小児麻痺(ポリオ)
  • 破傷風・ジフテリア
  • 水痘
  • B型肝炎
  • ツベルクリン
  • 髄膜炎

予防接種を受けるときに必要なもの


アメリカ留学の手続きでは、「Immunization Form」、「Health Form」という書類の提出を求められます。

「Immunization Form」とは予防接種の記録証明書です。そして「Health Form」は健康診断書です。

これらの書類は、先ほども触れたように州によって求められるところがあります。

予防接種の記録証明方法
まず、

  • 母子手帳で接種記録を確認
  • かかり付けの病院で過去の接種記録を確認

しておきましょう。
母子手帳がない場合や、過去の接種記録を知る事ができない場合という場合もあると思います。
この場合は、病院または予防接種センターで、ジフテリア・破傷風の二種混合ワクチンの接種、はしか、おたふく、風疹(MMR)の抗体検査を受ける必要があります

そして、はしか、おたふく、風疹の抗体検査で抗体がなければ、必要な予防接種を受けるということになります。

健康診断書について

そして予防接種証明書とともに健康診断書の提出も必要になります。

もし病気になったときに、健康状況などがわかっていないと、適切な治療がすぐにできないということがあるからです。

健康診断書については、健康状態や、いままでにかかった病気やについて自分で記入する部分と、健康診断を受けたり、医師に書いてもらう部分があります。診断項目としては、

  • 血液検査
  • 尿検査
  • 脈拍
  • 血圧
  • 視力検査

病院ではこれらの書類を英文で作成してくれますので、どこにいく予定で、どんな予防接種が必要かを医者と確認しておきましょう。

予防接種を受けるタイミング


予防接種を受けるタイミングについても注意をする必要があります。

それは、数種類の予防接種を受ける必要があるので全部を摂取するのに時間がかかることです。

一つの予防接種をすると、次の接種までに約1か月くらいの間隔を空けなければならないことも。

アメリカの大学は、9月に新年度が始まりまり、入学する大学が決まるのが、春ごろになります。

春から予防接種を受け始めると、渡米までに間に合わなくなる可能性もあります。

そのため、早い段階、1月ごろから予防接種を始めていくようにしましょう

この時期だとまだ正式に大学が決まっていないことになりますが、一番行きたい大学のフォームに書いてもらい、もし別の大学に入学することになったら、その際に転記してもらうということにするといいでしょう。

国別受けておきたい予防接種


受けることになる予防接種の種類を機に別にご紹介いたします。

カナダ
破傷風、B型肝炎(北部)

オーストラリア
破傷風、黄熱

ヨーロッパ北部、西部
破傷風、麻しん(はしか)

ヨーロッパ東部
A型肝炎、B型肝炎、破傷風、麻しん(はしか)

フィリピン
A型肝炎、B型肝炎、破傷風

中国
A型肝炎、B型肝炎、破傷風、

韓国
A型肝炎、B型肝炎、破傷風、

留学前に必要な健康管理


予防接種は大事なことですが、出発前の自分の健康管理も重要です。

今は健康には問題がない、と思っていても、環境の違い、食生活や気候の違いによって体調を崩してしまうこともあります。

自分に必要になる薬は事前に用意しておきましょう。

また頭痛薬や胃腸薬など現地でも購入鵜が可能ですが、成分の違いにより合わないこともあります。

自分にあったものをあらかじめ用意をしておくといいですね

歯科検診も出発前に行って虫歯があればきちんと治しておきましょう。

コンンタクトレンズの予備も確認しておくといいですね。

まとめ


留学するにあたって意外と忘れがちな予防接種についてご案内しました。

時間がかかる予防接種についてはあらかじめ余裕を持って受けていくようにしましょう。

医療機関に早めに相談して自分に必要なものを受けるようにしていくと安心ですね。

そして何より体が資本です。

健康でいるためにも出発前から体調管理にも気を配るようにしたほうがいいですね。