スポンサードリンク




タイゾータイゾー

留学することはゴールではありません。その後の計画も見据えたうえでの計画が重要です。

働く事にだけ注力しないで帰国後の事をちゃんと意識して行動しよう!

ぶっちゃけ英語って何ヵ月(何年)で話せるようになるの?気になる英語(英会話)習得期間

どうも。管理人のタイゾーです。今回はおすすめ留学プランワーホリ編を書いていきます。何を隠そう私もワーホリビザを使い留学エージェントで留学カウンセラーとして働いておりました。

もちろんそこに至るまでの経緯は簡単なものではなく、それなりに努力や挑戦を行い有給での留学カウンセラー職をゲットしたのでした。さてさて私の話はこれぐらいにして、おすすめの留学プランを書いていきましょう。

これからご紹介するおすすめ留学プランは1年間で生きた英語を習得し、ビジネススキルや専門コース、TOEICスコアの習得など、最終的には帰国後の就活の際にしっかりと英語を習得し就業経験も積んだ事を証明するための資格やスコアを持ち帰る事を目標にする方法を書いていきます。

まずは以前の記事(夢なき者に成功なし!まずは留学の目的とあなたの夢をはっきりさせよう)にも書きました留学目標ノートを作ってから読み進めて下さい。

また、ワーキングホリデー(ワーホリ)そのものについても注意点を書いていますので、まずはそちらを全て読んでからこの記事を読み進めて下さい。詳しくはコチラ

 

スポンサードリンク




 

ワーキングホリデー(ワーホリ)プラン。おすすめ滞在先はホームステイ→シェアハウス

おすすめ滞在方法としては中長期の大学生プランと同じになりますが、初めの数か月はホームステイです。

これは24時間の英語環境を初めに作ることが目的です。なるべく夜間や休日はホストファミリーと密にコミュニケーションを取り、英語を話す機会を増やしましょう常に自分から進んでコミュニケーションを図ってください

数か月のホームステイ後はもう少し自由の利くシェアハウスに移動されることをお勧めします。

これは仕事を始められるとどうしても外食が多くなったり、帰宅が遅くなる事が多くなり、ホストに迷惑がかかってしまいます。

またよっぽど良いホストに当たった場合は別ですが、大体の方は3か月後ぐらいにはシェアハウスへと引っ越します。

やはり自由に生活できますのでのびのびと毎日を過ごすことができます

シェアハウスの探し方は以前の記事(絶対に失敗しない!シェアハウスの探し方と契約時の7つの注意点について)を参照ください。

ワーキングホリデー(ワーホリ)プラン おすすめ語学学校(ESL)は会話にシフトしたESL→ビジネスコースや専門資格、TOEIC帯先などの専門コース校

語学学校についてですが、たった1年間しか時間がありません。またこの1年間しか働く事ができません。つまり語学学校に通っている時も日に日に働ける期間は短くなり、働ける期間が短いと誰も雇ってくれません。

このプランでは数ヵ月で基礎英語力と、とにかく一日も早く仕事を見つけるためのスピーキング力を身につけ、仕事を決めます。もちろん英語環境の職場です。

さらに働きながらでも通える(またはワーホリビザが切れた後に観光ビザや学生ビザに切り替えて学校に通うのも一つの手段です)ビジネスコースや各種専門資格コース、TOEICスコア対策コース等を受けにいきます。

これにもちゃんと目的があって、帰国後に就活をする際にワーホリで一年間遊んできました!で終わらせることなく、自分で稼いだお金で学校に通い、ちゃんと仕事と勉強の両立を行った苦学生です!というエピソードを持ち帰ってください。

多くの日本企業の面接官はワーホリ=1年間海外でバイトしながら遊んだだけというイメージを持っています。皆さんはそこら辺のワーホリとはレベルが違うということを証明する必要があります。

とにかく英語環境の職場を手に入れることができるだけのスピーキングが必要となりますので、1日でも早く英語を話せるようになる必要があり、これができないとそれこそ日本環境の職場になってしまい、すべての計画が台無しになってしまいます

ここで以前の記事(語学学校(ESL)の選び方 ~費用対効果抜群の格安フィリピン留学について~)にも書きましたフィリピン留学が非常におすすめとなります

フィリピン留学では英語圏のESLの半分の費用で倍の授業時間があります

つまり英語圏の国へ留学しESLに3ヶ月通うのであれば同じ期間をフィリピン留学に当てたとすれば倍の授業時間を獲得でき、半年間英語圏のESLに通ったのと同じ授業時間が獲得できます。

それにマンツーマン授業が多いフィリピン留学ではスピーキングに力を入れています。とにかく数ヵ月で英語環境の職場で通用するスピーキング力を身につけ、できる限りワーホリビザの期間を残した状態でお目当ての国に入国する事が可能になります

フィリピン留学は一つの選択肢として非常におすすめです。まずは資料請求やカウンセリング受講を行いましょう。

仕事の探し方~留学エージェントや語学学校、友人からの紹介も大切に~

仕事の探し方はについては以前の記事(ワーキングホリデー(ワーホリ)の仕事の探し方 他と差をつける6つのポイント)でかなり詳しく解説していますので、そちらを参考にして下さい。

以前の記事を一部抜粋しますが、一番楽に仕事が決まるのが紹介です。

留学エージェントや語学学校の掲示板にも募集が貼られていることもありますし、留学エージェントによっては仕事紹介に力を入れているところもあります。

例えば履歴書やエントリーシートのチェック、面接時のマナー講習、面接の練習等、留学エージェントを決める際の大きなポイントにもなりますので、是非ともそういったサポートがないか事前に問い合わせておきましょう。

また友人の紹介も大切です。こちらは日本人の友人でも英語環境の職場であればいいのですが、語学学校等で知り合った外国人の友人からの紹介が非常にいいと思います。

彼らは我々日本人とはまた違ったコミュニティを持っていますので、うまくいけば英語環境の仕事を紹介してくれるかもしれません。

たくさんの経験を忘れないためにも日記をつけ、職場の上司にレコメンドを書いてもらい、エントリーシートに反映していこう

留学中は毎日日記をつけるようにして下さい。日記帳を書くのもいいですしブログやSNSもいいですね

できれば英語でつけて頂ければより良いのですが、最終目的は留学で得た様々な経験をエントリーシートに反映させることですので、英語で書いた場合内容が薄くなるようであれば日本語で書いて下さい。

そしてエントリーシートを書く際に、職場の上司に書いてもらったレコメンド(どこで、いつから、どういった仕事を任され、どんな成績や態度で働いていたか等のあなたをおすすめする為の書類)を署名入りで書いて貰ってください。質問や用紙は予め自分で用意していくことがポイントです。

また各種専門コースのディプロマやTOEICスコア等も添付し、目的と目標を持って留学に挑み、英語環境の職場で働きながら、自分で稼いだお金でしっかりと勉強もして、結果を出したという事をエントリーシートや面接でアピールし、就活に挑んでください。

 

スポンサードリンク




 

 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

 

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く

 

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら