スポンサードリンク




タイゾータイゾー

海外留学に持っていくべき必要な・便利なおすすめ持ち物リストシリーズです。今回は意外と品質の差を感じる勉強道具や海外では手に入らない(手に入るけど高い)日本特有の持っていくべきおすすめ品を紹介します。

【勉強道具】海外留学に必要な(便利な)おすすめ持ち物リスト

英会話力を試す一番簡単な方法。オンライン英会話の無料体験レッスンを受けてみよう!

これほど日本製品のレベルの高さを感じられるものは無いかと思います。

もちろん現地調達も可能ですが、海外製品の品質の悪さに驚くはずです。私も色々な国に行き滞在してきましたが、日本製の文房具のレベルの高さは群を抜いていると思います。

またホームステイ先や仲良くなった外国人の友人へのプレゼントとしても非常に喜ばれますので、贈り物にも持って来いかと思います。

 

スポンサードリンク




 

シャーペン・ボールペン・マーカー等のペン類

こちらは言わずもがな必須アイテムですね。シャーペンやボールペンは替え芯もお忘れなく。また4色ボールペンなどは海外では見かけませんので、こちらをプレゼントにされるのも非常に喜ばれます。

ノート・単語帳・手帳・日記類

これも必携アイテムです。書き心地が海外製品と全く異なります。

少しかさばりますがスーツケースに余裕があるのであれば持っていきましょう。また単語帳は海外では見かけたことが無いので、使う方は持っていった方が良いと思います。

ホッチキスやスティックのり、クリアファイルやバインダー等

語学学校(ESL)に通いだすと大量のプリントを配布されます。

プリントをまとめる為のホッチキスやスティックのり、クリアファイル、バインダーも非常によく使います。

ただこちらは海外製品でもあまり差はありませんし、海外のプリントは日本のA4やA3等と大きさが違うため、ファイルに入らない可能性があります。

お土産としてですが、芯の要らないホッチキスは非常に喜ばれると思います。

電池(よく使う大きさの)

これは充電式の電化製品の場合は必要ないかも知れませんが、海外では電池がまだまだ高くすぐに切れてしまいます。

余裕があればよく使うサイズのものをいくつか持っていくことをお勧めします。またエネループなどの充電池も非常におすすめです。

通学用のカバン(リュック)と南京錠

主流はリュックになるかと思いますが、もちろん現地調達可能です。ただカバンにお財布を入れられる方は気を付けた方が良いです。私はリュックに南京錠の組み合わせで防犯対策を行っていました。これは

郷に入れば郷に従え。ブランド物のバックは持っていかない方がベター

ブランド物のバックはあまりお勧めしません。ぱっと見で日本人or韓国人の旅行者と思われますし、海外では10代~20代でブランド物のバックを持っている方を殆ど見かけません。

ここからは完全に個人的な体験ですが、語学学校でのカンバセーションクラスで、日本人・韓国人を筆頭に、アジア人はイタリアブランドを背伸びして身に着けているのが非常に滑稽で笑える・・・と言われ、クラスの日本人・韓国人以外が深く納得していたのを覚えています。

私も海外で生活してからブランド物には一切興味が無くなりました。また高級ブランドですので盗難の被害も良く聞きました。

ブランドバックの中に現金の入ったブランド財布とスマートフォン。泥棒からするとこれ以上ない獲物です。

その他海外生活に持っていくと重宝するもの

日本の食材や調味料

日本の調味料も殆どは海外でも一般的になっていますが、出汁の素、カレールー、乾燥わかめ、切り干し大根、高野豆腐、ふりかけ、ごはんですよや漬物などのご飯のお供類、味噌汁やお吸い物などのインスタント汁物等が高かったり、手に入りませんでした。

もし余裕があれば持っていくことをおすすめします。

日本製のお菓子

海外でもポテトチップなどは一般的ですが、とにかく高いです。

日本製のお菓子は人気が高く取り合いになります。なぜか小魚アーモンドや柿の種は外国人にも大人気でした。

ホームステイのお土産にせんべいやおかき等は喜ばれますが、ういろうや羊羹はダメでした・・・。

日本紹介ガイドブック

ベタベタな日本紹介ガイドブックは非常に役立ちます。

必ず1~2冊は持っていきましょう。ホームステイで自己紹介したり、語学学校での自国紹介などにも使えます。自分の国の文化や良さを英語で説明すると日本をとても誇りに思えます。

私は少し難しめの日本の問題点なども載っている本を持参しました。ブルーマンデー症候群(月曜の朝に人身事故で電車が遅れてしまう現象)や過労死等の記事も非常に関心を集めました。

折り紙、あやとり

これも外国人に大人気です。特にホームステイ先に子供がいる場合や、小学校、幼稚園などでのインターンやアルバイトを考えている方は特に必携アイテムになります。

またわざわざ持っていくものでもないのですが、あやとりも子供に大人気でした。折り紙もあやとりもみんな目を丸くして興味津々に見てくれます。

 

スポンサードリンク




 

 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

 

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く