スポンサードリンク




タイゾータイゾー

留学中の滞在先も留学成功の可否に大きく関わってきます。慎重に選んでもらうことが重要です。

留学の滞在方法 ホームステイ、シェアハウス、学生寮、コンドミニアム等、それぞれ一長一短

留学での外国人の友達の作り方と友人作りの為の5つのテクニック

さて本日は留学の滞在方法について書いていきましょう。

ホームステイ、シェアハウス、学生寮、コンドミニアム等それぞれ一長一短ありますが、今回は一番メジャーな滞在方法であるホームステイについて詳しく書いていきましょう。

ホームステイはホストファミリーからすると貴重な収入源(ビジネス)です。

まず第一にホームステイはホストファミリーからすると貴重な収入源です。常に1人しか取らないというホストファミリーもありますが、殆どの場合は2~4人ぐらい受け入れている所が多いです。

一般的なイメージからすると食事後はパパ、ママとかわいい子供たちと一家団欒でお話したりゲームしたり映画を見たり、休日は家族と一緒に買い物に行ったりお出かけしたり・・・。こう言ったホストファミリーは滅多になく、大当たりのホストファミリーと言えます。

多くのホストファミリーはビジネスでホームステイを受け入れています。あなたは初めてのホームステイかもしれませんが彼らからすると常に留学生がいる状態で、あなたを特別扱いする事はまずありえません。

衣食住が保障されるだけでもう少しビジネスライクなものです。決して過度の期待をしないようにして下さい。

大きな大きな食事の問題

ごくごく稀なケースだと思いますが、ホストファミリーがベジタリアンで来る日も来る日も豆の煮ものと生野菜サラダのみを出し続けられ、お昼ご飯は冷蔵庫にあるものを勝手に包んで持っていってという所もありました。

彼は育ちざかりの19歳。70キロあった体重もわずか2か月で8キロも落ちたとの事でした。日本人は自分の意見を中々表に出せません。彼も結局何も言えなかったらしいです。

さすがに顔色も優れず目に見えて痩せていったので、すぐに学校に連絡しクレームを入れ、ホストを変えてもらいました。こういったケースが起きてしまうのもホームステイです。

また私の経験上すごく良かったのはマレーシアやシンガポール系のホストファミリーの食事は中華料理で物凄くおいしい所が多かったです。こちらに入っていた女性は逆に丸々太ってしまいました。食事の問題もやはり当たりはずれです。

その他ホストファミリー特有のルールや問題などもあります

ホストファミリーによっては食事時間や門限、シャワーの時間など厳しいルールを設けている所もあります。

またシングルマザーの家庭や、夫婦仲の悪い家庭、宗教や国籍の問題、そもそも英語があまり話せないというホストも存在しましたし、一緒に入っている留学生と合わないなど本当に色々あります。

こちらも共存していく為によくルールを理解し、お互いを尊重しながら生活していく必要があります。

自ら進んでホストファミリーの輪に入っていきましょう

どんな家庭に当たったとしても悪い所もあれば良い所もあります。英語ができないと臆せず、自ら進んで家族の輪に入る努力をしましょう。

人によっては帰国後でも旅行がてら何度か訪れたり、結婚式にも出てもらったという一生の付き合いになる方もいます。人間どうし相手を理解し自分を理解してもらえるようにしっかりとコンタクトを取っていきましょう。

またいくらホームステイとは言え、できることはどんどん自分でやりましょう。食事のお手伝いをしたり、掃除を手伝ったり、子供の世話をしたり。そう言った所から触れ合いは始まると思います。

ホームステイの選び方 申込期間はできる限り短く、語学学校からの紹介には気を付けよう

さて総括としてですが、ホームステイは上記の通り当たり外れが非常に大きいものです。従いまして申込期間はできる限り短くしましょう

最短申込期間が4週間であれば入ってすぐに延長するかの判断を迫られますが、最悪なところは住んで数日で判断できるかと思います。

またホストを変更できるか、何人の留学生を受け入れているか、ホストの国籍や家族構成等も事前に聞いておいて下さい。

こちらは傾向の問題ですが、比較的学校からの紹介のホストはトラブルが多いです。

エージェントからの紹介だから安心と言うことはありませんが、私のいたエージェントでは到着した留学生をホストファミリーまで送って行く際に、ホストと極力長く話をし、現在の状況や問題が起こっていないか等を確認する事にしています。

その際に可能であれば食事を共にし、料理が日本人に合うかどうか、どういう雰囲気で生活を行っているかを確認します。

語学学校では多くの生徒を抱え、その数を斡旋しないといけませんので、どうしてもホストファミリーの管理はずさんなものになってしまう傾向となります。

 

 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

 

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く