スポンサードリンク




 

こんにちは!

みなさんもスマホを毎日利用しているかと思います。
その目的は、連絡手段、インターネット、遊びなどなど、生活必需品となりました。
また、スマホの機能の進化とアプリの多様化で、生活がますます便利になっています。
こんなに便利なスマホを自由に使える日本から海外へ留学。
果たして、その便利なスマホをそのまま海外で使えるのか。
そもそも留学にスマホは必要なのか?

いくつかの点から見てみましょう。

留学時にスマホは必要なの?

スマホは、もはや世界中で使われています。

様々な通信業者がスマホを販売し、様々なアプリやSNSを多くの人が利用しています。
海外で問題が起きた時、誰かに連絡しなければいけないとき、すぐに使えるスマホがあれば、
安心です。

学校との連絡、ホストファミリーや滞在先、友人との連絡、日本に入る家族との連絡。
無料Wi-Fiがあれば、スマホの機能を利用するメリットは最大です。
スマホを持たない理由はありませんね。

日本のスマホは海外で使えるの?

はい、利用できます。
利用できますが、注意点があります。
スマホの設定を間違えると、高額な通信費が請求されます。
まずは、高額な請求を避けるための、設定をご紹介します。

日本のスマホを海外で使う場合の方法

日本のスマホをそのまま海外に持っていった場合の注意点と、いくつかの使い方を
ご紹介しましょう。

ローミングの設定

スマホにはデータローミングという機能があります。
これは、契約した通信会社の電波が届かない地域で、提携通信会社の電波を利用する機能です。
海外でこの機能を使うと、海外の提携会社の電波を利用するので、高額な請求が発生するわけです。
スマホが自動的に使える電波を探し、知らないうちに課金されているということがあります。
海外に行くときは、事前にローミングの設定をオフにします。

基本的なローミングオフの方法は:
・iPhoneの場合
設定→モバイル通信→オフ

・Androidの場合
設定→無線とネットワーク→オフ

設定は、スマホの種類やバージョンなどで変わる場合がありますから、マニュアルで確認してください。

Wi-Fiと海外専用パケット定額プラン

上述のようにローミングを使うと高額な料金が発生します。
でも、友人と連絡をし、インターネットで調べ物をしたいときはどうしたらよいのか?
2つ方法をご紹介します

・Wi-Fiの利用
街中の無料Wi-Fiを利用することで、インターネットもSNSを利用した連絡も無料になります。

・海外専用パケット定額プラン
日本の通信会社のサービスです。が、費用はかかります。
各社のサイトなどで料金や方法を確認しましょう。

また、各国の周波数の違いもあります。
念のため、自分のスマホが留学先で使えるのか、基本的なところは通信会社に確認しておきましょう。

留学前に、SIMロックの解除、現地で格安SIMかプリペイドSIMを買う

2015年5月以降、スマホのSIMロックを解除できる羽陽になりました。
そもそも、SIMとは、スマホに入っている、

利用者に割り当てられた固有のデータが入ったカードです。

これが以前はロックされていて、そのスマホはそのカードしか使えませんでした。
が現在は、どの会社のスマホとカードの組み合わせでも可能になりました。

参考までに、
SIMロック解除方法などは下記です。

docomo:

https://www.nttdocomo.co.jp/support/procedure/simcard/unlock_dcm/

au:
http://www.au.kddi.com/support/mobile/procedure/simcard/unlock/

Softbank:
http://www.softbank.jp/mobile/support/usim/unlock_procedure/

SIMフリーのスマホを国内で買い、現地でSIMかプリペイドSIMカードを買う

安いSIMフリースマホが国内で販売されています。

それに現地で購入した安いSIMカードを入れて使います。
スマホに合ったSIMカードを買うように注意してください。

DELL

日本のキャリアを休止あるいは解約。現地で格安スマホを買う

留学先で安いスマホを書くことも一案です。
この場合、日本で使っていたスマホは、休止手続きをするか、解約することも一案です。
契約したままだと、同じ料金が請求されます。

休止の場合は、帰国後に同じ番号やメールアドレスでまた使うことができます。

休止の費用がかかりますので、
通信会社に確認してください。

解約は、文字通りその通信会社と契約を辞めるわけで、費用は発生しなくなります。
今、使っているスマホはWi-Fi専用機にすることが可能です。

注意点は、
アプリ、インターネットは使うことができますが、
メールアドレス、電話番号、SMSは使えなくなります。

ただし、AndroidはSIMカードが無くてもWi-Fi環境に繋げることはできますが、

iPhoneはSIMカードが無ければ使うことができないので、解約するときにSIMカードはそのままにしてください。

海外で買う、おススメのスマホは?

何といっても Appleのサービスが世界中で受けられ、ネットワーク機能も充実な iPhoneはおススメです。
ネットワーク規格や周波数帯にも幅広く対応しているので魅力的です。
現地のプリペイドSIMを使って快適にネットワークを使うなら、iPhone、なかでも、iPhone SEは、おススメです。

その他、ASUSのZenFoneシリーズや、格安のSIMフリースマホなら、g06も良いでしょう。

海外でおススメのSIMカードは?

長期滞在ではなく、短期滞在なら、プリペイドカードも便利です。
滞在期間や使用頻度、目的に合わせて検討しましょう。

国内で購入できる、おススメなものは:
・mineo:3,000円が初期費用として必要ですが、はじめから30MBがチャージされています。

この30MBは日本を含め複数の国で利用できるので、日本で設定してから渡航することも可能です。

・楽天モバイルの海外SIM:ヨーロッパ、北米、アジア向けの地域パックがあり、楽天スーパーポイントが貯まります。

・IIJmioの海外トラベルSIM:国を問わず発信、着信が可能な音声通話プランがあります。

海外のSIMカードなら、下記がおススメです。

・ZIP SIM:ハワイを含めたアメリカ向け仕様です。

・SIM2Fly:アジアで8日間、データ通信無制限です。

・Three:ヨーロッパ旅行向け、42か国で使用できます。

・その他、各国の空港やコンビニ、携帯各社で販売されています。

まとめ

留学の期間、地域、予算、スマホの目的でいくつかの選択肢がありますね。
滞在期間や予算を基に、出国前にスマホとSIMカードの基本的な装備を検討しましょう。
大切なことは:
・SIMロック解除、あるいはSIMフリースマホと、それに合ったSIMカード
・現地の周波数
・SIMカードのサイズ:普通、micro、nano
・スマホの設定
・滞在期間と通信費を含めた費用

いずれにしても国内にいるうちに、しっかりとチェックし、

経済的で快適な留学生活を送りましょう。

Good Luck!