スポンサードリンク




タイゾータイゾー

どうも。留学カウンセラーのタイゾーです。さて今回は国際(国外)運転免許証について書いていきましょう。

海外で車を運転する事ってあるの?

この記事を読んで車の運転なんてしないからいらないいらないと思われたあなた!意外と運転する機会ってあるもんですよ。

私も全く期待せずに持っていったのですが、二度による引っ越しの際と少し遠出旅行した際にレンタカーを借りました。

海外生活も長くなってくると自由度が増え、日本にいるときと同じように考えるようになります。ただ、いつまでたっても左ハンドルには慣れませんでした…。

また例え運転しなかったとしても身分証明にも使えます。パスポートを持ち歩くのが嫌な方は国際運転免許証をおすすめします。

申請はとても簡単!管轄の運転免許センターで申請するだけ

国際運転免許証ですが申請はとても簡単です。管轄の運転免許センターで申請するだけです。

必要なものとして運転免許、パスポート、写真(5cm×4cm)です。

また申請手数料として2400円が必要です。変更になっている可能性もありますので、この辺りは必ず下調べしてから申請に行ってください。

有効期限は1年間ですが気を付けないと大変なことに…

国際運転免許証の有効期限は発行から1年間ですが、落とし穴があります。

国や都市によってまちまちなのですが、長期滞在する場合は入国から数ヵ月以内にその国の免許証に書き換えないと効力が無くなる場合があります。くれぐれも行かれる都市の情報を前もって確認して下さい。

大体はその都市の警察署で書き換えになるのですが少しの英語力は必須になりますのでご注意を。あと簡単なテストや視力検査がある国もあります。

海外で運転する際は必ず道交法と保険内容を事前確認する事!

海外ではその国、その都市によって法律が変わります。

日本でも運転していたし…という甘い考えで運転し、取り返しのつかない事故を起こされた方もいます。

くれぐれも運転する際は前もってその国、都市の道交法を確認し、日本以上に気を付けて運転してください。

また万が一の為に留学保険やクレジットカードの保険も確認しておいて下さい。これはあなたが被害者になるだけではなく、加害者になる可能性もありますし、同乗者の方にも影響してきます。

思いっきり遊ぶ為には事前確認と事前準備を怠らないようにしましょう。留学では準備と下調べが何よりも大事になります。

 

スポンサードリンク




 

 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

 

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く