スポンサードリンク




留学をしようと思っているけれど、行きたい国、どれくらいの期間というのが一番最初に考えることではありますが、次に重要なそして気になるポイントが「お金」ですよね。

海外で暮らし、勉強するとなると、住むところ、食事、そし学費など具体的にどれくらいかかるのかというところで、滞在期間や国を選んだりする人も多いです。

留学イコール高い、という印象がありがちですが、高いから、お金がないからという理由で留学を諦めてしまうのはもったいないこと。

今回は、留学を予定しているかたへ、とってもきになる留学費用について、また安く済ませるには?などについてご紹介いたします。

参考にしてみてくださいね。

留学したいけど費用が気になる


留学するのは安くないというのはわかっているけれど、いったいどれくらいがどんなものにかかるのかというのが気になるところですよね。

学費が実際一番高くなりますが、選ぶ学校によってかなりの差があります

また国によっても物価の違いにより、こちらにも差が出てくることになります

そうすると、とにかく安く済ませたいというプランと、ここだけは外せない、という部分を妥協しながら選ぶことも可能です。

留学費用の国別例の相場


では実際にどれくらいかかるのか6ヶ月の留学の場合と、1年間の留学の場合で国別にあげてみました。

6ヶ月 1年
アメリカ 110万円~190万円 230万円~410万円
カナダ 100万円~140万円 170万円~300万円
オーストラリア 130万円~180万円 180万円~380万円
イギリス 100万円~170万円 190万円~360万円
フィリピン 30万円~60万円 60万円~120万円
ニュージーランド 90万円~140万円 170万円~300万円

みて見ると、平均的にアメリカがやはり一番高いようですね。

世界に名だたる大都市が集中していることで、物価が高いため、どうしても留学費用は高額に。

また都市部や郊外など滞在場所や、通う学校によっても費用が大きく異なります。

イギリスやオーストラリアも物価が高い国と言われています。そのため生活費に多くの負担が必要となります。

反対に他の国々に比べて安いのがフィリピン。

オンライン英会話や、フィリピン留学はコスト面が安いことから近年人気ですね。

物価が安いこと、そして語学学校でもプライベートレッスンでクラスを取れるというところも魅力で、安く済ませたい、という理由以外にも選ぶ人が多くなっています。

留学生活費用


生活して行くために、食事代や交通費、交際費も毎月かかるもの。

それは留学していても日本にいても同じですね。

ここで、アメリカに留学した場合、一ヶ月の生活費はどれくらいになるのか、目安をあげてみました。

    • 食費1カ月 約20,000~30,000円
    • 交際費1カ月 約5,000~30,000円
    • 保険料1カ月 約10,000~20,000円
    • 交通費1カ月 約5,000~10,000円
    • 家賃1ヶ月 約50,000円〜

生活費に関しては、かなり個人差があると言えるでしょう。

出かける機会が多ければどうしても交際費は高くなってしまいますし、それは避けられない部分でもあります。

時には友達と出かけて発散させないとストレスが溜まってしまいますよね。

語学を勉強することがメインだとしても、留学の醍醐味は様々な人とふれあったり異文化を理解できること。

外せない部分はうまくやりくりしながら生活して行く必要があります

また、家賃、滞在費についてはかなり開きがあるといっていいでしょう。

ホームステイ、寮、シェアハウスにすれば比較的安くすみますが、例えばニューヨークのような大都市に住む場合は、ホームステイ先は地方より見つけにくく、アパートの家賃は年々高騰している状態なので、出発前の資金はできるだけ多く用意しておくことが必要になります。

お金がない場合はどうする?


お金がないからといって留学を諦めるのは勿体無いですよね。

でも、今しか行く時期がないから無理かも、と思ってしまう前に、お金がない、という場合の留学を実現させる方法をいくつかご紹介いたします。

格安の国を選ぶ
物価、学費が安い国をえらべば、一番高い国と比べても安く済ませることができます

そしてどの国でも、都市部よりも地方都市の方が物価は安くなります

そのことを考慮、比較して見ると違いがわかるはず。

私が留学をした時、最初に留学先として考えていたのがニューヨークでした。

でも、調べて行くうちに学費だけでなく生活費、特に家賃の面で相当の資金が必要になることがわかり、当時の私の経済力では、憧れのニューヨークでも、1年も滞在することができないなと感じていたところ、カナダのトロントを紹介されました。

物価も学費も比較的やすいし、ニューヨークにも近いので、好きな時に遊びに行けますよ、とカウンセラーのアドバイスもあり最終的にトロントに決定しました。

そのおかげで、2年間の海外生活が可能になりましたし、結果的にいいチョイスだったと思っています。

なので、行きたい都市がある場合、似た雰囲気の街で物価が安いところを選ぶというのもポイントです。

留学期間を短くする
留学期間を最短に抑えて、そのぶん濃い時間を過ごす、という考え方もあります。

語学学校への留学であれば、週単位で滞在期間を決めることができますし、自分にプレッシャーをかけながら集中的に勉強することで、長くダラダラ生活してしまうということもなくなり、逆に短期で力をつけることが可能です。

ワーキングホリデーなら現地収入が期待できる


ワーキングホリデーを利用できる国、そしてその条件を満たしていれば英語も学んで働きながら生活することができます。

現在ワーキングホリデーを受け入れている国は、英語圏では、
オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、イギリス。

そのほか、韓国、フランス、ドイツ、デンマーク、台湾、香港、ノルウェーなどもこの制度があります。

年齢制限など条件は国によって違いますが、現地のライフスタイルを学び、実際に働くことでより行きた英語を学べ、将来の仕事へのステップになるような体験ができます。

出発前になるべく資金を用意しよう


留学を決めたら、コツコツと資金を貯めて行く努力をして行きましょう。

現地でできるだけ余裕を持って生活するためにも大切なことです

毎月目標を立てて貯金して行く、無駄なものは買わない、処分できるものは売る、などチリも積もれば、という考えでケチケチ貯めて行くことが大事。

実現したいことがその先に待っているとしたら、頑張ってできるはず。

まとめ


いかがでしたか?

留学とお金は切っても切れないもの。

安全を第一に、自分にあった無理のないプランで目標の留学をぜひ現実のものにしてください。

素晴らしい経験になることは間違いのないこと。

それを可能にするために早速情報収集とともに資金調達をしておきましょう。