スポンサードリンク




タイゾータイゾー

さて海外留学に行かれるからには避けて通れないのがスコア系の検定です。今回はTOEIC、TOEFL、英検の違いや、就活に活かすにはどれぐらいのスコアが必要かなど解説していきたいと思います。

TOEIC、TOEFL、英検の違い

それでは早速それぞれの資格の違いを解説していきましょう。

TOEICとは

言わずもがな日本の多くの企業で採用されている英語能力検定です。

こちらはビジネス英語にシフトした検定となっているため、就活の際に英語力と合わせて英語でのビジネススキルも証明できるため日本では大人気となっています。

海外の語学学校でもTOEIC対策コースが設定されたりしていますが、基本的にクラスの殆どが日本人と韓国人しかいないイメージです。

TOEFLとは

ビジネス寄りのTOEICに対し、TOEFLは学術系と言われます。

簡単な話にしちゃうと英語の大学センター試験をイメージして下さい。高校3年間の勉強(国語、数学、科学、社会など)を全て英語でやると考えれば間違いないと思います。

海外の大学入試の為の英語力の証明に利用されたりします。よくTOEICに比べてどっちが簡単?と聞かれますが、TOEICの方が簡単です。

これはなぜかと言うと大学受験をイメージして下さい。TOEICはビジネスという1教科だけで良いのですが、TOEFLは教科全てが出題範囲です。つまり守備範囲がとても広い検定となります。

英検とは

英検はその名のとおり純国産の英語能力検定です。

これは中学生で4級を受けて、高校で準2級まで…のような形で皆さんも馴染みがあるかと思います。日本人が日本人の為に作った純粋な英語力を判断するための検定です。

私のイメージとしては単語力が試される検定というイメージです。これも日本ではメジャーですが、個人的に英検の2級を目指されるならTOEICかなぁとも思います。

 

スポンサードリンク




 

結論から言います。とにかくTOEICを受けましょう!

さてこういう書き方をするとTOEFLやIELTS好きの方から批判が飛ぶのですが、日本での就活をされるならTOEICのみで結構です。

英語を商売にしている人間から言うと本音はTOEFLなのですが、日本の就活(面接官や採用担当者)では知名度がなく、スコアを表示しても凄いのか凄くないのかわかりません。

ただ学術機関やかなり深いところ(研究や開発など)で英語を必要とする職業の際には回りの方も受講されているので理解もあり、良いかと思います。

TOEICスコアが高い=英語ができるではない!

TOEICは日本と韓国で受講者が非常に多く、海外留学するとTOEIC満点近くの韓国人や日本人(は稀ですが)に出くわすことでしょう。

しかし残念ながらTOEICスコアは地道な努力やテクニック等で上げることができますが、TOEICスコアが高いからと言って英語が話せる訳ではありません。

この事実は採用担当者からすると常識中の常識です。

就活に活かす(履歴書に書く)ためにはTOEICスコアは何点必要か

TOEICはリスニングとリーディングからなり、満点は990点となります。海外留学をしない方であれば600点ぐらいから履歴書に書いて頂きたいのですが、皆さんは海外留学をされています(またはこれからされます)。

留学された期間や受講した専門コースの内容にもよりますが、少なくとも750以上はほしいです。できれば800~850以上が理想です。

これは私は留学で遊んだだけではなく、ちゃんと英語ができることをTOEICスコアも証明していますよということをアピールするためです。

さすがに海外留学され、ビジネス等の専門コースのディプロマもあり、TOEICスコアが800越えている方であればちゃんと英語ができるだろうと判断されると思います。

留学されるならTOEICは絶対に受けて下さい!

TOEICは留学に行かれるのであれば必ず受けてほしいと思っています。できれば数ヵ月程度に1度でも定期的に受けて頂きたいです。

語学学校によってはクラス分け基準をTOEICスコアにしており、毎月必ず受講する学校もありますのでチェックしてみて下さい。

というのも450程度の方であればみるみるうちにスコアが上がりますので、英語学習の励みにもなりますし、英語が伸びた実感を得ることができ、英語学習を継続することができます。

どこがでスコアの伸び止まりになります。その場合はTOEIC対策校の受講がおすすめ

順調にスコアアップしていたTOEICですが、650を過ぎる辺りから伸び止まりを起こしてくると思います。

実はTOEICは試験慣れやテクニックが非常に重要です。もし伸び止まりしてしまった場合は無理をせず試験のテクニックを教えてくれる学校や本を読まれるのをおすすめします。

それでは早速TOEICを受けよう!

さて今回のお話しはいかがでしたでしょうか?結局日本の就活にはTOEICが一番です。留学に行かれる方は必ず定期的に受けて750以上を目指して下さい!これは留学される方なら必須で最低の条件です!

とりあえずこれから留学に行かれる方はまず一度TOEICを受講してください。

エージェントにて語学学校を決める際にもこのスコアが基準になりますし、これからどんどんスコアアップしていきますので早ければ早いほど良いでしょう。

 

スポンサードリンク




 

 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

 

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く

 

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら