こんにちは!
みなさんは、オーストラリアのワーホリで
どんな仕事をしたいですか?
楽な仕事?
稼げる仕事?
英語を使う仕事?使わない仕事?
現地の求人を見ると、多種多様な仕事があります。

楽で稼げる仕事?そんな仕事があれば誰でもしたいですよ。
オーストラリアと言っても、日本と同じです。
自分にあった仕事なのか、ということが大切ですね。

では、まずは、どんな仕事があるのか。
代表的なものを見てみましょう。

オーストラリアワーホリの代表的な仕事は?

日本人がやっている代表的な仕事をご紹介しましょう。

・日本食レストラン:ウェイター、ウェイトレス、キッチン手伝い
・ローカルのレストラン、カフェ:ウェイター、ウェイトレス、キッチン手伝い
・ホテル、宿泊施設:スタッフ手伝い、掃除
・オーペア、デミペア:住み込みの家事手伝い、ベビーシッター
・企業:事務仕事など
・日本語ツアーガイド:
・日系のお土産屋、食料品店:
・バーテンダー:
・農場:
・精肉工場:
・フライインフライアウト:鉱山、採掘場、周辺宿泊施設

これ以外にも色々な仕事がありますが、いかがですか?
自分にあっている、興味がある仕事はありますか?

後ほど、上述の仕事の中で、稼げる仕事と、稼げない仕事を見ていきましょう。

英語力と仕事の関係

オーストラリアに来たからには、英語力をつけたい、英語を使って仕事をしたい!
と思っている方がほとんどではないでしょうか?
せっかくの海外ですから、色々な経験を積んで、英語力をつけて、
将来の夢を実現したいですね。

では、現実に、仕事を始める上で、どの程度の英語力が必要なのでしょうか。

一言で言うと、英語力が高ければ高いほど、良い仕事に就くことができます。
特に、ローカルの仕事では、英語力は基本です。

理想を言えば、TOEICで700点以上、電話応対や、英語のメールが書ける力を
渡航前から身につけていれば、かなり有利です。
仕事能力を認められれば、将来、現地で就職!
なんていうことも実現可能です。

重要なことは、日本にいるときから、英語力を磨くことです。
オーストラリアに来たから、自然に英語が上手くなる!なんてことはありません。

またオーストラリアの英語は、話す人によっては、発音やイントネーションが分かりにくい場合もあります。
これは基本的な英語ができれば、慣れてくれば理解できるようになりますが、

苦労しないように、渡航前から様々な英語を聞く習慣を身につけましょう。

インターネットには、様々な英語を学べるサイトもあります。

稼げる仕事って?

オーストラリアの最低時給は、約18ドル。日本円で(80円換算の場合)=1,440円
です。非常に高いですね。
でも、仕事によってかなり差が出ます。

一般的に言われている、稼げる仕事を、必要な英語力も含め、ご紹介しましょう。

・ローカルのレストラン、カフェ:時給18~22ドル、500ドル~700ドル/週。

長い時間働ければ、その分高給になりますが、店によってばらつきが出ますね。

英語力:中級以上

・農場:時給18~22ドル、800ドル以上/週。ただ、農場によってばらつきがあります。

オーストラリア西部の農場はかなり稼げると言われています。
労働時間や内容次第で、高給だけど、重労働で大変!ということもあります。

英語力:初級

・日系のお土産屋、食料品店:時給20~23ドル、700ドル/週。
週に数日、長時間勤務も可能ですから、高収入が期待できます。

現地の日本人や関係者と知り合う機会も多く、メリットは大きいです。
職種は店員さんですから、顧客とのコミュニケーションが重要。
英語力:最低でも中級以上が必要です。

・精肉工場:時給20~25ドル、1,000ドル/週。
給与は安定しているようですが、遠方にあるので通勤が不便。

また、精肉の仕事なので、環境を考えると、安易に就く仕事ではないかもしれません。
英語力:初級

・フライインフライアウト:鉱山、採掘場、時給20~25ドル、1,800ドル/週。
食事や宿泊費は会社もちですから、かなり節約でき、稼げます。
ただし、採掘、鉱山という性格上、重労働で危険が伴います。
現地の労働者と普通にコミュニケーションをとる必要があるので、
英語力は、上級が求められます。

・バーテンダー:時給30~40ドル、1,000ドル/週。
チップも含めると、かなりもらえる仕事です。
ただし、顧客とのコミュニケーション、お酒を扱う資格であるRSAが必要になります。
英語力:中級以上。

稼げない仕事って?

決めつけはいけませんが、一般的には下記の仕事は、給料が低めですね。

・日本食レストラン:時給12~20ドル、400ドル/週。
稼げない仕事として格付けをされています。
最低賃金を守らない、違法な店が多いです。
週5日、一日8時間働いても、たいした額にはなりません。
英語力:初級

・掃除:時給15~22ドル。
時給は悪くないのですが、一日に働ける時間が限られています。
一日、数時間で、週20時間程度の労働時間がほとんどです。

・オーペア、デミペア:住み込みの家事手伝い、ベビーシッター
時給10~15ドル。食費や家賃は節約できますが、週に20時間程度です。
女性に人気で、英語力は磨くことができますが、稼げないですね。
英語力:初級

まとめ

いかがでしょうか。
楽か、楽ではないかは、その人次第ですから判断が難しいですが、
時給だけ見ると、農場、精肉工場は時給が高く、英語力も初級レベルですね。

英語力に関して言えば、高いほうが良いに決まっています。
たとえ初級レベルで働ける仕事でも、英語力が高ければ、生活するにも便利で、

現地の人とのつながりも広がり、楽と言うより、楽しい仕事になるはずです。

オーストラリアの高時給を求めて、いろいろな国から多くの人がワーホリに来ます。
英語力が問題ない人も多いのです。

その中で、有利な地位を手に入れるのであれば、まずは、英語力を鍛えておきましょう。

Good Luck!