こんにちは!
みなさんは、すでにワーホリを経験されましたか?
あるいは、これからでしょうか。

英語学ぶ。
英語を活かしながら、仕事に有利なスキルを身につける。

目的は人それぞれですが、
果たして、ワーホリが終わり帰国してからの問題はないのでしょうか?
思ったほど英語力が伸びなかった、
なかなか仕事が見つからない、など
具体的な問題と対処法をご紹介しましょう。

ワーホリ帰国後の問題とは何?

学生さんが休暇を取ってワーホリに行き、将来のために見聞を広げるのであれば、ワーホリは大いに役立つでしょう。
一方、帰国後に就職をするのが目的でワーホリを利用する場合は、難しい状況が待っていると思ってください。
ワーホリに行き、現地で生活する、その後に起こる可能性がある問題点を念頭に、
準備することが重要です。

ワーホリ帰国者に対する日本の就職状況は?

ワーホリについて、多くの方が誤解しているのは、ワーホリに行けばスキルが身につき、

英語力が伸び、帰国後の就職に有利、ということです。
単にワーホリに行ったから、英語力がつき、就職に有利になるほど、簡単ではありません。

また、ワーホリ経験者だから、未経験者よりも就職に有利で、雇用する企業も多いということでもありません。
もちろん、英語力があり、なんらかのスキルや技術が身につけば、就職できる機会は多くなります。
要は、渡航前から目的をはっきりと定め、帰国後のプランを練り、現地では一生懸命に語学を学び、

就職に有利になるような仕事で、スキルを身につける、という当たり前の事を実践する必要があるということです。

実例から見ますと、ホテル・旅行観光関係、翻訳、外資系企業などは、

ワーホリで身につけたスキルや英語力が役に立つ業種でしょう。

また、現在は空前の日本ブームで、海外からの観光客が増大しています。
みなさんの努力次第で、帰国後の活躍の場が広がるでしょう。

帰国後の英語力の現実は?

前述しましたが、単にワーホリに行ったからと言って、英語力が自然に身に付くわけではありません。
実際に、一年間留学していました!なんていう方は多いのですが、本当に英語で生活したの?

と疑いたくなるような英語力しか持っていないことに驚かされます。

文字通り、ワーキングホリデーで休暇を楽しんだだけなのかもしれません。

本当に英語を身につけたいと思っている方は、海外に行く、行かないに関係なく、積極的に学習します。

では、仕事に役立つ英語力とは何なのでしょうか。
話す、聴く、書く、読むというスキルと、それらを基にした、コミュニケーション技術のことです。
この点を理解したうえで、英語を懸命に学べば、帰国時には一目置かれることになるでしょう。
一点大切なことがあります。しっかりした日本語力があることで、英語力も仕事に生きるということです。

もし、翻訳や通訳の仕事を望むのであれば、日本語と英語を鍛えるのは言うまでもありません。

逆カルチャーショックって何?

これはまじめで、一生懸命努力した方に多く見られる、うつ病的な現象です。
自分が期待したほど、周囲が認めてくれないと悩み、自分を責め、社会に溶け込めなくなってしまうのが原因のようです。
あせりは禁物です。帰国前から、日本という社会を思い浮かべて、自分を急かさないことです。

性急に結果を求めず、自分を信じ、慎重に楽観的に考え、行動しましょう。
この現象も、渡航前、留学中に念頭に、プランしましょう。

友人や周囲との軋轢

自分はこれだけやった!
英語力もスキルも身に付け、これだけの経験を積んだんだ!という
過剰な自信が、友人や周囲から反発を招くこともあります。
若い頃は自分の力を過信しがちです。
特に留学など、周りが経験できない事を経験すると、傲慢になる方も多く見かけます。
自分が身につけた能力は自分のためではなく、他人に自慢するものでもなく、

世の中にために役立てるもの、という真摯な気持ちを持つことが大切で。

Keep low profile. 実るほど頭をたれる稲穂かな。
頭の片隅に入れておいてください。

食生活の変化

和食から離れ、カロリーが高い肉中心の生活を続けると、
知らないうちに体重増加、日本から持参した衣服が合わなくなる、という話は良くあります。
家族や友人から、別人のような事を言われた方もいます。
特に女性はショックですね。

現地にいるときから、運動を心がけ、
無理なダイエットで体を壊さないようにしましょう。
日本に戻り、和食中心の生活で、適度な運動をすれば、
体は元に戻ります。

ワーホリ経験を有利に進める方法は?

渡航前から明確な目的意識を持ち、プランを立て、

留学時に身につけるべき語学力やスキルをイメージしましょう。

なんとなく、ワーホリに行けば何とかなる!は禁物です。

英語力を証明する

具体的にどの程度の英語力があるのかを証明しましょう。
TOEIC、TOEFL、IELTSなどの試験を受験しましょう。
前述しましたが、話す、聴く、書く、読むという4技能を高めることが重要です。

2-2、専門性を身につけるには?

ご自分の目的と適性を見極め、社会情勢に照らし合わせて、ワーホリで磨きたいスキルを明確にすることが大切です。
ワーホリの専門機関に相談し、効率的にプランを立てることも良いでしょう。

ワーホリ現地での就職は?

ワーキングホリデーでも、現地での就職は可能です。
しかし、仕事で実力を見せ、職場の人たちに認めてもらい、

ビジネスで通用する英語力とコミュニケーション技術が必要不可欠です。

日本語と英語を活かせる翻訳や通訳、日本語講師も可能です。

様々な選択肢を持ち、可能性を広げましょう。

ワーホリの有利な時期はあるの?

ワーホリビザは基本的に1年間です。
この期間を念頭に、日本での求人が増える時期に帰国する計画が良いでしょう。
最近は中途採用が増えていますし、外資系企業も増加していますから、

どの時期に求人数が多いか一概に言えません。

一般的には、2月や9月頃と言われています。

自分が希望する職種にもよりますので、常にインターネットなどで情報をチェックしましょう。
また、ワーホリを計画するときに、自分が希望する業界の求人動向なども考慮しましょう。

帰国までにやるべきこと

繰り返しになりますが、渡航前から計画し、目的を明確にし、現地では計画を実行する、という
姿勢が大切です。行き当たりばったりにならないようにしましょう。

就職先の選択

ます、帰国して就職するのか、現地で就職するのかを決めましょう。
ただし、渡航前から計画しましょう。
帰国して企業に就職するのか、自分で起業するのか、アルバイトで働き正社員に移行する方法もあります。

現地で習得すべきモノは?

語学力は基本です。1年間みっちり勉強すれば、かなりの英語力が期待できます。
月ごとの目標を立て、1年後の自分をイメージできるようにしましょう。

例として、英語が話せるネイリストを目指したある女性は、

日本にはなかったネイルアートを、1年間で自分のものにし、帰国後は、外国人が多い場所で活躍しています。

また、プログラマーやエンジニアとしてのスキルを英語で身につけ、外資系企業で活躍している人もいます。

いずれにしても、この方々は、渡航前から明確な目標を持ち、努力を続け、夢を実現しました。

まとめ

いかがでしょうか。
1年間のワーホリを例に見てきました。
就職問題、精神的な問題、語学力の問題、人間関係と、様々な問題があります。
しかし、問題を解決するのが、人間力と言えないでしょうか。
その人間力を大きくし、グローバルな見識を持つことができる場が、
ワーホリです。
成功するもしないも、自分の姿勢、努力と計画性ですね。
成功している自分をイメージし、ワーホリに出かけましょう!

Good Luck!