スポンサードリンク




タイゾータイゾー

知っているようで知らない人が多いワーキングホリデー(ワーホリ)。今回はその制度について解説します。

ワーキングホリデーとは期間限定の就労ビザが取得できるシステムの事です

留学を志すものであれば一度は耳にし、一度は悩むワーキングホリデー制度ですが、簡単に説明すると、通常の観光ビザではなく、就労もでき、長期間滞在できるビザを発行する制度の事です。

ビザ発行数と年齢制限(殆どは30歳まで)があります

ワーキングホリデー制度がある主な国としてはカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、台湾、香港、イギリス、フランス、ドイツなどでしょうか。

日本人のワーキングホリデー制度がある国は、日本も同じようにその国の留学生を受け入れていると言うことです。

また、残念ながらアメリカは移民の流入を喜びませんのでワーキングホリデー制度はありません。

ワーキングホリデーの滞在可能期間は基本は1年間ですが、その国によって変わります

通常海外旅行をする際は観光ビザで入国します。滞在可能期間はその国によってまちまちですが、大体3ヵ月~半年だと思います。

ワーキングホリデービザは基本的に1年間の滞在を許可しています。ただオーストラリアのように一部の条件を満たせば延長できる国もあります。

くれぐれもご注意を!ワーキングホリデービザまたは就労ビザがないと海外では働けません!

留学には通常、観光ビザ、学生ビザ、ワーキングホリデービザのどれかで入国するのですが、海外での就労はワーキングホリデービザまたは就労ビザがないと働くことはできません。

就労ビザはクリアする条件がかなり厳しく、中々取得できるものではありません。

俗に言うアンダーと言われるもので、政府の許可なく働かせるお店があったり、ビザがないのに働かれる方もチラホラいらっしゃいますが、賃金のトラブルが多発することや、万が一バレた場合は強制送還となり、その国に二度と入れなくなる可能性すらあります。

留学中にお金が無くなったらバイトすりゃいいやと思われていた方は今一度留学そのものを調べ直して下さい。

ワーキングホリデービザの数は有限で、審査制です。中には取得が難しい年もあります

ワーキングホリデービザは毎年その発行数が変更され、極端に少なくなる年や多くて余る年もあります。

その年によっては取得が難しくなる可能性もありますので、準備は早目に行いましょう

ワーキングホリデーって何歳までに申請して何歳までに出発すればいいの?

年齢についてですが、30歳の誕生日までに申請が完了しておれば、申請許可日より1年以内に出発をすればいいので、31歳と11ヵ月まで渡航可能です。

ちなみに余談ですがこういうワーホリの方をギリホリと言います。

また、その国でワーキングホリデービザを使用するのは人生で1度のみとなります。よく考えてからビザの取得に入ってください。

 

スポンサードリンク




 

 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

 

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く