スポンサードリンク




タイゾータイゾー

さて今回もワーキングホリデー(ワーホリ)について書いていきましょう。今回は仕事の探し方にフォーカスして書いていきます。仕事については日本語環境ではなく英語環境の職場を探す事を目標にします。

ポイント① 数か月でスピーキング力を鍛えぬき、日常英会話をマスターする事!

どういったプランを組むかにもよりますが、出国していきなり仕事を探し出す事はないかと思います。それが可能なのは英語力をあらかじめお持ちの方だけですので、殆どの方は3か月程度語学学校(ESL)に入り基礎英語力やスピーキング力を鍛えます。

これから皆さんは英語を駆使して働いてお金を稼いでいかなければいけません。仕事にはもちろん責任がつきまといますし、下手をすればクレームやトラブルにもなりかねません。中途半端なスピーキング力でできる仕事は日本語環境の職場以外ありません。

皆さんは出国後わずか数か月で日常英会話をマスターし、仕事を探し出さないといけません。可能な限りスピーキング力向上にシフトしている学校を探し、とにかく英語を話せるようになるための訓練を全力で行ってください。

ポイント② 観光ビザで入国しその間にワーキングホリデー(ワーホリ)ビザを取得するのも一つの方法

ワーキングホリデー(ワーホリ)ビザは大抵1年間です。語学学校に通っている間も働ける期間は短くなっていきます。

この方法は国やビザ申請のタイミングや申請期間にもよりますので必ず留学エージェントに事前の確認を行っていただきたいのですが、入国時は観光ビザや学生ビザで入り、語学学校(ESL)でしっかり英語の勉強を行います。

そしてこの間に現地からワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの申請をする事もできます。予め日本で用意しておく書類や少々難しい部分も出てきますが、現地では結構メジャーな方法です。

またワーキングホリデー(ワーホリ)ビザの期間を最大限に使う方法として、以前の記事(語学学校(ESL)の選び方 ~費用対効果抜群の格安フィリピン留学について~)にも書きましたフィリピン留学がおすすめとなります

フィリピン留学では英語圏のESLの半分の費用で倍の授業時間を獲得できます。マンツーマン授業が多いフィリピン留学では英会話にシフトします。

英語環境の仕事を見つけるには数か月で中上級のスピーキング力を身に着けることが必須となります

フィリピン留学に興味を持たれたならまずは資料請求やカウンセリング受講を行いましょう。

ポイント③ ワーキングホリデー(ワーホリ)出発時期に気を付ける

こちらも非常に重要なのですが、殆どの国では春~夏にかけて仕事の募集が増えます。秋から冬はどうしても求人自体が少なくなります。

語学学校(ESL)に通われる期間も逆算して春頃から仕事探しを始められるように準備をして下さい。

ポイント④ とにかく履歴書を撒く!とにかく面接にこぎつける!

英語環境の仕事に就いた方数人からお話しを伺いましたが、現在の職場を見つけるまでに平均して30~50箇所ぐらいに履歴書を持っていき、10箇所ぐらいで面接を行ったとの事でした。

皆さんいかがでしょうか?日本の就活と全然変わらないでしょ?外国人がワーキングホリデー(ワーホリ)ビザで目当ての仕事を探すのがどれ程難しいかお分かりいただけたかと思います。

とにかく折れずに根気よく仕事を探し、気になったお店には積極的に飛び込んで履歴書を撒きましょう。

ポイント⑤ 履歴書を渡す相手は必ず役職者や管理職に!

履歴書を渡すときは必ず店長や役職者、管理職の方に直接渡しましょう。

間違ってもカウンターのアルバイトには渡さないこと。その場で捨てられて終わりです。ほぼ間違いなく管理職の手には渡らないと思います。

また中々管理職の方はお忙しく会ってくれない事が多いです。飲食店の場合は忙しい時間を避けるなどの最低限のマナーはわきまえて行動しましょう。

ポイント⑥ 留学エージェントや語学学校、友人からの紹介も大切に

こちらも非常に大切なのですが、一番楽に仕事が決まるのが紹介です。

留学エージェントや語学学校の掲示板にも募集が貼られていることもありますし、留学エージェントによっては仕事紹介に力を入れているところもあります。

例えば履歴書やエントリーシートのチェック、面接時のマナー講習、面接の練習等、留学エージェントを決める際の大きなポイントにもなりますので、是非ともそういったサポートがないか事前に問い合わせておきましょう。

また友人の紹介も大切です。こちらは日本人の友人でも英語環境の職場であればいいのですが、語学学校等で知り合った外国人の友人からの紹介が非常にいいと思います。

彼らは我々日本人とはまた違ったコミュニティを持っていますので、うまくいけば英語環境の仕事を紹介してくれるかもしれません。

以上、長々と書きましたが、とにかく折れない気持ちで根気よく続けることが大切です。諦めない心と継続力。留学を成功させるのに最も大切な要素と言えます。

 

スポンサードリンク





 

留学のことについてほかに聞きたいことがある人は?

留学行きを検討し始めたころは、何をしていいかわからないと思いますので、いろいろと質問をぶつけてみてはいかがでしょうか?

留学エージェントをお願いするのにお金がかかるのが嫌!という人は「Global Dive」で無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

 

>>Global Diveを見に行く

 

Global Diveとは?

Global Diveは2002年から営業している老舗の留学のトータルでサポートしている企業です。

これから留学に行く人のためのカウンセリングを実施しているほか、ワーキングホリデーやバックパッカーへのサポートなどを行っています。

「すべての若者に1か月以上の海外経験を」

をモットーとしており、これから海外を志す方にとっては心強い味方になるでしょう。

Global Diveの無料留学カウンセリング

Global Diveでは留学について無料相談を実施しています。

留学直前は諸経費などで何かとお金が要ると思いますので、周りにそのような人がいなければ、かなりありがたいサービスであることは間違いないでしょう。

試しに、留学エージェントの私も使ってみましたが、無料であるにも関わらず、かなり突っ込んだ話をすることができました。

是非一度試してみてはいかがでしょうか。

Global Diveの申し込み方法

Globalを申し込むにはまず公式サイトにアクセスします。

 

>>Global Diveの公式サイトはこちら

 

すると以下のような画面になります(スマホ版、PCは少し異なりますが、構成はほとんど一緒です。)

右上の「MENU」をクリックしてください。

すると下記のような画面になります。「まずは無料相談」をクリックしてください。

名前やメールアドレス等の情報を入力します。

自由記入欄には自分の希望を書いておくとよいでしょう。(例:留学先でおススメの英会話学校を教えてほしい。留学先ではどこで家を借りたらいいか、ホームステイするときはその国のルールなど)、記入が完了しましたら、「入力情報を確認する」をクリックしてください。

送信するを押すと申し込み完了です。

確認メールが来ますので、そちらの指示に従って、留学カウンセリングを受けてください。もしくは直接電話をかけていろいろと聞くのも手だと思います。

 

>>Global Diveを見に行く