BizEnglish(ビズイングリッシュ) は3ヶ月間集中型のパーソナルトレーニング型オンライン英会話スクールです。

目的に合わせたオーダーメイドレッスンで専属講師によるマンツーマンレッスン、毎日50分受け続けることで強制的に英語学習のペースが落ちることを防ぎ、それぞれの生徒に合わせたレッスン内容で、英語力を効率よく伸ばします。

あなたの目的に合わせて生きた英語を提供してくれるため、無駄な期間を費やすことがありません。

特に、真剣に短期間で英語を話せるようになりたいビジネスパーソンにとってのやり直し英語塾として話題。

自分がビズイングリッシュのレッスンを受けたときに感じたことと、他の方々の口コミとの差を知りたくて、いろいろ調べてみました。

>>ビズイングリッシュを実際に受講したレビューの結果はこちらから

口コミの分析結果

いろいろなサイトの口コミを5つの視点で分析しました。

• 講師の質

• 料金

• 受講システム(予約)

• レッスンの柔軟性

• サポート体制など

出典:

ENGLIB
オンライン英会話.COM
海外ニュースのひとシグナル

 

口コミ1.講師の質

講師の方がアジア圏の女性が多いので、アメリカ、ヨーロッパ圏の講師のレッスンを受けたいという人には不向き。
実力のある講師と一緒に生きた英語を学ぶことができる。
一般的なフィリピン系スクールよりも講師のクオリティは高いと思った。
専任の講師が気さくな人で楽しく学習する心得を教えてくれましたし、フリートークもしてくれたのが続けられた理由ですね。
仕事のメールの内容や英語での企画書のチェックなど臨機応変に対応してくれますので、ビズイングリッシュは自分でカスタマイズして受講するのも良いのではないでしょうか。
講師の合格率は僅か1%と採用率が低く、それだけ選定に気を配っている。
担任制だと、毎回先生が変わってその度に自己紹介する必要がなくなり、自分のクセを知ってもらえるため、会うたびに自分に合ったアドバイスがもらえるようになります。
もし、アメリカ英語やイギリス英語に特化して発音勉強がしたいというのであれば、ビズイングリッシュは選択肢から外しましょう。
フィリピン系主体のオンライン英会話ですので。
グローバルイングリッシュ、仕事で通用するための英会話スキルがほしいという人に適していると思います。

私の講師は、英語圏で英語講師ではない仕事も経験されていたという方で、おそらく私が仕事で英語が必要だと言ったため、彼女が選ばれたのだと思います。

とても聞き取りやすい英語で、自己紹介の後はほとんどフリートーク。

日本人カウンセラーからきちんと私の情報は伝わっていて、仕事内容と問題を話しました。

他のオンラインスクールの無料体験でのフリートークと違ったところは、私の希望(仕事上でのコミュニケーションの問題)がどのようなものか具体的に聞かれたことです。

カリキュラムは生徒の目的に応じた記事から、という「これ」といった教授法がない中で、生徒一人ひとりの希望や目的によく耳を傾け、楽しく英語へのモチベーションを上げてくださる講師だなと思いました。

おしゃべりのような私の愚痴の中でも、私の英語力を的確に把握してくださっているというのが、随所に感じられ、また、先生の英語のレベルもかなり高いなと感じました。

まるで同僚と話しているような30分でした。

口コミ2:料金

受講料は3ヶ月で25万円ですね。

値段だけを見ると高く見えますが、授業が「毎日」受けられるので内容の濃さからすると決して高くはないと思います。

この価格設定だからこそクオリティは圧倒的ですし、非常に受講生の満足度も高く、口コミ評判も良いですね。
12週間で249,000円とオンライン英会話にしては高額な料金が発生する。
他のスクールの場合、「1ヵ月当たり○○円」「○○Pointで○○円」と設定されているのに対して、毎日50分×12週間で249,000円というプログラム料金しかありません。

1レッスンは50分で、土日祝はありませんので、60回弱、一日当たり60回と計算すると約2400円です。

月謝制(3回分割払い)ですと83,000円×3回になり、数百円で受けられるオンライン英会話より、かなり高額になります。

記事を探し、要約し、発表やディスカッションをすることで英語力の向上が認められる可能性があり、かつ、一括で支払うことができる方ならば、リスクは少なく英語の扉を開くことができるスクールだと思います。

人間、やらざるを得ない状況と、お金を払うということが重なると、私の経験上やり遂げる確率は高くなると思います。

口コミ3.受講システム(予約面)

 

3ヵ月間に渡ってレッスン時間が固定されているので、オンライン上で予約しなくても良い。

 

レッスン時間が固定されているので好きなタイミングで受講したい人には向かない。

 

平日に時間を取ることができないビジネスマンには少し厳しい。
ビズイングリッシュは決まった時間にレッスンが始まるというのは、一見不自由に思いますが、生徒が自由に時間を選択できてしまうからこそサボりがちになってしまいます。
決まった時間にレッスンを受けるというのは、今まで英語学習が継続できなかった人には必須の要件ですね。
3か月毎日固定の担任制なので、予約の煩わしさはありません。
しかし講師の数が約10名と少なく、私の最初の無料体験レッスンの時のように、講師の急病や急用で、代行講師のレッスンになる可能性は、大手のスクールに比べると避けられないデメリットです。
また、講師の方々の人気や稼働時間も分かりません。

口コミ4.レッスンの柔軟性

他のパーソナルトレーニング型のスクールと比較すると、やりたいことを自由にやらせてくれる反面、あなたはいま何が出来ていないのか、英語を上達するためにはどうすればいいかというテクニカルな分析が弱いように感じます。
あらかじめプログラムが決められているのでフリートークレッスンは難しい。

話したり書いたりするアウトプット主体のレッスンを提供してくれる。

自分の目的に合わせたテキストや教材を使って学習できる。

自由課題によるグループセッションのPitchでスピーチ力を身に付けられる。

マンツーマンレッスンの大まかなカリキュラムはあらかじめ決められているが、細部に関しては生徒一人ひとりに合わせて臨機応変に変えてくれる。
ビズイングリッシュは決められた教材やテキストではなく、生徒の目的やレベルに合わせてカスタマイズしたレッスンを受講できます。

レッスンには全く柔軟性はありません。

毎日同じ時間ですし、担任制です。カリキュラムもインプットとアウトプットのみ。レッスンの継続に加えて、毎日宿題をこなす。

内容はひとりひとり対応していただけますが、やる“メニュー”は同じ。

仕事をしながら、毎日同じ時間にレッスンを受け、宿題をし、アウトプットの準備もするというのは、相当なプレッシャーだと思います。

しかし毎日一時間のことです。

この適度なプレッシャーと、適度な強制力が英語力を伸ばしたい方には必要なのかもしれないと私は感じました。

 

口コミ5.サポート体制・その他

もし満足出来なかった場合は、3ヶ月のレッスンを受講した後にでも全額返金してもらうことが出来ます。

 

現在の英語力や進捗状況を踏まえて自分に合う課題を用意してくれる。

 

2週間に1回のペースで、3人で行う自由課題の発表会のPitchが実施されている。

ホームページにあまり情報がないとか、講師の数が少ない、テキストがないなど、ちょっと受講生には厳しいところも多いのがビズイングリッシュだと思います。

ビズイングリッシュでは、自分の英語能力について無料でカウンセリングを受けることができます。

まずはそちらを試してみるのがいいかもしれません。

ただし、体験レッスン後20分は日本人カウンセラーの方の説明を聞きました。

それが私にはとても長かったです。

ビズイングリッシュの詳細情報

ビズイングリッシュ
受講料 毎日50分×12週:249000円
無料体験日数 1回(30分)
ネイティブ ×
日本語OK ×
担任制
ビジネス
旅行・日常会話
専門用語 ×
TOEIC/TOFLE/IELTS ×
英検 ×
文法
初心者向け
子供(高校生、中学生、小学生、 幼児) ×
DME/カランメソッド ×
グループレッスン
利用可能な時間帯 毎日固定

毎日同じ時間に一時間のレッスンを受け、宿題をし、アウトプットの準備もするという、緊張感のあるスクールです。

受講料は3ヶ月で25万円は高そうにみえますが、内容を鑑みると決して高いとは私は思いませんでした。

適度な強制力が伴っても英語力を伸ばしたい方には最適なスクールだと言えるでしょう。

>>ビズイングリッシュの申込方法はこちら<<