DMM英会話では、ある月の途中で入会したい場合は、その月の料金を全て払う必要があるのでしょうか?それとも日割り計算になるのでしょうか?

今回はそのことを探るとともに、退会の手続きに隠された注意点がないか、DMM英会話で損をしない方法をご紹介していきたいと思います!

 

タイゾータイゾー

損のない方法を探していきましょう!

 

DMM英会話の月謝は日割り可能?

DMM英会話の月謝は日割り計算?

DMM英会話では、日割り計算ではなく、入会をしたその日から1ヶ月毎に料金を支払う仕組みになっています。

例えば1月7日に入会した場合、残りの3週間分を日割り計算をして料金を支払うのではなく、翌月の2月7日まで、初月の支払い分のレッスンを受けられるということです。(初月のみ1日分特になる計算で、次回からは2月8日から3月7日までという計算になるようです。とにかくこの例では毎月7日が支払日となります。)

オンライン英会話スクールに限らず他社では日割り計算といっても、10日置きの区切りだったりして、入会する日によっては損得が生じたりします。例えば1月10日以降の入会だと残りの20日分の料金を支払えば良いけど、1月9日に入会すると1ヶ月分の料金を支払う必要がある、なんて不便なサービスもよくあります。それと比べると、いつ入会しても損がなく、生徒側も始めたいときに始められて良いですね!更に、有料会員の手続きをした途端からレッスンを受けられるのも魅力的です。

DMM英会話の請求日はいつになるの?

先述の通り、日割り計算ではなく、入会したその日からの1ヶ月単位で料金が計算されるので、DMM英会話の支払い日は、入会した日が基準となります。なので、1月7日に有料会員及び支払い方法を選択したら毎月7が支払日、クレジットカード払いならば翌日の8日が決済日となります。

 

タイゾータイゾー

入会時は日にちを気にせずに始められますね。

 

>>DMM英会話はこちら

DMM英会話で料金プランを変更する際は日割り可能?

入会時はいつから始めても損のない仕組みになっていますが、プラン変更時はタイミングによっては損をする可能性があります。料金プランの変更もいつでも変更が可能ですが、料金プランを変更したその日から契約更新になってしまいます。(支払日もその日からの1ヶ月に変わります。)

DMM英会話で料金プランを変更するのはタインミングが大事!じゃないと損します!

料金プランを変更する際は要注意です。DMM英会話には主に大きく分けて2つのプランがあり、スタンダードプランと、ネイティブ講師と話せるプラスネイティブプランとわかれています。どのプランも1日1レッスン、2レッスン、3レッスンの3つがあり、合計で6つの料金プランがあります。

例えば、毎月20日が支払日で1日2レッスンのコースを入会しているとします。時間ができてきたので1日3レッスンに変えたいと思い、2月10日に料金プランの変更をしてしまうと、2月10日から契約変更、となってしまいます。

つまりこの2月10日から2月19日の間に、支払済みの1日2レッスンコースは消滅されるのです。この間に前プランと、変更後のプランを合算して1日5レッスンできるということもありません。

日割り計算をされるわけではないので、日割り分が返金されることはありません。

 

タイゾータイゾー

なるべく現在のプランの有効期限が近づいた頃にプランの変更をする方が良さそうですね。

 

>>DMM英会話を試してみる

DMM英会話で料金プランを変更する方法と注意点

料金プラン変更の手順はいたって簡単です。

1、マイページへログインします(登録時のメールアドレスとパスワードが必要になります)

2、マイページ左のメニューバーの下の方にある「料金プラン」のページをクリックします

3、変更したいプランを選択して完了です(クレジットカード決済の場合はそのままです)

 

ただ、レッスンの予約が入っているとコースを変更できません!予約しているレッスンを終えてから変更の手続きに入りましょう。

先述の通り、有効期限の1ヶ月以内に他の料金プランに変更したとしても残りのレッスンが日割りで戻ってきませんのでご注意ください。

料金プランを変えるべきか悩んだら

日々忙しいと、自分が日々どれぐらいの確率でレッスンを受けているかよくわからなくなりそうです。そんな方のために、DMM英会話では受講率を見ることが可能です。これが見られることで、受講率が低いのでレッスンの回数が少ないプランに変更しよう、またはもっと頑張ろうという指数になります。便利ですね。

受講率の見方の手順は以下の通りです。

1、マイページへログインします

2、マイページ左のメニューバーに、先ほどの「料金プラン」の下段に「各種証明書の発行」のページがあるのでそれをクリックします

3、受講期間を入力します

 

この受講期間を入力する際に、支払日の1ヶ月、例えば支払い日が10日ならばその西暦の2月10日から3月9日までを選択します。そうすると、受講証明書が表示され、そこにレッスンの受講率が記載されています。

 

タイゾータイゾー

日割り計算されないので、請求日を覚えておくようにしましょう!

退会するのきの注意点は?

最後に、退会に関してご紹介します。DMM英会話を離れるには「休会」と「退会」の2つの方法があります

DMM英会話を休会・退会する際は日割り可能?

DMM英会話を休会及び退会するのも日割り計算ではありません。支払い済の月の最終日までとなります

つまり、毎月20日が支払い日だけど、5月10日に辞めたいと思っても、5月19日までの支払いがされています。また5月20日に退会手続きをすると、6月19日までの支払いがされてしまいます。この場合、5月19日に退会手続きをするのが一番損がないですね。

休会と退会の方法

手順は簡単ですが、退会は休会の手続きを終えないと退会できません。

休会の手順

1、マイページへログインします

2、マイページ左のメニューバーに、「料金プラン」の上段「登録情報変更」をクリックします

3、「DMM英会話休会」を何度かクリックして終了です

休会すると、マイページ内の情報は残りますが、レッスンの受講やiKnowの使用はできませんのでご注意ください。

退会の手順
1、マイページへログインします

2、休会の手続きが完了していることを確認します

3、「DMM英会話 登録情報変更」マイページ右上にある人型のマーク「お客様情報」をクリックします

4、画面下にある「退会する」を何度かクリックして終了です

退会後にDMM社からあとで電話がきたり、退会について問いただされるなんてないのでご安心ください!

ただ、DMM英会話だけではなく、DMM社のサービス全ても使えなくなるのでご注意ください!

 

タイゾータイゾー

休会も退会も、請求日に合わせて手続きを行いましょう。

 

>>DMM英会話の公式サイトはこちら

 

まとめ

入会も入会後の料金変更も、休会・退会時の日割りはありませんでしたね!入会は簡単ですが、料金変更と休会・退会は支払日を覚えていないと損をする可能性があります

そして、DMM英会話には休会と退会があるのですね。「長期で海外旅行へ行きレッスンを受ける時間がしばらくない、けどまた通常の生活に戻ったらレッスンを開始したい」というような人は休会を選ぶのが良さそうです。

 

タイゾータイゾー

日割りがないので、請求日に合わせた損のない変更手続きをしてください。

 

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら