スポンサードリンク




My Tutorの申し込み方法

PCであってもタブレットであっても、インターネットが使える機器であれば、My tutorの無料体験レッスンを申し込みすることができます。

ここでは、My Tutorの申し込みの方法をご紹介したいと思います。

公式サイトへのアクセス

まず、My Tutorの公式サイトへアクセスしましょう。

 

>>My Tutorの公式サイトはこちら

 

Skypeの登録

My Tutor を利用するにはSkypeの登録が必要ですが、
My Tutorのホームページの右側の一番下に「Skypeをダウンロード」という項目があり、そこからダウンロードすることができます。

PC画面であれば、右に「今すぐ登録!無料体験レッスンへGO!」という項目があります。

例にある通り、メールアドレス、パスワード、漢字とアルファベットで姓と名、ニックネーム、そしてSkype名等を入力して、

「確認」をクリックすると、会員になり、My Pageが完了します。

ここからログインして、レッスンを申し込みます。

My Tutorのホームページは情報量が多く、いくつかコースがあったので、どのコースかを選ぶのかと思っていたら、予約画面しか見つかりませんでした。

後でトップページのフッターから、「よくある質問」を見ると、
・2回無料体験レッスンが受けられること
・「レッスンにご希望があれば「講師への連絡」から直接講師へお知らせください。」
とありました。

実際のレッスンで、私はなにも選ばなかったので(選ぶところが分からなかった)、てっきりレベルチェックとフリートークだけかと思ったら、どのコースかを講師に聞かれ、「スピーキング」と答えました。

私はIELTSを留学時に取ったので、それも伝えたのですが、なぜかIELTSを勧められました。

My Tutorのホームページには
基本的にはレッスン時間 月~金 15:00~24:55 、
土・日 11:00~24:00
と書いてあったので、予約画面から翌々日の15時に予約を入れました。

左に講師の顔写真が並んでおり(消してあります)、
クリックすると、プロフィールを見ることができます。

予約画面上の気に入った講師の横の行で、赤い字で「予約」とある時間帯に予約します。

人気のある先生は予約が取りにくいかもしれませんが、数日前に見ると平日15時からのレッスンだと、比較的取りやすそうに思えました。

プロフィールで講師の音声も聞けるので、それぞれの講師のアクセントなど確認できるのもいいですね。

予約をするとこのような画面が出るので、クリックして完了です。

すると、自動で確認メールが届きます。

無料体験レッスンを申し込んだのに、「いつもMy Tutorをご利用いただきありがとうございます」とあったので、心配性の私は、また本当に無料なのか心配になりました。

予約後のMy Pageの表示はこのようになり、3時間前までキャンセルがクリック一つで可能です。

 

>>My Tutorを見に行く

 

私がMy Tutorを選んだわけ

My Tutorを選んだ一つ目の理由は、講師の質の良さの評判です。

英語教員資格を持っていたり、大卒だったりする講師がいます。

プロフィールを見てみると、例えば医学部出身で実際に医師の経験を持つ方、フィリピンの英語教授法を取得された方、講師歴が長い方もいらっしゃいました。

日本滞在経験があり日本語対応できる方や、ビジネス英語を実際使っておられた経歴の方もいらっしゃいます。

また、MyTutorはSkypeを必要としますが、トラブルがあった時にカスタマーサポートがあるということ、そして、フィリピン人ということで若干アクセントに不安があったものの、プロフィールで音声を聞くことができたので無料体験レッスンを受けることにしました。

My Tutorのメリット、デメリット

メリットは、前述したとおり、インターネットさえ使う機器があれば、

SkypeがなくてもHPへ行き、トップ画面からダウンロードした上で申し込みをすることができるということです。

フィリピンは台風などが多く、Skypeの接続状況などを心配しましたが、音声や画質は、大手コールセンターが入居するITセンターから発信されるため、こちらのSkypeの接続が悪くない限り、とてもきれいです。

トラブルがあった際の対応もきちんとあります。

また、担任制をとっており、レベルや目的にあった講師に継続的に教えてもらうことができます。実に様々なコースが用意されていて、留学に向けてTOEFLやIELTS対策、ビジネス英語、学生用コースや子どもにも対応しており、他のオンライン英会話よりも、専門性と対象年齢層の幅が広いなと感じました。

ここまでの流れでは、Skypeさえダウンロードがされていれば、他のオンライン英会話の会員登録と大差ないと感じました。

デメリットは、豊富なコース設定があるのはいいのですが、ホームページの情報量がとにかく多すぎて見づらいこと。

私は画面下までスクロールして、フッターから必要な情報を読みました。

無料体験レッスンの項目をクリックすると、上記のような流れでMy Page設定となり、レッスンの予約ができましたが、通常のレッスンと同じ方式のようで、特にコース選択をする項目もなく、本当に無料なのか不安になりました。

価格設定は以下の通りです。

  • 5,980 円で毎月8レッスン
  • 6,980円で毎月12レッスン
  • 8,480円で毎月16レッスン
  • 9,980円で毎月20レッスン
  • 15,980円で毎月30レッスン

また、ポイント制では、ポイントの有効期限は6ヶ月。

1ポイント=1レッスン(25分)、

支払いはPayPalの登録が別途必要で、クレジットカードか銀行振り込みで可能です。

月額プランの例

ポイント制の例


ただ、別途有料教材が必要な時もあるようです。

必ずしもホームページから情報を探すのが得意な人ばかりではないので、もう少し具体的でシンプル、そして探しやすいホームページだったら良いなと感じました。

 

>>My Tutorを見に行く

 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら