ネイティブキャンプでは英検対策コースがあるのをご存知でしたか?

今回はネイティブキャンプを活用して英検対策をする方法をご紹介します!

英検とは?

英検とは正式名称を実用英語技能検定 実用英語技能検定と言い、公益財団法人日本英語検定協会 (Eiken Foundation of Japan) が実施する、日本国内最大規模の英語技能の検定です。

5級、4級、3級、準2級、2級、準1級、1級の7つのグレードに分かれており、それぞれヒアリング、スピーキング(3級以上のみ)、リーディング、ライティングの4技能を測定します。

英検対策ではこれらの4技能をバランスよく学習する必要があります。

ネイティブキャンプ基本情報

ネイティブキャンプは格安・人気オンライン英会話スクールの1つです。

何と言っても特徴は、「24時間、予約不要で、何度でも受講可能」で5千円台というこれ以上にないコスパの良いサービスを提供しています。

講師は50ヶ国以上の国から集まり、ネイティブの講師とのレッスンも月額料に含まれています。講師の質も高いと人気です。

通話システムもオリジナルのものを開発しており、1画面で講師と生徒の顔、チャットボックス、テキスをと見ることができます。
スカイプ英会話でよくある、テキストを別ブラウザで開くという煩わしさもありません。

また、テキスト量も1,000を超える無料教材が揃っています。

ネイティブキャンプの「英検®二次試験対策コース」とは?

どんな教材を使ってるの?

ネイティブキャンプでは、参考書で有名な旺文社の「二次試験・面接 完全予想問題」シリーズを活用し、英検の面接対策をしています。

英検では3級から二時試験として面接が始まります。

ネイティブキャンプではこちらの教材を用いて、講師が面接官の役をするため、本番さながらの面接対策ができます!

いざ本番となると緊張してしまいますから、事前に練習できるのは安心ですね!

どのようなレッスンをするの?

まず最初の5〜8分間で模擬試験を実施します。講師が面接院で、生徒が受験者として本番さながらの面接対策を行います。

残りの時間で、講師からのアドバイスやより良い言い回しの練習を行います。

また、入退室時のお決まりの文句の反復練習なども行います。

 

英検の面接会場はとても静かで、面接官もスタッフも少し固い方が多いので、余計に緊張してしまいます。

ここでしっかり練習をして自信をつけておけば、本番も緊張せずに臨めますね!

どの講師でも対応できるの?

ネイティブキャンプの「英検®二次試験対策コース」が対応できるのは限られた講師のみです。

英検はかなり独特な試験ですし、試験自体に日本語も多いですし、仕方がないかもしれないですね。

講師の探し方は、講師の検索画面で「教材を指定」をクリックし、「英検®二次試験対策」を選択して、探すことが可能です。

ネイティブキャンプでライティング対策をする方法

ネイティブキャンプの英検対策コースは二次試験(面接)のみですが、ご自身で購入された市販のテキストをレッスンで活用することが可能です。

ライティング対策方法

Step1、講師を予約する
ライティングに強い講師や、「英検®二次試験対策コース」に対応している講師を予約します。
講師検索画面のフリーワードで「ライティング」とタイプすると探しやすいでしょう。

Step2、レッスン前
ご自身でお手持ちの予想問題集を解き、不明点・より詳しい解説が欲しい点を見つけます。

Step3、レッスン
レッスンで講師に、苦手な問題を見せ、より詳しく解説をしてもらったり、アドバイスをもらいましょう。

1度のレッスンで解説がもらえる量は限りがあると思いますが、ネイティブキャンプは受け放題なので、そのまま次の講師に解説を求めるのも良いでしょうし、Step2の時点で数問のみ解いて、詳しく解説をしてもらう、というやり方も良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ネイティブキャンプの「英検®二次試験対策コース」は、英検対策だけでなく、スピーキングの練習や、転職の面接対策として活用している方も多いようです。

注意点としては、ネイティブキャンプの「英検®二次試験対策コース」は、無料体験期間中は受けることができません。

英検合格が目的で入会を検討している方には残念ですが、日本語対応スタッフに詳細を聞くことは可能です。