最近、オンライン英会話に注目が集まってきています。

数年前と比較すると、現在は数多くのオンライン英会話会社が存在し、サービスも多様化しているため、選択肢が多い反面、一体どのオンライン英会話会社が良いのかが判別しづらい状況になっています。

規模の大きなオンライン英会話会社は、大々的にテレビコマーシャルで宣伝をしていたり、インターネット上の広告で頻繁に目にする機会がありますが、広告に力を入れているオンライン英会話会社は一部に限られてしまいます。

そうした中、大きくコマーシャルはしていないものの、人気のあるオンライン英会話の一つとして注目を集めている、「NativeCamp.」による無料体験英会話レッスンについてご紹介したいと思います。

事前準備

オンライン英会話レッスンを行うには以下の環境が必要になってきます。

・インターネット環境

・パソコン、スマートフォン、タブレットのどれか

オンライン英会話では教材を使用してレッスンを進める機会が多くあり、画面の大きなパソコンを使用するのがオススメです。また、お互いの顔もカメラで確認しながらになりますので、スマホやタブレットを使用する際はしっかり固定してオンライン英会話に臨む方が良いでしょう。

・マイク、イヤホン

マイク、イヤホンについては、両手が空いた状態の方が操作したりメモをしたりする際に楽ですし、教材や相手を見ながらの会話に集中できるので、マイクとイヤホンが一体になっているヘッドセットがお勧めです。

マイクやイヤホンが正常に動いているかを事前に確認しておきましょう。

PCの場合⇒「Firefox」または「Google Chrome」のブラウザ

※NativeCampホームページ上にもダウンロード方法が載っています。

 

スマートフォンやタブレットの場合⇒専用アプリ

AppStoreまたはGooglePlayにて入手できます。

なお、NativeCampではSkypeを使用しません。

 

NATIVECAMPの無料体験レッスン申し込み手順

まず、Nativecampの公式サイトにアクセスします。

 

>>ネイティブキャンプの公式サイトはこちら

 

ホームページ右側に「無料トライアルはこちら」と表示された黄色のボタンがあるのでクリックします。

②以下の入力画面に遷移するので、メールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

③以下の画面に遷移するので、ニックネーム(半角英字)、生年月日、性別を入力/指定し、「次へ」ボタンをクリックします。

④以下の画面に遷移するので、クレジットカード情報を入力します。

無料トライアルへの登録を行うにあたって、同一ユーザによって何度も無料トライアルを利用されるなどを防ぐ目的のため、クレジットカード情報を登録することが求められます。

⑤クレジットカード情報を入力後、「7日間無料トライアルに登録」ボタンをクリックします。

⑥会員登録完了後、以下の画面に遷移します。

注意事項を確認後に「上記内容を理解しました」にチェックを入れ、「進む」ボタンをクリックして進みます。※登録メールアドレス宛てに登録完了メールが送信されますので、確認しましょう。

⑦以下の画面にてアンケートに回答します。

⑧アンケートへの回答完了後、簡易説明画面にて内容を確認していきます。

⑨レッスン環境チェックに入ります。

⑩レッスン環境上、レッスンが可能かチェックしていきます。

⑪本人確認のため、SMS認証を行います。電話番号を入力し「送信する」ボタンをクリックします。

⑫届いたSMS内の数字4文字を確認し、入力して「次へ」ボタンをクリックします。

⑬レッスンが可能となります。突然、初めてのレッスンとして「レッスンの準備ができました。

さっそく講師とレッスンをしてみましょう。」と表示されますが、後で準備ができた時にレッスンを行いたい場合は「キャンセル」ボタン、すぐにレッスンを開始したい場合は「レッスンスタート」ボタンをクリックしますとレッスン開始となります。

なお、予約内容はメールアドレス宛てにも送信されているので、内容を確認しておきましょう。

 

>>ネイティブキャンプを見に行く

 

在籍している講師はどんな感じ?

講師は全部で3498名在籍しており、以下にあげた35カ国から構成されています。

そのため、様々な文化について触れることもできることや、ネイティブとのレッスン(アメリカ、イギリス、カナダの国籍保有者および出身者)も可能です。

アメリカ、アルバニア、イギリス、イスラエル、イタリア、インド、エジプト、オランダ、ガーナ、カナダ、クロアチア、コロンビア、コンゴ民主共和国、

ジャマイカ、ジンバブエ、スペイン、スロバキア、セルビア、チュニジア、ナイジェリア、パキスタン、ハンガリー、フィリピン、ブラジル、ブルガリア、

ベネズエラ、ペルー、ポーランド、ボスニア、ポルトガル、マケドニア、南アフリカ、メキシコ、モンテネグロ、ルーマニア

講師毎に自己紹介を確認することができ、自己紹介文や自己紹介ムービー、スタッフからの紹介文をはじめ、様々に写真を載せている人もいたり、どのようなレッスンに対応しているかなどの詳細も確認することができるので、初めてのレッスンを行う場合は前もって確認しておくことで安心できるでしょう。

また、講師毎に生徒からのレビューを確認できます。

レビューは☆の数(5つ)で表現され、☆の数が多い講師ほど、評価されているという意味になりますが、在籍している講師は全体的に☆の数が多い方ばかりで、極端に評価の悪い講師は在籍してなさそうです。NativeCampでは、☆の数のみによるレビューだけではなく、生徒からのレビューコメントも確認できるので、生のレッスン感想を知ることができますが、確認した範囲では良い講師陣を揃えているといった印象を受けました。

私がNATIVECAMPを選んだわけ

Skypeいらず、操作も簡単にレッスン可能

海外留学に必要な(便利な)おすすめ持ち物リスト① 貴重品・電化製品編

NativeCampのレッスンはSkypeが必要ありません。

他社オンライン英会話では通常、コミュニケーションツールとしてSkypeを導入しており、初めての場合はSkypeをインストールしてSkype名を確認し、オンライン英会話初期情報入力時にSkype名を登録して講師からの追加申請を待ち….など、前準備を行う必要がありました。

慣れていない方にとっては少し分りづらいソフトだと思います。

しかし、NativeCampはSkypeが必要ないため、レッスンまでスムーズに進むことができます

これまで私はいくつかオンライン英会話を経験してきており、Skypeの使用には慣れておりましたがSkypeは不要だということを知り、とてもすっきりした気分になりました。

予約不要でいつでもレッスン可能

予約を行ってでのレッスンに越したことはありませんが、NativeCampでは予約が必ず必要ではありません。

講師に空きがあれば、予約なしでもすぐにレッスンを始められます。

通常、講師の先のスケジュール(20分以上先など)を確認して予約を入れることでレッスンが可能になるのが普通のシステムですが、NativeCampでは現在、空いている(対応可能な)講師がいれば、すぐにレッスンができます。

これは、本当に「いつでもレッスン可能」という言葉がフィットする状況であると言えそうです。

もちろん、予約を入れることで、指定の講師との確実なレッスンが実施できるので予約を入れることに越したことは無いのですが、空いたスキマ時間をうまく利用して英会話が実施できるのはとても嬉しいシステムですね。

申し込み時のGOOD、BAD

GOOD

NATIVECAMP申し込み時に感じた良い点は以下のものがあります。

予約までがスムーズ

無料トライアルの予約操作は非常にシンプルで、簡単に予約を入れることができました。

初回レッスンについては、登録完了直後にレッスン開始可能となっていることに驚きました。

実際にレッスンへ進むと、他社オンラインにあった様なSkype導入や講師選択のプロセスがないおかげで時間を取られることがなく、主目的のレッスンにスムーズに入ることができたのはとても快適で、まったくストレスなくレッスンを行うことができました。

予約不要でレッスンが可能

忙しい方の中には、予定がびっしりで空いた時間がなく、予定が立てられないという方もいらっしゃることでしょう。

そんな状況の時、スケジュールの合間に空いたわずかな時間を効率良く使用できるのがNativeCampの良いところです。

他社オンライン英会話会社では、最短でもレッスン開始の10分、15分前には予約を入れておかなければレッスンは不可能です。

しかし、NativeCampでは、「現在」レッスンが可能な講師という形でレッスンを実施することが可能なため、予約無しの状態でもすぐに英会話に取り掛かれるのはとても大きなポイントです。

BAD

操作がしやすく、すぐにレッスンに臨める良いオンライン英会話会社ではありますが、少しポイントがあります。

時間帯によって予約不要レッスン対応可能講師のレッスンが争奪戦になる

時間によっては予約不要レッスンがすぐにとれ、ストレス無くレッスンに入れるのですが、仕事帰りや学校帰りの時間などの集中する時間にはなかなかレッスン可能講師が表示されない又は表示されてもすぐに他生徒に取られたかの理由で取り込み中になったりします。

空きの講師のプロフィールを見ている間に予約不要レッスン対応可能講師が予約されて仕方なしに他の講師の情報閲覧に移り、その間にまた講師が取られなんてことが発生します。

こんなに時間を無駄にするんだったら最初から予約を取った方が良かったと思いました。

時間帯によっては予約不要レッスン対応可能講師の争奪戦になるので注意が必要です。

 

>>ネイティブキャンプの無料体験レッスンはこちら