スポンサードリンク




産経オンライン英会話は、充実した教材や、安定した講師陣で評判の高いオンライン英会話サービスです。しかし、退会方法や休会方法がわかりにくいといった声も聞かれます。そこで、実際の方法について説明したいと思います。

 

産経オンライン英会話の退会・休会で苦労したこと


英会話以外の予定が詰まっているため、あるいはほかのオンライン英会話サービスを試して見たいという理由から、一旦休会したいと考えてしまうかもしれません。また、英会話のレッスンが自分にとってレベルが高すぎたために、退会しようと思うかもしれません。

しかし、退会したほうがいいのか、休会にしておいたほうがいいのか悩みどころでしょう。

 

スポンサードリンク




 

退会と休会の違い

休会とは?
一時的な休みを希望する場合には、休会をすることができます。

休会期間中には、それまで受講してきたレッスンの進捗状況であったり、受講者の英語のレベルといった、レッスンを受ける上で必要な情報が保管されます。この情報は、再び英会話を再開したときに使用されます。

退会とは?
英会話のレッスンをやめたいという場合には、退会を選択します。

休会の場合と異なり、これまでの進捗状況のような情報は抹消されます。ですので、個人情報がいつまでも保持されるといった心配はなくなるものの、再開したい場合は一からやり直さないといった面倒もありますので、退会には慎重に行なう必要があります。また再開するかどうかはっきりしない場合には、休会のほうが無難な選択かもしれません。

 

産経オンライン英会話の退会・休会の方法

休会方法
まず、休会の申請について説明します。次の決済日の5日前までに休会手続きを完了させておく必要があります。

※それ以降に休会手続きをすると、翌々月からの休会になりますので、注意してください。なお休会手続きを行なっても、利用月が終了するまでサービスの利用は可能です。

 

1.産経オンライン英会話のホームページにアクセスします。

2.ホームページからログインして、マイページへアクセスします。

3.専用フォームが現れますので、個人情報を入力し、休会申請を行います。

4.休会登録すると、受付完了のメールが送られますので待ちましょう。

5.休会受付完了のメールが届きましたら、休会手続きは完了です。

退会の方法
次は退会の申請についてです。基本的には、休会手続きと同じです。次の決済日の5日前までに退会手続きを完了させておく必要があります。

※それ以降に退会手続きをすると、翌々月からの退会になりますので、注意してください。なお退会手続きを行なっても、利用月が終了するまでサービスの利用は可能です。

1.産経オンライン英会話のホームページにアクセスします。マイページにログインします。

2.ホームページからログインして、マイページへアクセスします。

3.専用フォームが現れますので、個人情報を入力し、退会申請を行います。

4.退会登録すると、受付完了のメールが送られますので待ちましょう。

5.退会受付完了のメールが届きましたら、退会手続きは完了です。

退会処理を完了すると、登録されていた情報はすべて抹消されます。個人情報だけでなく、受講したレッスンの進捗情報や受講者の英語レベルまですべて抹消されます。マイページにもログインできなくなりますので、ご注意ください。

 

スポンサードリンク




退会・休会時の注意点

退会申請日

休会の方法のところでも休会申請日について簡単に説明しましたが、退会申請日も休会申請日とほぼシステムが同じです。
ただし有料会員であるか、無料会員であるかによって、若干変わってきます。

有料プランを受講されていない場合
手続きが完了すると、すぐに退会になります。

有料プランを受講している場合
退会の手続きを次の決済日の5日前までに行なう必要があります。退会手続きが完了しますと、次の月から退会になります。なお退会手続きを完了しても、利用月の最後まで利用することが可能です。

それ以降に退会の手続きを行なうと、翌々月からの退会になりますので、注意してください。

決済日が月末の場合
決済日が利用している月に存在しない場合は、その月の決済日は月末に前倒しされます。たとえば、31日が決済日の方が2月末に退会したいとしましょう。2月には31日は存在しないので、決済日は28日(うるう年の場合は29日)に前倒しされます。そのため、28日の5日前、2月23日までに退会手続きをする必要があります。2月28日で退会となりますが、退会日までのサービスの利用は可能です。

決済日は、決済状況ページから確認できます。

レッスン料金の返金は可能?

クレジットカードで決済しているか、それとも銀行振込で決済しているかによって、異なります。

クレジットカードで決済している場合
既に支払いを済ませている利用料金の返金はできません。

銀行振り込みで決済している場合
決済日の5日前までに退会手続きを完了した場合、1か月単位で払い戻しが可能です。

※振込手数料1000円は受講者が払わなければなりません。

※残りの利用期間が1か月未満の場合は、払い戻しできません。

 

再開の予定があるなら休会がおすすめ

退会の申請のところでも説明しましたように、払い戻しはかなり制約されています。そのため、ほかのオンライン英会話サービスを試してみたい方、産経オンライン英会話のレベルが高いので少し予習期間の欲しい方、あるいは仕事などで多忙になったために休みたい方などは、退会手続きよりも休会手続きを取ったほうがいいでしょう。

レッスンの進捗状況や受講者の英語レベルといった情報が保管されますので、再開したいときには一からスタートする必要がなくなります。前回休会した時点からの再スタートになります。

 

まとめ

休会と退会の手続き自体はそれほど難しくありません。しかし、決済日については注意しておく必要があります。退会の申請が遅くなってしまったために、翌利用月分まで払うことになってしまっては大変です。

また、払い戻しについてもかなり限定されていますので、注意が必要です。再開する可能性があるのでしたら、退会手続きではなく休会手続きを行なうのがおすすめでしょう。

 

スポンサードリンク




 

独学で英語を上達したい!留学に向けた準備をしたい!という方に



このサイトではオンライン英会話の情報や体験談、口コミについて紹介していきましたが、アンケートを取るとどうしても対面式の英会話に苦手意識を持つ人が一定数いらっしゃるようです。

オンライン英会話(もしくは通学型の英会話教室も)については、どうしてもF2Fの形式になってしまいますし、何より(私もそうでしたが、)相手がいることによって、時間が拘束されてしまうことが強迫観念となり、長続きしないという方が多いのではないでしょうか。

そんな方のために最近「スタディサプリ English」というアプリが開発されました。

月額980円~から非常に質の高い授業が受けられるというものなのですが、スマホアプリにもなっているため、いつどこででも好きな時に勉強ができるという優れものになっています。

また、「スタディサプリ TOEIC」では日常会話の勉強だけでなく、TOEICの講座も受けることができます。TOEICの傾向は2016年4月の改正に代表されるように頻繁に変わります。テキストでは対応しきれない部分も「スタディサプリ TOEIC」なら受講可能です。

料金は

  • 日常英会話の特訓がいつでも可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々980円
  • 日常英会話+TOEICの特訓が可能な「スタディサプリ 日常英会話」:月々2,980円


です。まとめて6ヶ月、12か月申し込むとさらにお得です。

また、いずれのコースも7日間無料体験が受けられます。

加えて、日常英会話コースの場合は「TRY2016」というキャンペーンコードを入れると無料体験期間が7日間から1か月に延長することも可能です。

オンライン英会話との併用でも十分効果を発揮する可能性が高い、「スタディサプリ English」を興味がある方はぜひお試しください。



>>スタディサプリ Englishの申し込みはこちら