フジテレビのマークがあるから安心そう、なんて理由で産経オンライン英会話を選ぶ方・興味を持つ方も多いのではないでしょうか?

確かに株主もすごいんです。

新聞、教育、IT、の大手企業が絡んでいるので、産経オンライン英会話は生徒だけでなく、講師への教育制度もしっかりしていそうなイメージがしますよね。

(主要株主は産経新聞のデジタル版を手がける「産経デジタル」、教育大手のひとつ「ヒューマンホールディングス」、IT大手のひとつ「トランス・コスモス」です)

とはいえ、我々生徒が直接に触れるのは講師ですから、いい講師とレッスンを進めて自分の英会話力を向上したいところです。

そこで今回は目的別でオススメの講師を紹介していきたいと思います!

オンライン英会話においていい講師を選ぶのはとても重要

産経オンライン英会話のホームページでも ”楽しく、正しい英会話が続けられるポイントは講師にあり” と言っているほどで、どの講師とレッスンを受けるかはオンライン英会話を受ける上で重要な項目です。

 

但し何をもっていい講師とするのかは人それぞれ

そもそもいい講師とは、どんな基準をもって「いい講師」と認定されるのでしょうか。

産経オンライン英会話では、もちろん他人気校同様、厳しいテストをクリアして選び抜かれた質の高い講師陣ばかりです。しかし同じ講師でも、人によっては、いい講師と評価する生徒もいれば、逆の評価を感じる生徒もいます。

例えば、熱血講師のような情熱的な講師が好きな人もいれば、おだやかな講師が好きな人もいますよね。

容姿端麗な講師だと自分は勉強に燃える!なんて方もいるのでは?笑

 

こんな人にオススメ!産経オンラインの講師

それでは目的別にオススメな講師をご紹介します!

初心者でも丁寧に教えてくれる

Katrina Chavali 先生
講師歴15年。教育学の学位もある教えることが大好きな大ベテランの先生で、初心者向けや日常会話のレッスンが得意です。

 

Minerva Cao 先生

講師歴約3年。日本語で日常会話が可能な先生です。日本企業での就業経験もあるので、日本特有のビジネスの雰囲気などを知っていることも貴重なポイントです。

発音を鍛えてくれる

Joe H.先生

講師歴約14年。フィリピンの東大と言われる、フィリピン大学卒のエリート先生。英語の発音は日本語にはない口や舌の動かし方が難しいのですが、Joe H.先生はその動かし方を細かに教えてくれると好評です。

 

Sharmayne Abalayan 先生

講師歴約8年。活発で明るく元気な先生で、発音だけでなくフリートークも得意と評判の高い先生です。

ビジネス面の英会話を強化してくれる

Angel Casabuena 先生

講師歴約10年。ビジネス英語だけではなく、手際の良さなども好評のため、ビジネススキルも高そうなベテラン先生です。

 

Aiko Mellendez 先生

講師歴約5年。会話のスピードが早く、より実践的にビジネスで活用できる英会話の練習ができます。

日常会話できるようになりたい

Ma. Leonora E. Dahab 先生

講師歴9年。日本の文化に詳しい先生なので日常会話のネタに尽きることはないでしょう。

 

Kelly Yang 先生

講師歴7年。あらゆる角度から話題を振り、生徒の間違えや伸ばす点を見つけてくれ且つ細かい修正もしてくれると好評の先生です。

とにかく楽しくおしゃべりしたい

Jovy Obial 先生
講師歴約2年。優しい笑顔と笑いが絶えない授業を提供してくれます。また生徒への丁寧な指導も評判が高いです。

 

Dalisay Bautista 先生

講師歴約6年。気さくで、楽しい話を沢山提供してくれると好評な先生です。ボキャブラリー(語彙)にも力を入れてくれます。

美人(イケメン)の先生

Mike Joseph Sinocruz 先生 <イケメン版>

講師歴8年。きめ細やかな授業の準備なども好評で、うっとりすること間違いなしです。

 

Anna Camille Soliman 先生 <美人版>

講師歴役6年。文法や発音を基礎から教えてくれ、その親身な様子に癒されてしまうでしょう。

 

まとめ

産経オンライン英会話のホームページには生徒から高く評価された「オススメ講師一覧」のページがあります。
https://learning.sankei.co.jp/recommend

また、講師の一覧ページでは詳細に講師を選ぶことができるので、ご自身のご希望に合った講師を選ぶことができます。
https://learning.sankei.co.jp/ourtutors

好きな時間に好きな講師を選べるというのは、オンライン英会話スクールの大きなメリットです。その分、生徒自身が選択への責任を持つことが大切となります。自分のスタイルやレベルを認識して先生を探すことで、より求めている講師やレッスンに辿り着くのではないでしょうか。

また講師のスキルも常に上がっているはずですので、オススメ講師やお気に入り講師に限らず、色々な講師とレッスンを受け新たな発見をすることも、オンライン英会話を受ける楽しみの一つかと思います。

いい講師とは、究極的には「自分と相性が合うか」なのではないでしょうか。