英会話は初心者というかた、オンライン英会話ではどんなことを話せばいいのだろう、講師が言っていることが聞き取れなかったらどうしよう、スカイプの調子が悪いけどなんて言ったらいいんだろう・・・

など、色々と心配になってしまいますよね。

また、クラスを始めてみて何度かレッスンをしていても、「あれ、これなんて言うんだろう?」と思うことが、たびたびあるのではないでしょうか。

レッスンが終わってから、こんな簡単なことだったんだ、とか、レッスン中になんで言えなかったのだろう、などと後悔したりすることもありますよね。

そんな時、必ず使うフレーズは事前にマスターしておくことをお勧めします。

特に英語初心者は、事前準備をしておくと安心してスタートすることができますよ。

そこで今回は、オンライン英会話レッスンで使える便利な表現、挨拶をご紹介いたします。

初めてのレッスンは緊張。でもこれを覚えておけば大丈夫


初めてのレッスンだったら、挨拶をするだけでも緊張してしまうもの。

それは実際に対面していてもスカイプを通じてのレッスンでも同じです。

オンラインの英会話は25分。

この短い時間をレッスンに集中し効率的に利用するためにも、スピーキングに必要なフレーズは事前に覚えておくとレッスンをスムーズに進める事ができます。

もちろん日常生活でも使える日常英会話のフレーズですので、ぜひ覚えてください。

レッスン開始時の挨拶のフレーズ(初めての教師編)


はじめてのレッスンの時や、はじめての教師とあったたきに使える表現はこちらです。

また、Please call me ________.とファーストネームやニックネームを伝えるとよりフレンドリーな印象に。

恥ずかしがらず、言ってみることから始めましょう。
Hello. My name is Hanako Yamada./ I’m Hanako Yamada. (私の名前は山田花子です。)

Please call me Hanako. (花子と呼んでください。)

Nice to see you. (はじめめして。)

How are you?(お元気ですか?)と聞かれたら、

Good.(いいです) / Pretty good (かなりいいです) などと返事をします。

レッスン開始時の挨拶のフレーズ(二回目以上の教師編)


2回目以降になったら、親しみを込めて挨拶をしましょう。

How’s it going? / How are you doing / What’s up? (お元気ですか?)

Great (とても元気です)/ Alrihgt(まあまあ) / Not bad (悪くないです)

久しぶりに会ったときのあいさつ


また、久しぶりにレッスンを受ける講師に会った時にはこんな言い方をします。

How have you been?(元気にしてましたか?) と聞かれたら、

I’ve been great. (とても元気でした)

I’ve been busy. (忙しくしていました)などと答えます。

Long time no see. (久しぶりですね!)

Skypeの調子に関する表現


スカイプの調子が悪い時も焦らず、フレーズさえ覚えておけば大丈夫です。

音声が聞こえない

I can‘t hear you clearly.(良く聞こえません。)

This line is quite noisy. (雑音がかなりひどいです。)

Could you call me back? (再度かけ直してもらえますか?)

Can you hear me? (私の声が聞こえますか?)

映像が見えない

I can’t see you. (顔が見えません。)

Can you see me? (私の顔が見えますか?)

I’ll call you back. (こちらからかけ直します。)

レッスン中に使える表現


レッスン中に使える基本フレーズです。

必ずと言っていいほど使うので覚えておきましょう。

I have no idea.(さっぱり見当もつきません。)

I’m not sure. (よくわかりません。)

This is too difficult for me.(これは私には難しすぎます。)

Could you please give me an example? (何か例をいただけますか?)

Please correct my mistakes.(間違いをなおしてください。)

Could you give me a hint? (何かヒントをいただけますか?)

Is this wrong? (これは間違っていますか?)

Is this correct? (これは正しいですか?)

英語が聞き取れない時、意味がわからない時


わからなかった時、聞き取れなかった時も、黙っていると講師も困ってしまいます。

もう一度いてくださいとつたえたり、またチャットボックスに講師に記載してもらえば、レッスン終了後に確認ができるので、復習にも使えますね。

Could you say it again? (もう一度言ってもらえますか?)

Could you type it in the chat box? (チャットボックスに書いてもらえますか?)

Could you speak more slowly? (もっとゆっくり話してもらえますか?)

I don’t know the meaning. Could you use simple words? (この意味が分かりません。簡単な単語を使ってもらえますか?)

あいづち


あいづちもコミュニケーション力アップには欠かせません。

イントネーションにも注意しながら挑戦してみましょう。
I see.(なるほど)

Right.(そうですね)

That’s true.(確かに)

Really? (ほんとですか?)

I think so too.(私もそう思います。)

Me too.(私もです。)

Exactly. (おっしゃる通りです。)
使えるとかなり英会話っぽくなりますよ。

抑揚をつけて気持ちを込めて言ってみましょう。

レッスン終了時の挨拶


レッスンの終わりには、感謝の気持ちをしっかり伝えましょう。

より講師との信頼関係を築いていくために重要なことです。
Thank you for your lesson.(レッスンありがとうございました。)

It was very nice talking with you. (お話しできてとても楽しかったです。)

Have a nice day./ Have a wonderful day. (いい一日を過ごしてください。)

Have a nice weekend. (良い週末を)

Have a good night. (いい夜を過ごしてください。)

See you!(ではまた!)

まとめ


レッスンをスムーズに受講するうえでいくつか決まり切ったいフレーズを覚えておくととても便利です。

使えそうなフレーズをまずピックアップして、時間があるときに自然に言葉が出るまで練習してみるとスムーズに出るようになります。

まずは発信することが大切です。

楽しんでレッスンしているというのが伝わると講師もとても嬉しくなります。

日々のレッスンを楽しんでくださいね。