オンライン英会話を始めたにも関わらず、イマイチ伸びを感じない方や幽霊会員になってしまっている方もいるのでは無いでしょうか?

今回はオンライン英会話で英語が伸びる人の特徴を紹介していきたいと思います!

オンライン英会話で英語が伸びる人の特徴

目標設定がうまい

オンライン英会話で伸びる人には「目標設定がうまい」人が多いです。
自分のライフスタイルや性格を把握し、無理のない目標を立てています。設定した目標がどんどん達成していくため、モチベーションもどんどん上がり、英会話能力も上がっていきます。

逆に伸びない人は完璧主義な人が多く、現実的に無理な目標設定をして挫折し、オンライン英会話から遠ざかりがちになります。

例えば「1ヶ月で50フレーズを言えるようになったらエライ!」と「1ヶ月で300フレーズを言えなきゃヤバイ!」では、感じるプレッシャーが全然違いますよね?
後者の目標設定を余裕でこなせる方もいるかもしれませんが、オンライン英会話を選ぶ方は大抵英会話以外のことでも忙しい方が多いのではないでしょうか?

「1ヶ月で300フレーズを言えなきゃヤバイ!」という目標を立て、1ヶ月で300フレーズを覚えられたけれども、スケジュール的に負担があった場合、また翌月も300フレーズ覚えなければいけないというストレスが生まれます。
逆に300フレーズ覚えられなかった場合は、勉強をしなかった自分を責めたり、落胆して諦めモードに入る可能性もあります。
これが、オンライン英会話で英語が伸びない人の特徴です。

前者の「1ヶ月で50フレーズを言えるようになったらエライ!」という目標ならば、1ヶ月で50フレーズ覚えなくても大丈夫なわけですし、例え覚えた数が30フレーズでも上出来なのです。英語が伸びる人はここで「翌月は35フレーズ言えたらエライ」と柔軟に目標設定を変えて着実に能力を伸ばしていきます

英語は日本語よりずっと楽と知っている

英会話力が伸びる人の特徴として、英語に抵抗感がない方が多いです。英語は日本語よりずっと簡単だと知っています。

私たち日本人の母国語である日本語って、すっごい難しいんです。ひらがな、カタカナ、漢字と文字が3週類はあるは、ありとあらゆる感情に一つ一つ言葉があるは、敬語や謙譲語などなどルールがたっくさんです。

私たちは生まれた時から日本語を話し・学んでいるにも関わらず、まだまだ知らない言葉やルールが沢山ありますよね。だから多くの日本人は「語学を学ぶ=大変・難しい」とインプットされてしまっています

更に、日本の学校教育は話せない英語を教えてきました。そのため、多くの大人が中学校から英語を学んでいるにも関わらず、全く話せません。

この「日本語は難しい」と「英語を長年授業で受けたけど使えない」という2つのネガティブな経験から、英会話学習に対して構えすぎている人が大勢います。

しかし英語って日本語よりずっとシンプルなのです。
発音面では日本語の方が多少シンプルかもしれませんが、その他は英語の方がはるかにシンプルで簡単です!

オンライン英会話で英語が伸びる人がしていること

自分のレベルを見える化している

伸びる人は、レベルチェックテストなどを活用し自分の現在の英語レベルを見える化し、自分の伸び率を把握しています

大体のオンライン英会話スクールには、レベルチェックテストおよびスピーキングテストなど、現在のご自身のレベルを測るテストを行なっているので、定期的に行うと良いでしょう。

例えば伸びる人はレベルチェックテストなどを活用し、リスニング力が上がっているけど、ボキャブラリーが乏しいなど良い点と改善点を発見し、伸びた部分は素直に自分を褒め、これからの部分は今後もう少し力を入れてなど、効率良く学習をしています。

数より質を大切にしている

先ほどの目標例にあった、「1ヶ月で50フレーズを言えるようになったらエライ!」と「1ヶ月で300フレーズを言えなきゃヤバイ!」に戻ります。
後者の目標が正しいと思う方は、「前者の目標だと、300フレーズ覚えるのに半年以上かかり、伸び率が遅いじゃないか!」と思うかもしれません。
しかし英会話で大事なのは、覚えたフレーズが自然と口からでてくることです。

とにかく数多くフレーズを覚えようという目標では、覚えたフレーズを頭の中のメモをめくって思い出し、口から出るまでに時間がかかり、会話のキャッチボールがもどかしくなる、という罠に陥りがちです。

英会話が伸びる人の特徴として、数を気にするよりも、自然と口から出るまで練習している人が多いです。レッスンで学んだフレーズは言えるまで練習・復習し、次回以降のレッスンで言えるようにしたり、今後同じことを辞書で調べないで良いようにしています。

新しく覚えた言葉を使ってレッスンを楽しんでいる

英語が伸びる人は、テキスト、単語集やフレーズ集、映画で見たセリフ、新聞で見た言葉など、新しく覚えたことを惜しみなく、恥ずかしがらずにレッスンで使っていきます。このようにレッスンを能動的に受け、自分の英語力の向上を楽しんでいます。

オンライン英会話は基本的にマンツーマンなので、自分の発音の不安や、使い方が正しいかの不安など気にせずにどんどん予習したことを発していきましょう!

まとめ

いかがでしたか?オンライン英会話では、ただ先生とお話ししていることが楽しい、という取り組み方だけだと英会話力は伸びません。
達成感を味わいやすい目標を設定し、英語に壁を作らないことが大切なようですね。
そして、予習・復習・レッスンの全てを自分のものにして楽しむことがコツのようです!