オンライン英会話スクールでビジネス英会話レッスンを受けているけれど、もっと専門的な用語を学びたいなと思っていませんか?

ビジネス英会話では仕事で使う一般的な表現は習いますが、例えば医療の現場での専門用語は登場しません。

ここではビジネス英会話に物足りなさを感じている方にオススメの、専門用語を教えてくれるオンライン英会話スクール3校をご紹介します。

職業別英会話を学べるオンライン英会話ランキング

ビジネス英会話よりももっと専門的な、職業別英会話を学べるオンライン英会話スクールの中から、価格面、講師・授業の質を総合的に分析して、オススメできるTOP3をご紹介します。

第1位:DMM英会話

DMM英会話は月額5,980円で1日1レッスン(25分)、24時間いつでもOKです。1回あたり193円でマンツーマン英会話レッスンを受講することができます。

ネイティブを含む105カ国の講師が在籍しており、講師の質を保つための採用基準も厳しく定められています。

「メディカル英語」では、国際化する医療現場で必要な基礎的な語彙、病気、そして健康増進に関する英語を学ぶことができます。

第2位:産経オンライン

産経オンライン英会話は月額5,980円で毎日1レッスン(25分)、朝5時から深夜25時まで受けることができます。1回あたり193円マンツーマン英会話レッスンです。

講師は英語力、表情、発音などの会話スキル、指導スキルの厳しいチェックを通過しており、採用率は僅か5%、高い指導力を備えています。

「職業別英会話」には、「小売店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」といった専門テキストがあり、接客に必要な英会話表現を学ぶことができます。

第3位:イングリッシュライブ

イングリッシュライブは月額8,532円で24時間受講可能、マンツーマンレッスン(20分)なら月8回、グループレッスン (45分)なら月30回受けることができます。

母国語として英語を話す国の講師が2,000人以上在籍しており、大卒者で英語教授の資格のTEFLや TKTと呼ばれる資格を保有しています。

「職業別英語コース」では医療英語、IT英語、法律英語、建設英語など15業界以上対応しており、仕事に必要な専門的な単語や表現を学ぶことができます。

オンラインで職業別英会話を学ぶメリット・デメリット

では、オンライン英会話スクールで職業別英会話を学ぶメリット、デメリットをそれぞれ見ていきましょう。

メリット

オンライン英会話スクールで職業別英会話を学ぶメリットは、短期間で集中して専門用語を習得できる点です。医療用語など、現場で実際に使われている言葉を学ぶことができます

また、ショップやレストランなどで外国人観光客と出会う機会の多い接客業の方は、事前に学習しておくことでヒアリング力を強化し、英語への恐怖心をなくすことができます。

テキストのターゲットも絞られているので、実用的で明日から使える英語を学ぶことができ、モチベーションも保ちやすいですね。

デメリット

デメリットとしては、専門用語を教えることができる講師が限られている点です。良い講師に出会っても人気がありすぎて次の予約がなかなか取れないということが起こります。

1人の講師にこだわらず、何人かのお気に入りの講師を見つけておくようにしましょう。

オンラインの職業別英会話はこんな人におススメ

以上のメリット、デメリットから考えて、オンラインの職業別英会話は

  • 自分の専門に合った用語を短期間で身につけたい方
  • 接客業で外国人観光客と出会う機会の多い方

にオススメです。自分の目的に沿った学習ができるので、実際の現場を想定しながら学習ができますね。

職業別英会話を学べるオンライン英会話教室

では、数あるオンライン英会話教室の中から、職業別英会話を学べるオススメのスクールを、価格面、講師・授業の質のそれぞれのポイントに的を絞ってご紹介します。

価格面での比較

  • DMM英会話

DMM英会話は月額5,980円で1日1レッスン(25分)、24時間いつでも受講可能です。1回あたり193円でマンツーマン英会話レッスンを受講することができます。

  • 産経オンライン

産経オンライン英会話は月額5,980円で毎日1レッスン(25分)、朝5時から深夜25時まで受けることができます。1回あたり193円マンツーマン英会話レッスンです。

  • イングリッシュライブ

イングリッシュライブは月額8,532円で24時間受講可能、マンツーマンレッスン(20分)なら月8回、グループレッスン (45分)なら月30回受けることができます。

講師・授業の質での比較

  • マイチューター

マイチューターは月額8,480円で24時間受講可能、マンツーマンレッスン(25分)を月16回受けることができます。

職業別レッスンプログラムでは市販のテキストを用いて、既に専門職に就いている社員の即戦力を養う学習も可能です。また専門インストラクターとの集中レッスンコース(50レッスンで29,800円)があり、週3コマまで予約確保できます。

  • DMM英会話

DMM英会話の「メディカル英語」は、国際化する医療現場を想定し、人体の基礎語彙から病気とその症状、対処法、健康に対するアドバイス等を英語で表現する方法を、「メディカル英語対応」の講師から学ぶことができます。

  • 産経オンライン

産経オンラインの「職業別英会話」は、日頃から外国人観光客と多く接する機会のある「小売店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」といった専門テキストがあり、明日から使える実践的英会話表現を学ぶことができます。

職業別英会話を学べるオンライン英会話ランキング

いかがでしたでしょうか?価格面、講師・授業の質を総合的に分析して、職業別英会話を学べるオンライン英会話スクールのオススメTOP3は

第1位:DMM英会話

DMM英会話は月額5,980円で1日1レッスン(25分)、24時間いつでもOKです。1回あたり193円でマンツーマン英会話レッスンを受講することができます。

ネイティブを含む105カ国の講師が在籍しており、講師の質を保つための採用基準も厳しく定められています。

「メディカル英語」では、国際化する医療現場で必要な基礎的な語彙、病気、そして健康増進に関する英語を学ぶことができます。

第2位:産経オンライン

産経オンライン英会話は月額5,980円で毎日1レッスン(25分)、朝5時から深夜25時まで受けることができます。1回あたり193円マンツーマン英会話レッスンです。

講師は英語力、表情、発音などの会話スキル、指導スキルの厳しいチェックを通過しており、採用率は僅か5%、高い指導力を備えています。

「職業別英会話」には、「小売店」「レストラン」「鉄道」「タクシー」「郵便局」といった専門テキストがあり、接客に必要な英会話表現を学ぶことができます。

第3位:イングリッシュライブ

イングリッシュライブは月額8,532円で24時間受講可能、マンツーマンレッスン(20分)なら月8回、グループレッスン (45分)なら月30回受けることができます。

母国語として英語を話す国の講師が2,000人以上在籍しており、大卒者で英語教授の資格のTEFLや TKTと呼ばれる資格を保有しています。

「職業別英語コース」では医療英語、IT英語、法律英語、建設英語など15業界以上対応しており、仕事に必要な専門的な単語や表現を学ぶことができます。