知らない人はほとんどいないほど有名になったTOEICテスト。

会社も学校も導入していますね。
会社では人事昇格の要件とか、海外出張、海外駐在要件などにしているところも。
学校では、実践的な英語力を測るために導入しているところもありますね。

一昔前は、1冊の模擬試験本にカセットテープが付属した簡単なものしかありませんでした。

でも今は、書店に行くと、色々なTOEIC対策本がありますね。
リスニング対策、リーディング対策、700点突破とか。
CDがついていたり、WEBから音声をダウンロードしたり。
いくらでも自分で勉強できる時代です。
それだけ試験対策の需要があるということですね。

それに加え、オンライン英会話学校でもTOEIC対策ができる時代です。
これだけ方法があるのですから、点数が上がらないほうがおかしい!
と言いたくなります。

今回は、オンライン英会話のイングリッシュベルのTOEICクラスを取り上げ、
果たして、わざわざイングリッシュベルのTOEICクラスを受ける必要があるのか、
考えて見ましょう。

 

タイゾータイゾー

厳しい視点ですが、検証していきましょう!

実際のTOEICの試験内容を見てみよう!

まず、TOEICの試験内容を見てみましょう。
TOEICはTest of English for International Communicationの略です。

米国のテスト開発機関である、Educational Testing Service (ETS)が開発、製作しています。

このETSは、TOEFL,GTS, SATなど、英語学習者や留学者には有名な、多くのテストを開発しています。

構成と内容は?

効率的な英語学習法 ~英語の勉強は英語の教材を使おう~

TOEICは、

リスニングセクション(約45分、100問)と、

リーディングセクション(約75分、100問)で構成されています。

約2時間で200問に解答する試験です。
試験問題は、全て英文です。日本語訳はありません。
解答は全て、マークシート方式です。

リスニングの構成は?

リスニングセクションは4つのパートから構成されています。

Part 1: Photographs(写真描写問題)問題数:6
1枚の写真について4つの説明文が1度だけ放送されます。

説明文は印刷されていません。
4つのうち、写真を最も適切に説明しているものを選びます。

Part 2: Question Response(応答問題)問題数:25
1つの質問または発言と、3つの応答が1度だけ放送されます。

質問も応答も印刷されていません。質問に対して最も適切な応答を選びます。

Part 3: Conversations(会話問題)問題数:39
会話が1度放送され、設問が続きます。会話は印刷されていません。

問題用紙の設問と4つの選択肢を読み、最も適切なものを選びます。

Part 4: Talks(説明文問題)問題数:30
アナウンスや電話のメッセージなどの説明文が1度放送されます。

設問が続きます。説明文は印刷されていません。問題用紙の設問と4つの選択肢を読み、最も適切なものを選びます。

リスニングで使われる英語の発音は、米国、英国、カナダ、オーストラリアです。

リーディングの構成は?

リーディングセクションは3つのパートから構成されています。

Part 5: Incomplete Sentence(短文穴埋め問題)問題数:30
4つの選択肢から最も適切なものを選び、不完全な文を完成させます。

Part 6: Text Completion(長文穴埋め問題)問題数:16
4つの選択肢から最も適切なものを選び、不完全な文を完成させます。

Part 7: Single passages(1つの文書)問題数29、
Multiple passages(複数の文書)問題数25
様々な内容や形式の、1つもしくは複数の文書に関する問題です。

設問と4つの選択肢を読み、最も適切なものを選びます。

 

タイゾータイゾー

TOEICは、英検と並び日本で人気の英語試験です。

 

>>イングリッシュベルはこちら

イングリッシュベルのTOEICクラスの内容は?

実際のTOEICの内容はお分かりいただけましたでしょうか。
では、イングリッシュベルのTOEICクラスは、どのような内容なのでしょうか?
実際のTOEICに沿った内容なのでしょうか?

リスニングはどんな内容?

イングリッシュベルのTOEICクラスでは、オリジナルテキストを使用します。
サイトからダウンロードできます。
オリジナルテキストは、前述のように、4つのパートに準じた構成です。
レッスンは講師との対話の中で進めていきます。

リーディングはどんな内容?

イングリッシュベルのTOEICクラスは、リスニングが中心です。
リーディングについては、レッスン中にオリジナルテキストを読むという意味でのリーディングになります。

どんな先生が教えてくれるの?

講師は、イングリッシュベルの基準を満たした教育経験がある訓練された講師です。
この業界では唯一の、国際規格ISO9001を基にした運営し、講師の質と教授法を維持しています。

 

タイゾータイゾー

市販ではなく、オリジナルの教材を使用するところが特徴的です。

 

>>イングリッシュベルを試してみる

TOEICの効果的な学習方法は?

すでにご説明したとおり、TOEICは、リスニングとリーディングで約2時間、200問の試験です。
長時間考え続けなければいけません。
たとえ、英語力があったとしても、この試験の傾向に慣れていないと、

途中で集中力が切れ、良い点数を取ることは難しいでしょう。
また様々な内容の問題が出題されるわけですから、

語彙数や表現力、聴解力、幅広い知識が必要だと思います。

では効果的な学習方法はどうなのでしょう。
現在の英語レベルにもよりますが、まずは、TOEICの内容を知ることです。
知った上で、市販の模擬試験をご自分でやってみて、どれだけ理解できるか知ることです。
さらに同じ問題でも構いませんから、繰り返して模擬試験をやり、

試験の長さや、問題数になれることが重要です。

こうしてご自分の弱点を知り具体的な内容を学習することです。
聴解力、読解力、文法力、語彙力など一夜漬けでできる内容ではありません。
まずは内容を知り、自分の弱点を知り、繰り返し学習することです。
またTOEIC対策だけではなく、日ごろから様々な英語に触れ、

英語そのものに慣れることが大切だと思います。

 

タイゾータイゾー

TOEICは2時間休憩なしのテストなので集中力も必要です。

イングリッシュベルでTOEICクラスを受ける必要はあるの?

実際のTOEICの内容と、イングリッシュベルのクラスの内容、
効果的な学習方法を見てきましたが、いかがでしょう。

決して、イングリッシュベルのTOEICクラスが無駄とは言いませんが、

ご自分で学習できる教材や方法が様々あります。

またイングリッシュベルにはTOEICのリーディングの要素がありません。

TOEIC対策でしたらリーディングも重要です。

リスニングのみでしたら、講師との対話でリスニング力がつき、

試験内容になれることができるかもしれませんから、そういう意味では役に立つと思います。

また自分ひとりで学習するのは忍耐が必要ですから、

オンラインで環境を変えて、講師と学習するのは良いかもしれません。

人それぞれですが、学習方法と費用対効果という意味では、
わざわざイングリッシュベルで学習する必要があるかは疑問が残るところです。

 

タイゾータイゾー

一人で学習するのが苦手な方に特にイングリッシュベルの活用がおススメそうですね。

 

>>イングリッシュベルの公式サイトはこちら

まとめ

まずは、TOIECの構成と傾向を知り、試験になれることが重要です。
そして、英語におけるご自分の弱点を知りましょう。

この長時間の試験に果たして自分はついていけるのか。

何が不足しているのか知りましょう。

イングリッシュベルで学習するのは、それからでも遅くないでしょう。

繰り返しになりますが、
イングリッシュベルのTOEICクラスは無駄とは言いませんが、
ご自分で学習できるのが試験対策です。

タイゾータイゾー

Good Luck!

 

自分に最適なオンライン英会話を探そう!

タイゾータイゾー

英語を効率よく上達することで、仕事や留学など世界が広がりますよ!

100以上あるオンライン英会話の中で自分にあった教室を見つけるのは至難の業です。

また、やみくもに入会した教室が自分に合わなかった、なんてことも想定されます。

できるだけ効率的に英語を勉強したい!そんな人たちのためにオンライン英会話のランキングを用意しました。

より効率的な学習をしてもらうために目的ごとにおススメのオンライン英会話を紹介しています。ぜひご参照ください!

 

>>自分にあった目的別オンライン英会話ランキングはこちら